SHISHAMO『君の大事にしてるもの』歌詞の意味を考察・解釈

「私とそのレスポール、どっちが大切なの」って
面倒臭いこと聞いちゃって
「お前に決まってんじゃん」って
半分私が言わせたようなものじゃんか

「じゃあそのレスポール、ベランダから投げてもいい?」
しょーもないこと聞いちゃって
「冗談きついわ」なんて笑う君
ちっとも冗談じゃないんですけど

君の大事にしてるもの
私も同じくらい大事にできたらいいのに
全部壊してしまいたくなるの

ライダースもジョーダン6も
ヴィンテージのTシャツも
あのギタリストのサイン入りのエフェクターも
GTO全25巻も
君のレスポールと一緒にぶっ壊してあげる
君のそばには私以外いらないじゃない

私が大事にしてるものは
君だけなのに、ああ、君だけなのに
なのに、ねぇ
君ときたらさぁ

晴れた空とレスポール
宙を舞う君の宝物
それを追う君のまあるい目
こっちを見てよ
怒鳴り散らかす君の喉仏
思わず私を殴る君の大きな手
それが、私の大事なもの。

ライダースもジョーダン6も
ヴィンテージのTシャツも
あのギタリストのサイン入りのエフェクターも
GTO全25巻も
君のレスポールと一緒にぶっ壊してあげる
君のそばには私がいればいいでしょう?
君の大事なもの ゴミにしか見えないし
私がそばにいれば何もいらないと、言って

バラバラのレスポール
もう元には戻せない
残ったのは空っぽな私
ねえ、レスポール
あんたとさ、初めて目があった気がしたよ

はじめに

『君の大事にしてるもの』とは2019年10月16日にネット上でプレミア公開され
た楽曲です。
同日リリースされたシングル『君の隣にいたいから』のカップリング曲となって
います。

動画再生回数はプレミア公開から僅か数時間で5万を超え人気ぶりを見せていま
す。

さて今作MVはSHISHAMOメンバーと同年代の監督・鈴木健太氏と初タッグを
組み生み出されました。
ボーカル兼ギターの宮崎朝子さんの書上げた歌詞の世界観をリアリティー溢れる
仕方で表現していました。

一室を縦横無尽に回るカメラワークや登場人物たちを引き立てる映像描写にも注
目です。

MVでは2人の男女が映し出されそれぞれが別々のことをしています。
物語は彼女を主軸に展開していき「ある事件」までを描いています。
彼女の彼に対する欲求が時限爆弾のようにいつ爆発するかとハラハラしました。

曲調はミドルテンポで緩やかにギター&ベーズサウンドが流れていきます。
カッティングとドラムフィルインから遊び心と気ままさが感じ取れました。

それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていきましょう。

タイトル『君の大事にしてるもの』とは

タイトルから容易に理解できると思いますが、今作は男女の「価値観」について
言及していると考えられます。

人にはそれぞれ大事にしているものが存在します。
そして幼い時から男性と女性ではそれが異なるのです。
タイトルにも「君の」という表現から相手の大事なものであって自分にとっては
そうではない
という考えが読み取れます。

例を挙げると男性であればサッカーボール、女性であればお人形さんなどの差異
が生じるかもしれません。

上記は「物」に関して論じたのですが大事にする対象は他にもあります。
例えば「感覚」「時間」です。

MVの女性は「彼と一緒になにかして過ごす」という感覚を持っているようです。
しかし彼は自分の好きなことをしています。
「一緒の空間で同じ時間を過ごしている」という感覚を持っているのでしょう。

ひとくくりに男性と女性と分けて考えることは出来ないのも事実です。
しかしMVでもあるように2人いればそれぞれが違った価値観を持っているもの
です。

そしてMVの女性は「特別感」を男性に求めています。
果たして物語はどのような展開を見せるのでしょうか。

『君の大事にしてるもの』歌詞の意味

レスポールに向けられたヤキモチ

「私とそのレスポール、どっちが大切なの」って
面倒臭いこと聞いちゃって
「お前に決まってんじゃん」って
半分私が言わせたようなものじゃんか

「じゃあそのレスポール、ベランダから投げてもいい?」
しょーもないこと聞いちゃって
「冗談きついわ」なんて笑う君
ちっとも冗談じゃないんですけど

MVから彼の部屋に彼女が遊びに来たという設定を把握できます。
せっかくの自宅デートに彼女はたいへん不満げな様子です。
それもそのはず、彼は彼女に目もくれず愛用のレスポールを楽し
そうに演奏しています。

