Suchmos『808』歌詞の意味考察と解説

偽物ばかりのジョーク 張り合わない
言葉を並べて どうだい?与えられない
言い訳ばかりだ 兄弟 踊る 理愛(りあい)
食い散らかし そう灰 見ていられない

Everything is Everywhere
拙い 興 苦悩
Everything is Everywhere
癒えない そう you know?

声も息もない 恐怖感 進む未来
愛を棄てちまう商売 何がしたい
振り回されているのさ 俺らのライフ
執心 用などない

Everything is Everywhere
拙い 興 苦悩
Everything is Everywhere
癒えない そう you know?

Everything is Everywhere
拙い 今日 苦悩
Everything is Everywhere
知らない そう言うの


はじめに

2018年に発売されたSuchmosの楽曲『808』。

Suchmosの名を一躍世に広めるきっかけとなった『STAY TUNE』に引き続き
Honda「VEZEL」のCM楽曲として起用され、話題となりました。

ちなみにタイトルの808は伝説のリズムマシン「TR-808」からきているそうです。

このような背景を持つ『808』ですが果たして歌詞はどのようなものなのでしょうか。

歌詞考察

うわべだけの言葉を並べる人たちへ

偽物ばかりのジョーク 張り合わない
言葉を並べて どうだい?与えられない
言い訳ばかりだ 兄弟 踊る 理愛(りあい)
食い散らかし そう灰 見ていられない

一番Aメロです。

「偽物ばかりのジョーク」「言い訳ばかり」の言葉を並べる人たちに対して、
「張り合わない」「見ていられない」と批判的に見ている姿が描かれます。

そして「理愛 食い散らかし そう灰」と、そんな人たちが「理愛」
つまり自分に対する理解や愛を欲して、ぼろぼろになる様になる様が描写されます。

そんな人々に対して上述したような目線を送り、サビの皮肉めいたメッセージへと続くのです。


どこにでもあるものを求めても

Everything is Everywhere
拙い 興 苦悩
Everything is Everywhere
癒えない そう you know?

一番サビです。

「Everything is Everywhere」という歌詞は「全てのものはどこにでもある」という意味です。

ここで言う「全てのもの」とは一番Aメロで批判されていた
人々が求める「理解や愛」のことでしょう。

言い訳や偽物ばかりのジョークを並べて理解や愛を求めても、どこにでもあるような
大したものは手に入らないという皮肉なメッセージを綴っているのです。

愛に振り回されず

声も息もない 恐怖感 進む未来
愛を棄てちまう商売 何がしたい
振り回されているのさ 俺らのライフ
執心 用などない

二番Aメロです。

「愛を棄てちまう商売 何がしたい」というのはこれまで批判された人々が理解や愛を
求めすぎるあまり、結果としてそれを逃してしまうということへの批判だと考えられます。

そしてそれに対して「振り回されているのさ 俺らのライフ」とそんな自分に気づくように
促し、「執心 用などない」とこだわり過ぎるのはもうやめにしようと歌うのです。


どこにでもあるからこそ苦悩は続く

Everything is Everywhere
拙い 興 苦悩
Everything is Everywhere
癒えない そう you know?

Everything is Everywhere
拙い 今日 苦悩
Everything is Everywhere
知らない そう言うの

二番サビです。

一番サビと内容はほぼ同様ですが、「拙い 今日 苦悩」「知らない そう言うの」
という歌詞が追加されています。

先述したようにどこにでもあるようなものを求めるな、というのがこのサビのメッセージです。

しかし、どこにでもあるからこそ思わず求めてしまい、
結局それでは満たされず苦悩するというのが「拙い 今日 苦悩」の意味だと考えられます。

そして、それでも自分たちはそんなものは無いように本物の理解と愛を探すという
メッセージを込め「知らない そう言うの」と歌うのでしょう。

一見突き放したようなメッセージですが、これはある種のショック療法のように
厳しい言葉を投げかけることによって、目を覚ませる目的を持って
綴られた歌詞ではないでしょうか。


終わりに

代表曲『STAY TUNE』と同様にHonda「VEZEL」のCM楽曲に起用された『808』。

「はじめに」でも記載したように楽曲のタイトルはリズムマシン「TR-808」に影響を受けた
ものだと考えられ、メロディ自体はそれを彷彿とさせるようなキャッチーなものです。

しかし、考察したようにその歌詞は皮肉的でメッセージ性を帯びたものでした。

何となく聞いているとわからないその強烈なメッセージを
歌詞を読み込むことによってぜひ味わってみてください。

 

 



この記事をシェアする!