ユリイ・カノン『対象x』歌詞の意味を考察・解釈

例えば一つだけ願いが叶うのならば
こんなちゃちな人生 今すぐに楽にしてほしい

纏わりつく歌が耳鳴りのように蝕む
「綺麗事ばかりじゃ生きていけない」と棄てたんだろう

間違いと知るには正解が少なすぎた
羅針が示すまま ふらふらと歩いて挫いて

不条理に刺されて 溢れ出す嘘が浸みて
「美しくありたい」だとか醜い感情が芽生えた

噤んだ言葉の意図を問えど
目を逸らす愚かな僕だ

ねえ、教えて
このまま生きていいの?
答えてよ

心さえ失くした灰と化した命だ
もう愛してるとか大嫌いとかいらない

「昏い」「Cry」「喰らい」

藻掻くガラクタの戯れ言を聞いてくれ

生まれ落ちてからどうしてまだ泣いてる?
理想も夢も掃いて捨てろ もういいよ

何者にもなれないこんな僕を
その目に映し 灼きつけて

所詮、人は愚陋 左見右見の風見鶏だ
隣の手に釣られ手を挙げる 群れなすマジョリティ

徒疎かな意志 同じように数えないで
「あいつらとは違う」なんて荒唐無稽な譫言

悉に斜陽へ落ちたここじゃあ
くだらないやつだけ笑う

なあ、そうだろ
正解なんて無いと気付いてる

心さえ失くした灰と化した命だ
もう愛してるとか大嫌いとかいらない

「不快」「深い」「腐海」

指を咥えながらそこで見ていればいい

終わらない世界など決してないんだと知っている
消えない言葉がないことなら知っている

「泣いてなんてない」
救いのない嘘を誰かに否定してほしいんだよ

正しさも間違いもすべて受け入れ生きられるの?

不確かな『対象x』
今は縋るように歩くだけ

また昨日と同じ今日を明日も生きて

まあこんなもんだろう
僕は君になれない

生きる理由なんてないけれど
死ぬ理由もないだろう

心さえ失くした灰と化した命だ
もう愛してるとか大嫌いとかいらない

「昏い」「Cry」「喰らい」

藻掻くガラクタの戯れ言を聞いてくれ

生まれ落ちてからどうしてまだ泣いてる?
理想も夢も掃いて捨てろ もういいよ

何者にもなれないこんな僕を
その目に映し 灼きつけて

閉ざしても消えない歌を

歌詞考察の前に

今回は人気ボカロPであるユリイ・カノンさん まひるさんの1st ALBUM『Regina』のために書き下ろした楽曲『対象x』を考察してみたいと思います。

今作から筆者が感じ取った点は以下の通りです。

・存在意義を見出せない人の歌

なぜそのように感じたのかを楽曲紹介と合わせてお話したいと思います。

『対象x』MVは2020年2月2日にネット上で公開されました。
動画コメント欄には公開日を2020年02月02日とした場合、どちらから読んでも「2020 0202」であり「対称」であると説明している方がいました。
タイトルとかけているのではという説に筆者は感動を覚えました!

MVの内容や曲調に注目してみましょう。

一人の少年(ユリイ・カノンさんご自身がYouTubeライブにて男性と述べたよう) が主人公となり物語が進展していきます。

彼は最初、表情が見えず全体的に暗い雰囲気を醸し出しています。
銃を手にしたり檻の中にいる描写からも明るい人生を送っているとは言えません。

上記の映像描写から人生の意義を見出せず苦悩している人を描いた楽曲であると筆者は考えました。

曲調もサスペンスドラマを連想させるようなミドルテンポでどこかダークテイストな仕上がりになっています。
雨の映像と合わせて切なさも込み上げてきます。

それではさっそく気になるタイトルや歌詞全体の考察を始めていきましょう。

タイトル『対象x』とは

動画説明欄やツイッターにてユリイ・カノンさんから「対象キー」と読むというコメントがありました。

「X」ギリシャ語で「キー」と読む場合があります。
なぜエックスではなくギリシャ語読みにこだわったかを考えてみました。

筆者が思うに今作はギリシャが舞台となっている太宰治さんの短編小説「走れメロス」と関連があると思いました。

歌詞の中で主人公は命や存在意義に関して疑いや僅かな信じる気持ちを交錯させています。

もう一つ関連があると思われる作品は同じく太宰治さんの作品である 「人間失格」です。

上記は本当の自分をさらけ出すことができない不器用な男性の人生を描いた物語であり、彼の視点から綴られていきます。

同様に今作の主人公も感情表現が苦手であり自分のことを理解できていないように思えます。

歌詞の中では「不確かな 対象x」というフレーズが登場します。
前後の文脈を考慮すると「対象」は主人公つまり自分自身であると理解できます。

まだ自分でもよくわからない自分を見つめながら惰性で生きているという人物像が浮かんできます。

続く部分から主人公の背景や歌詞の意味を探ってみましょう。

『対象x』歌詞の意味

生きるのに疲れて

例えば一つだけ願いが叶うのならば
こんなちゃちな人生 今すぐに楽にしてほしい

纏わりつく歌が耳鳴りのように蝕む
「綺麗事ばかりじゃ生きていけない」と棄てたんだろう

今回はMVの少年を主人公として考察を進めていきたいと思います。

歌詞冒頭を見ると彼は生きるのに疲れて死ぬことを願っています。

なぜ彼はそのような悲しい願いを持つようになったのでしょうか。

続く部分を見ると「纏わりつく歌が耳鳴りのように蝕む」と綴られています。
これはどんな歌でしょうか。

このフレーズの後に彼は「綺麗事ばかりじゃ生きていけない」と口にしています。
(有名な哲学者ニーチェ『善悪の彼岸』に登場した台詞を思い出しますね)

