ヤバイTシャツ屋さん『かわE』歌詞の意味を考察

今日も駅の改札前でやけにイチャイチャしてる

カップルみてヘコむ
家でやりよしや 周りを見よしや 憧れんけどちょっと羨まし
「30超えたらモテ始める」っていう先輩の言葉だけ信じて
20代全部ドブに捨てそうやわ これはまずいわ なんとかせんとなあ


あーあ 焦ったフリしてだらりと過ごしていたら 運命の出会いさ
あんたに出会ったんや ちゃんと 気持ち伝えへんといけへんなあ


君はかわE 越して かわF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
恥ずかC 越えて 恥ずかD やんけ!
気持ちE 越えて 気持ちF やんけ!
かわE 越して かわF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
たのC 越えて たのD やんけ!
うれC 越えて うれD やんかいな!


今日も駅のエレベーターでやけにイチャイチャしてるカップルみてヘコむ
家でやりよしや 周りを見よしや やっぱこれには憧れへんわあ
君は 超いい超いい超いい超いいを越えて やっぱ超Fや
どんな理論や? ほんまにせこいわ なんかええ感じに聞こえてくるやんか!


あーあ チャラけたフリしてだらりと過ごしていたら 運命の出会いさ
愛やら恋やら言いたくないなら 別の言葉 探して歌おう


君はかっこE 越して かっこF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
恥ずかC 越えて 恥ずかD やんけ!
気持ちE 越えて 気持ちF やんけ!
かっこE 越して かっこF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
たのC 越えて たのD やんけ!
うれCDEFGHI!


甘くて ぬるくて くさって とろけそう
王道ラブソング 照れくさいね
覚悟を決めて 歌ってみたいけど
まだふざけていたい ギリで歯向かう
それっぽい言葉 それっぽく俺が
並べても 伝わらないから 今日は
アルファベットを使った古典的な表現で挑む 最後の平成


君はかわE 越して かわF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
恥ずかC 越えて 恥ずかD やんけ!
気持ちE 越えて 気持ちF やんけ!
かわE 越して かわF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
恥ずかC 越えて 恥ずかD やんけ!
気持ちE 越えて 気持ちF やんけ!
かっこE 越して かっこF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
こいC 越えて こいD やんけ!
うれCDEFGHI!


Wow 楽しいけどちょっと棘がある毎日を目指す
False love じゃない 知らん間に fall in love
E感じ越えてF感じやね


はじめに

『かわE』は2018年11月15日にネット上で公開された楽曲です。
この曲もそうですが「ヤバイYシャツ屋」さんの楽曲の多くが全
体的に明るく疾走感のあるロックに仕上がっています。

筆者自身この曲を一度聴いて即好きになりました(笑)
最先端とか現代ロックというより一昔前のロックを感じ
させておりスリーピースなのも気に入った要素でした。
大塚愛をイメージしてしまったのは筆者だけでしょうか。

再生回数600万回再生とに根強い人気を誇り未だに回数を
伸ばしています。
キャッチ―な音楽性と歌詞が新規ファンを作りやすいの
かなとも思えます。

それではさっそく明るく陽気なロックの歌詞に迫ります。

タイトル『かわE』

ご察しの通り「可愛い」をかわEとイニシャルを交えて表現しています。
ここもまたガラケー時代の学生が初期に用いていた表現方法を思いだします。

歌詞から恋愛経験のない主人公の男性が運命の人とも思える女性に対して
素直に可愛いと言えない気持ちを表現しているように感じました。

現代だと「可愛い」の代用として「かわE」を用いる方が恥ずかしいの
でしょうか。
どうなんでしょう、皆さんはどう思われますか?(笑)


『かわE』歌詞の意味

花咲かぬ青春を嘆く

今日も駅の改札前でやけにイチャイチャしてるカップルみてヘコむ
家でやりよしや 周りを見よしや 憧れんけどちょっと羨まし
「30超えたらモテ始める」っていう先輩の言葉だけ信じて
20代全部ドブに捨てそうやわ これはまずいわ なんとかせんとなあ

主人公の男性はいつものように駅の改札口にやってきました。
すると「またか」とため息交じりに言いたくなる光景に出くわします。
カップルがこれ見よがしにイチャイチャしているのです。

筆者の学生時代もそうでしたが何故でしょう、公の場ほどそうした
シーンをよく見かけるような気がしますね。

そうした光景を目にした男性は心の中で「家でやれよ」「周りを気にしろよ」
と悪態をつきます。
「ああいうバカップルにはなりたくないな」と一蹴する反面、
「でもなんだかいいな」と羨ましがっている自分もいたのです。

