sumika『ソーダ』歌詞の意味・考察と解釈

 

けむくじゃらが 風鈴の音を聞いて
気持ちよさそうに眠っている
その横で僕も また寝そべって
乾いた喉 鳴らしている

2人と1匹のストーリーには
岩井俊二作品ぐらいの彩は無く
開始1年で見るも無残に気が抜けちゃって

夏の魔法みたいに弾けて消えた
君の残骸は寝そべっている
そこのけむくじゃら

ソーダ 泣いちゃいそうだ
君を思い出せば しずくが飛び散りそうだ
ソーダ あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ
ソーダ シュワシュワと不健康な音で

2人と1匹のストーリーには
とりたててトピックスもなく
派手な喧嘩もする事もなく
お金や浮気でも揉めず

今になって思い出せば
なんでちゃんとぶつからなかったんだろう。
って心痛める日もあるが
その痛みすらガスのよう

ふわって世界に馴染む 色もついていない
僕たちが吐き出したガスは 無色透明だった

ソーダ 泣いちゃいそうだ
君を思い出せるヒントも見つからないんだ
スロウダウン あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ

吐き出すものすらない
僕らもはやただの砂糖水に成り下がって
そんなの美味しいわけもなく

どうせなら色ついて匂いもして
もう迷惑だなって時々そのシミみたいなものを
見返して僕は何度も思い出して
嫌いになって 嫌いになって
ってもう なれるわけもないけど

ソーダ 僕らのストーリ
色もなければ匂いもしなかったストーリー
ソーダ どうせならそうだ
けむくじゃら担いで もう一回だけ弾けるソーダ

ソーダ 僕の思いは
色味がある甘ったるくて 醜いソーダ

ソーダ 君への思いが
ガスが口から出るアレに似ているよソーダ
そうだ 気が抜ける前に僕はゆくよ

けむくじゃらを担ぐ僕は 君の家の前に辿り着き
乾いていた喉を潤すように 今、ベルを鳴らした

キャッチーでロックなサウンドが魅力のsumika。
最近、アニメソングに起用されたりとメディアでの露出が増え、一段と人気が高まっている4人組のロックバンドです。

今回は、そんなsumikaの楽曲『ソーダ』について、タイトルの意味から、歌詞のテーマ、そして歌詞解釈まで徹底解説していきますよ!


タイトル『ソーダ』の意味

僕の気持ちがジュースの「ソーダ」に例えられています。
飲むと、しゅわっと泡立つソーダですが、この曲ではあまりいい意味で表現されていません。

君への後悔が、次から次へと泡立つように浮かんでくる感じ
そんな切ない気持ちが感じ取れます。

『ソーダ』のテーマ

別れてしまった彼女への自責の念が、軽快なテンポで歌われています。
ソーダのようなポップなメロディとは裏腹な歌詞のギャップが魅力的な楽曲です。

あのときは言えなかった気持ち。
終わってから初めて、シュワシュワとソーダのように湧き上がってくる。
なんてこと、皆さん1度は経験しているのではないでしょうか。

しかし、僕の後悔だけで終わる楽曲ではありません
聴いた後は、思わずスカッと爽快感に溢れるでしょう


『ソーダ』の歌詞中の登場人物

主人公の僕と、共に暮らしていた彼女。
そして2人で飼っていた猫も出てきます。

彼女への後悔を胸に抱いた僕は、どんな行動をとるのでしょうか。
ソーダに例えられた歌詞にも注目してみてください。

『ソーダ』歌詞の意味

今の僕の現状

けむくじゃらが 風鈴の音を聞いて
気持ちよさそうに眠っている
その横で僕も また寝そべって
乾いた喉 鳴らしている

「けむくじゃら」とはその後の歌詞から推測するに、猫のことでしょう。
僕は彼女と2人で暮らしていて、猫も飼っていたようです。
しかし、今となっては過去の話。
2人は別れてしまいました。