つまり彼の聴いた歌とは周囲の人たちが口ずさむ「理想や夢のような綺麗事」だと解釈できます。

彼が自分を上手に表現できない性格だと仮定すると、周囲の人たちが常識としていることや理想にはうんざりさせられているはずです。

それは「耳鳴り」のように彼を悩ませ苦痛を与えたことでしょう。

汚染と美

間違いと知るには正解が少なすぎた
羅針が示すまま ふらふらと歩いて挫いて

不条理に刺されて 溢れ出す嘘が浸みて
「美しくありたい」だとか醜い感情が芽生えた

この部分では少年が周囲の人々や世の中に翻弄されて生きてきたことが描かれているようです。

MVでもありましたが「コンパス」の針がフラフラと彼の行き先を示します。「北」を指すことの出来ない壊れたコンパスなのかもしれません。

同じように正しい道へと導くことができない人々や考えに彼は従ってきたのでしょう。
そこに自分の意思はなかったものと思われます。

誰かの考えに妄信的に従った結果、幸福ではなく不条理な不幸を身に招いた彼はある「嘘」に侵食されていきます。

それは「美しくありたい」つまり綺麗に生きたいと願っている自分がいるという事実です。
なぜ嘘であるかという彼は前述で死んで楽になりたいと考えているからです。
しかし不条理な不幸を経験する過程で美しく生きてみたいという自分でも嘘のように思える感情が芽生えてしまったのでしょう。
もう一人の自分がいるかのように思えたかもしれません。

前述で取り上げた「人間失格」の主人公も、自分の感情を揺り動かすためにいろいろな生き方を試行錯誤しています。

MVで三角形の描写が多いのは上記の作品内で登場した人を対象とした三角関係、もしくは三角に切られた絆創膏と関連があると筆者は考えました。

今作で言えば主人公、理想を願うもう一人の自分、周囲の人々という三角関係が構図として成り立ちます。

絆創膏は傷に貼るものです。
この点を踏まえて考えると、主人公は不条理を経験して傷つくたびに、美しくあろうとしてまた傷を覆ってきたことが予想されます。

MVの少年が檻の中に入っていたのは不条理と自分自身のネガティブな考えに捕らわれていることの描写だと解釈できます。

そして後半に登場したはそうしたものから開放され美しく舞う、つまり前述の美しく生きるという彼女の中の理想を描写していると考えました。

このようにして彼は周囲と自分のネガティブな考えに汚されながらも自分の中の理想という美を追求しているのでしょう。

存在意義を問う

このまま生きていいの?
答えてよ

心さえ失くした灰と化した命だ
もう愛してるとか大嫌いとかいらない

「昏い」「Cry」「喰らい」

汚れた考えと美しき理想の狭間で彼は「このまま生きていいの?」と問いを投げかけています。

それでも誰も彼に返答してくれません。
そうした日々が続いた結果、彼は「心を失くして」しまいました。

歌詞では「愛されることと嫌悪されること」を拒否しています。
彼は周囲の人々に関与されたくないのです。

それでも「昏い」「Cry」「喰らい」とあるように先の見えない将来に不安と孤独を感じ涙を流したことが読み取れます。

MVでのブランコの描写が一人で公園で泣いている彼をイメージさせました。
また地に足が着いていないでフラフラと感情が揺れ動く彼の描写ともとれます。

孤独を背負って

生まれ落ちてからどうしてまだ泣いてる?
理想も夢も掃いて捨てろ もういいよ

何者にもなれないこんな僕を
その目に映し 灼きつけて

所詮、人は愚陋 左見右見の風見鶏だ
隣の手に釣られ手を挙げる 群れなすマジョリティ

ここで彼は自分の感情を整理しようとしています。
自分の中のもう一人の自分に理想を捨てるよう述べています。

MVの少年の銃はもう一人の自分が抱く理想を打ち抜いたと解釈しました。
そしてもう一人の自分に「何者にもなれないこんな僕」を覚えているようにと述べています。

それでも後の歌詞やMVを見ると完全には理想を消し去ることができなかったようです。

続く部分では彼が人生経験に基づき悟ったことが綴られています。

人は「愚陋(ぐろう)」つまり愚かでいやしい生き物であると述べています。
「左見右見(とみこうみ)」とはあちこちを見回すことであり「風見鶏」とは 鶏をかたどった風向計のことです。(MV序盤にも登場していました)

簡単に言えば人は周囲の顔色をうかがって合わせるだけで自分の本当の気持ちなんか言えないんだと吐き捨てているのです。

「マジョリティ」とは「多数派」を意味し少数派である自分がいかに生きにくい世の中であるかを伝えているのでしょう。

不確かな自分

終わらない世界など決してないんだと知っている
消えない言葉がないことなら知っている

「泣いてなんてない」
救いのない嘘を誰かに否定してほしいんだよ

正しさも間違いもすべて受け入れ生きられるの?