こうしたシーンは初めてではなかったのでしょう。
積もり積もった様子が彼女の表情から推察できると思います。

段々と彼女には、レスポールが彼の両腕に抱かれ大事に慈しまれ
ているようにさえ映ったかもしれません。
嫉妬に似た感覚が自分の中で溢れてくるのを感じたのでしょうか。
彼女はある駆け引きを彼に持ちかけるのでした。

「私とそのレスポール、どっちが大切なの」
そう言って彼の心理を探る二者択一の質問を投げかけます。
「お前に決まってんじゃん」
彼は笑いながら即答したのでしょう。

彼の返答は彼女を選んだことを示すものでした。
しかし彼女は実感が湧かず納得もいかない様子でした。
なぜでしょうか。

それは彼の「行動」が自分を優先していないからでしょう。
ここから言動より行動の重要性が高いことを理解できます。
彼はこの時点で愛用のレスポールをしまい彼女が納得する
仕方で時を過ごすのがベストだったのでしょう。

彼女は彼の宝であるレスポールをベランダから投げていい
か尋ねます。
これはさきほどの彼の言動が行動によって実証されるか
見たいという彼女の願いでしょう。

当然彼は彼女の言葉を冗談として真に受けません。
彼女の言葉を冗談半分に受け流した彼が、後に多大な犠牲
を払うことになるとは知る由もありませんでした。

共有と占有

君の大事にしてるもの
私も同じくらい大事にできたらいいのに
全部壊してしまいたくなるの

ライダースもジョーダン6も
ヴィンテージのTシャツも
あのギタリストのサイン入りのエフェクターも
GTO全25巻も
君のレスポールと一緒にぶっ壊してあげる
君のそばには私以外いらないじゃない

この部分では彼女の胸の内をさらに綴っています。
本当はレスポールを含め彼の所有するすべてのものを
大事にしたいと願っているようです。

大事にしたいとは「価値を理解する」という意味なの
だと解釈できます。
歌詞には靴や本また機材など男性が好きそうなものが
列挙されています。

すべての人ではありませんが、彼女には彼の持つ物の
価値がピンとこなかったようです。
ピンとこなかったどころかそれらをゴミのように無価
値なものと判断したようです。

何故なら歌詞では「ぶっ壊してあげる」という過激な
表現が使われているからです。

「私以外いらないじゃない」というフレーズからは、
彼女が彼を独占し自分のものにしたいという願いを
幾らか感じます。

見出しの占有は少々強い表現ですが、彼女は彼に「特別
感」
を示して欲しい様子です。
彼の所有物すべてに勝って自分が一番であるという実感
が欲しいのだと思います。

怒りは頂点へ―事件勃発

晴れた空とレスポール
宙を舞う君の宝物
それを追う君のまあるい目
こっちを見てよ
怒鳴り散らかす君の喉仏
思わず私を殴る君の大きな手
それが、私の大事なもの。

本心と欲求が彼にまったく伝わらないと感じた
彼女は段々イライラしてきたのでしょう。
自分に沸き立つ「怒り」は限界を突破したこと
が歌詞から読み取れます。

彼女は唐突に彼の愛用のレスポールを奪いベランダ
から豪快に投げ捨て
ます。
彼にはその光景が走馬灯のようにスローに見えたか
もしれません。

MVの映像でもその点がよく描写されていたように
感じます。

普段は大人しい彼も宝を投げ捨てられたことに怒り
を隠せない様子です。
歌詞では大事な彼女に手をあげてしまいました。
彼女はたいへんショックだったに違いありません。

2人の怒りが火花を散らしぶつかり合った音を、地面
に叩きつけられたレスポールが忠実に表現しているよ
うに感じたかもしれません。

息を切らし終えた2人のいる部屋は、先ほどの演奏が
嘘のように静寂に包まれていたことでしょう。
こうした事件が勃発して初めて互いの価値観や心情を
理解するのかもしれませんね。

最後に筆者から一言。
人も物も投げたり殴ったりして傷つけてはいけません。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
MVと歌詞を見ながらゲラゲラと笑ってしまいました(笑)
女性が感情を押し殺し我慢する様子、そしてそれに鈍感な
男性というわかりやすい構図でしたね。

誰しもデートや通話において「自分の大事なこと」について
話したいと思うものです。
しかしそれが共有できないものだとたちまち相手は冷めてし
まいます。

価値観の違いは否めないもののバランスが必要なのだと今作
から筆者は感じました。
バランス、簡単に言いましたがメカニズムや性格の違いなど
がそれを難しくさせるのも事実ですしね。。

SHISHAMOさんの今後の活動と次回作に期待し注目してい
きたいと思います。
素敵で思わず笑えてしまう作品をありがとうございました。

コメントを残す