2人と1匹のストーリーには
岩井俊二作品ぐらいの彩は無く
開始1年で見るも無残に気が抜けちゃって

夏の魔法みたいに弾けて消えた
君の残骸は寝そべっている
そこのけむくじゃら

「岩井俊二作品」は、揺れ動く人間模様が丁寧に描かれ、柔らかな芸術作品を観ているような印象を受けます。
そんな彩り豊かな日々ではなかったと感じているのでしょう。
だんだんと一緒にいることが当たり前になってしまい、なあなあな関係になってしまったのでしょうか?
今となっては彼女の「残骸」を感じることができるのは、猫と触れ合う時だけです。

ソーダ 泣いちゃいそうだ
君を思い出せば しずくが飛び散りそうだ
ソーダ あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ
ソーダ シュワシュワと不健康な音で

飲み物のソーダで今の気持ちを例えていますね。
君に上手く伝えられなかった僕の想い。
何も出来なかった自分に後悔しているからか、爽やかな印象を与えるソーダの音を「空虚な音」と表しています。


彼女への後悔

2人と1匹のストーリーには
とりたててトピックスもなく
派手な喧嘩もする事もなく
お金や浮気でも揉めず

今になって思い出せば
なんでちゃんとぶつからなかったんだろう。
って心痛める日もあるが
その痛みすらガスのよう

人とぶつかることはエネルギーが必要ですよね。
そのエネルギーを使わないためにも、言いたいことは言わず、悪く言えばなあなあな関係に甘んじていたようです。
喧嘩をして初めて分かることもあったのに。
そんな後悔は、今更吐き出しても「ガスのよう」に空気に溶けていきます。

ふわって世界に馴染む 色もついていない
僕たちが吐き出したガスは 無色透明だった

ソーダ 泣いちゃいそうだ
君を思い出せるヒントも見つからないんだ
スロウダウン あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ

お互い本音でぶつかり合わなかった日々は、まるで「無色透明」のように味気なさを感じます。

上っ面の関係だったのかな。
あの時どうすればよかったのかな。
君がいなくなってがらんとした部屋でそんな想いを抱えながら、僕は思いを馳せます。

吐き出すものすらない
僕らもはやただの砂糖水に成り下がって
そんなの美味しいわけもなく

どうせなら色ついて匂いもして
もう迷惑だなって時々そのシミみたいなものを
見返して僕は何度も思い出して
嫌いになって 嫌いになって
ってもう なれるわけもないけど

美味しく加工された「ソーダ」に対して、砂糖を入れただけの水が「砂糖水」です。

2人は喧嘩をして、本音を言い合って、濃密な時間を過ごしてきた訳ではないのでしょう。
振り返るものもない。
いっそのこと彼女を嫌いになりたいけれど、繋がりを切ってしまった今、それすらできません。

今からでも遅くない

ソーダ 僕らのストーリ
色もなければ匂いもしなかったストーリー
ソーダ どうせならそうだ
けむくじゃら担いで もう一回だけ弾けるソーダ

ソーダ 僕の思いは
色味がある甘ったるくて 醜いソーダ

絶望している僕。
しかし、ふと思い立ちます。
無くすものは何もない。
ここまできたら、もう1度だけ頑張ってみようかな。

なあなあになって終わってしまったけれど、僕はまだ彼女のことが大好きだと気付いた瞬間です。

ソーダ 君への思いが
ガスが口から出るアレに似ているよソーダ
そうだ 気が抜ける前に僕はゆくよ

「ガスが口から出るアレ」とは、ゲップのことでしょう。
予期しないまま溢れてしまった彼女への想いをゲップで表すとはユニークですね。

また、「気が抜ける前にも」には、”気持ちが怖気付いてしまう前に”、そして”2人の関係が完全に砂糖水になってしまう前に”という2つの意味がかけられています。

けむくじゃらを担ぐ僕は 君の家の前に辿り着き
乾いていた喉を潤すように 今、ベルを鳴らした

猫と一緒に君に会いにきた僕。
もやもやとした気持ちのままだったから、僕はずっと渇いていました。
今までできなかった、本音を伝えるということ。
僕は確実に変わりましたね。

2人のこれからは書かれてはいませんが、きっと素敵な未来が待ち受けているでしょう


まとめ

ポップで爽やかなこの楽曲。
聴いていると、ソーダのように心が弾けそうです。

後悔だけでは終わらせずに、ぶつかることでより良い関係が築かれる。
そんなことを教えてくれる前向きな歌ですね。

 



この記事をシェアする!