不確かな『対象x』
今は縋るように歩くだけ

この部分の前半では少年が「確かなものが存在する」ことを認めています。
信じきれてはいませんが認めているのです。

彼は「泣いてなんてない」ということで周囲から慰めや同情を示して欲しいわけではないことを伝えています。

彼が望んでいるのはもう一人の自分が抱く理想「美しく生きる」ことを否定して欲しいということです。
疑いと信じる気持ちがぶつかり合う状態は彼を酷く苦しめるからです。

納得のいく否定が得られれば何にも期待せず裏切られて傷つくこともなく惰性で生きることができます。

しかし未だ彼は「正しさ」と「間違い」つまり善悪の基準が定まらずフラフラしています。
そして自分がどう生きたらよいのか何を生きがいにしたらよいのかも不確かです。

それでも何かに「縋る」ように、わらをも掴む想いで必死に生きなければなりません。

理由なき人生

まあこんなもんだろう
僕は君になれない

生きる理由なんてないけれど
死ぬ理由もないだろう

ここで少年は「君」にはなれないと述べています。
「君」とは彼の中のもう一人の自分だと思います。

理想を抱いて美しく生きようと頑張ることが彼にとっては辛いのです。
彼の心は灰と化しており無感情な状態が続いています。

それでも今作においては貴重な前向きな考えが綴られています。

「生きる理由なんてないけれど 死ぬ理由もないだろう」

確かな目的意識はありませんが最終的に彼が「生きる」ことを選択したのです。

歌詞冒頭で死んで楽になることを願っていた彼の心境の変化と言えます。
「X」から始まる単語は最も少ないと言われています。
「対象X」である彼が人々に与える影響力も決して多くはありません。

それでも彼の生き方と苦悶の日々は存在意義を追及することと生きることの価値を明示してくれたように思えます。
彼が生きがいを見つけ美しく生きれているという実感が得られる日が来ることを願って止みません。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
少年は若いうちから人生意義や美しく生きる方法、そして人間の本質について考えていました。

少年と同じようにさまざまな不条理を経験すると生きる意味を疑問視し、すべてを投げ出したくなるかもしれません。

しかし今作を通じて「ただ生きる」ことにも価値があること、命が尊いことを再認識させられました。

ユリイ・カノンさんが人生や命という重く深いテーマを掲げ大事にしていることが実感できました。

今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。
考え深い素敵な作品をありがとうございました。

6 件のコメント

  • いつも楽しく拝読しております。
    太宰治氏の作品との関連性が興味深く、ニーチェといい筆者様の想像力と博識なことに感銘致します。
    ユリイカノン氏の作品は生について考えさせられる作品が多いですが、生きることの価値、どう生きるか考えさせられました。
    丁寧な描写の考察ありがとうございました。一段と曲に魅力を感じることができました。

    • りりさんコメント有難うございます。
      お褒めの言葉を頂き恐縮です。
      お二方とも名だたる人物であり作論拠とユニークさ伴って
      いますよね♪
      ユリイカノン氏の提出したテーマ、本当に深く考えさせられましたね。

      これからもSugar&Salt Musicを宜しく
      お願いします!

  • はじめまして。
    最後まで読ませていただきましたが、歌詞一つ一つ丁寧に考察されていて、「なるほど、そういう見方が出来るのか」と読んでいるこちら想像力も広がる内容でした。改めてこの曲の深みを感じることが出来た気がします。私今ユリイカノン様の曲の中でもこの曲が特に好きなので、今回の考察を思い出し関連づけながら聴いてみようと思います。
    最後にこれだけお伝えしたいのですが、MVに出てくるあの方は男の子だそうです。考察と全く関係ない余談失礼しました。

    • モペヲさんコメント有難うございます。
      お褒めの言葉を頂き恐縮です。
      おっしゃるように深みある名曲だと筆者も感じます♪
      拙い考察を参考にして下さり感謝感激ですよ。
      最後のMV登場人物が男の子なのは知りませんでした(汗)
      自分なりに調べたのですがその点を示すサイトが見当たりません。
      出所を共有していただけると助かります(救済)
      筆者は少女として扱っていますがより一層人間失格に近づいていき
      ますね。

      これからもSugar&Salt Musicを宜しく
      お願いします!

  • モペヲです。度々コメント失礼します。
    MVの方が男の子だという情報は、以前ご本人がYouTube ライブで仰っておりました。情報が不十分で大変申し訳ございませんでした。

    • モペヲさんコメント有難うございます。
      ありゃ見逃していました(汗)
      ご丁寧に説明してくださり感謝感激です。

      これからもSugar&Salt Musicを宜しく
      お願いします!

  • コメントを残す