男性には硬派なもしくは単にモテない先輩が居たのでしょう。
「30超えたらモテ始める」という先輩の言葉だけ信じて青春
を恋愛以外に注いできました。

しかしそうした根拠もない言葉にすがって20代を棒に振ろうと
している自分に気がつきます。
周囲を見渡せば30過ぎてもモテていなそうな男女が目に入った
のでしょう。


ダラダラ生活にピリオド―運命の人

あーあ 焦ったフリしてだらりと過ごしていたら 運命の出会いさ
あんたに出会ったんや ちゃんと 気持ち伝えへんといけへんなあ

男性は「このままじゃまずい」と一瞬焦るものの
今のままでも別にいいかという自堕落な考えに戻ります。
今までもこうしたことを繰り返して今に至るのです。

変わりたい気持ちもありますが変わることを面倒臭がる気持ち
が常に勝ってきました。
しかし今日という今日は勝敗が大きく変わりそうです。
目の前に自分を大きく変えるほど魅力的な女性が現れました。

今までも「いいな」という女性はいたと思われますが
「ちゃんと気持ち伝えなければ」と思えた相手は彼女が
初めてだったのです。

イニシャルで装飾された褒め言葉

君はかわE 越して かわF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
恥ずかC 越えて 恥ずかD やんけ!
気持ちE 越えて 気持ちF やんけ!
かわE 越して かわF やんけ!
魅力 溢れてこぼれるやんけ!
たのC 越えて たのD やんけ!
うれC 越えて うれD やんかいな!

男性は女性の目の前に立ち「あのっ」といった感じで
切り出したのでしょう。
男性の頭の中は何を言おうかとグルグル高速回転しています。
しかしこの状況を俗に「空回り」というのかもしれません。

「名案」など浮かんではきません。
とっさに出た言葉は自分でもびっくりするほどチープな
言葉で「君はかわE 越して かわF やんけ!魅力 溢れてこぼれるやんけ!」
というものでした。

不意を突かれて困った表情の彼女を見た男性は「恥ずかC 越えて 恥ずかD
やんけ!」と心の中で思います。
同時に好きになった女性を形はどうあれ褒めることができたことで
「気持ちE 越えて 気持ちF やんけ!」という感情に満たされました。

そんな一生懸命でいろいろな感情を忙しく表す彼を見て
女性がにっこりと笑ってみせました。
男性は思わず「魅力 溢れてこぼれるやんけ!」と思います。

今の気分は「たのC 越えて たのD やんけ!うれC 越えて
うれD やんかいな!」という感じになっています。


平成最後を締めくくる昭和な作戦

甘くて ぬるくて くさって とろけそう
王道ラブソング 照れくさいね
覚悟を決めて 歌ってみたいけど
まだふざけていたい ギリで歯向かう
それっぽい言葉 それっぽく俺が
並べても 伝わらないから 今日は
アルファベットを使った古典的な表現で挑む 最後の平成

一生懸命に思いを伝えた男性とはにかみながら受け入れる女性、
まさに王道ラブソングだと実感した二人は照れくさそうにして
いました。

「覚悟を決めて歌ってみたい」とは具体的に交際を申し込みたい
という意味に取れます。
それでもふざけた表現で冗談などを織り交ぜながら笑い合って
いたいとも思います。

交際を申し込んでもし失敗すればこの楽しいひと時が終わって
しまうからです。
だから直接的には言わないもののイニシャルを交えながらなん
となく女性に伝わる「昭和な方法」を用いることにします。

「最後の平成」というフレーズはこの曲が2018年に投稿されて
いる点から2019年以降に「平成」が変わる可能性を示唆している
ものと思われます。

男性の古典的な思いは女性に届くのでしょうか。
男性の恋が実り「頭文字作戦」が成功し
文字通り頭(夫)になることを願うばかりです。

まとめ

一途な思いが軽快で明快なロックに乗って伝わってきますね。
筆者はロックに小難しいフレーズは必要ないと思っております。
抽象的で奥深い歌詞ももちろん好きなのですが。

現代音楽にあまり使われない歌詞が多様されており多くの方が
懐かしさを感じることができたのではないでしょうか。

ヤバイTシャツ屋さんがこれからも自分らしい音楽をたくさん
生み出してくれることを心から願っています。
今後の活動にも注目していきたいと思います。