椎名林檎『丸の内サディスティック』歌詞の意味・考察と解説

報酬は入社後並行線で
東京は愛せど何にも無い
リッケン620頂戴
19万も持って居ない 御茶の水

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ

最近は銀座で警官ごっこ
国境は越えても盛者必衰
領収書を書いて頂戴
税理士なんて就いて居ない 後楽園

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って

青 噛んで熟って頂戴
終電で帰るってば 池袋

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って

1999年に発売された椎名林檎のデビューアルバム『無罪モラトリアム』に収録された楽曲、『丸の内サディスティック』。
椎名林檎を代表する曲の一つであり、多くのアーティストにカバーされている邦楽の歴史に残る名曲です。
果たしてそんな名曲の歌詞はどのようなものなのでしょうか?
早速、歌詞考察を行ってまいります。

歌詞考察

東京で暮らす女性ギタリストの憂鬱

報酬は入社後並行線で
東京は愛せど何にも無い
リッケン620頂戴
19万も持って居ない 御茶の水

一番Aメロ〜Bメロです。
まず「リッケン620」という固有名詞を解説致しましょう。
これは正確な名称を「リッケンバッカー620」と言い、ギターの名称のことです。
ちなみに金額は歌詞に出てくるように19万ほど。
わざわざギターを買うか否かという描写が冒頭に登場することからこの曲は音楽に携わっている人物が主人公であることが推察されます。
そして以降の歌詞で「あたし」、ギターの名称など音楽に関連する言葉が度々登場することからその人物は女性ギタリストではないかと思います。
つまりこのパートの歌詞をまとめると主人公は入社後、音楽関連の言葉でいくと事務所契約後、なかなか報酬が上がらず、なんとはなしに不満を東京に抱えながら生きる女性ギタリストということですね。

日常の不満を音楽で晴らすかのように

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ

一番サビです。
Aメロ〜Bメロ時と同様、まずは固有名詞の解説から。
「マーシャル」はギターやベースの音を増幅するアンプの名称です。
そして「ラット」とはギターの音を変化させるエフェクターの名称で「ベンジー」とは日本の伝説的ロックバンド「BLANKEY JET CITY」の元ギターボーカル、浅井健一の愛称です。
並べ立てるといかに主人公が音楽漬けの毎日を送っているかがよく分かります。
そして「マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ」という歌詞からいかに音楽を愛しているかもわかります。
アンプの匂いを嗅ぐだけで興奮状態になる、というのはもちろん比喩表現でしょうが音楽に対する強い思いを感じますね。
そして最後に登場する難解な歌詞、「ベンジーが肺に映ってトリップ」。
これはBLANKEY JET CITYの楽曲を歌う際に浅井健一が乗り移ったと錯覚するくらいにのめり込んでしまう、ということを意味しているのではないでしょうか。
浅井健一を思いながら歌った結果、発声するために呼吸をするとまるで浅井健一が肺を使っているように感じてトリップ、つまり興奮するということをここでは言っているのではないかと思います。
Aメロ〜Bメロの鬱屈とした雰囲気からは考えられない興奮が綴られています。

女性ギタリストの憂鬱再び

最近は銀座で警官ごっこ
国境は越えても盛者必衰
領収書を書いて頂戴
税理士なんて就いて居ない 後楽園

二番Aメロ〜Bメロです。
歌詞の内容はまた日常へ。
銀座で「警官ごっこ」に興じる主人公。
人通りの多い銀座で交通誘導の真似事でもしているのでしょうか。
日常に退屈し、暇を持て余している姿が描かれています。
そしてたまにあるライブなどの音楽活動の打ち合わせで使った飲食代の領収書を請求するも、税理士はついていないからその事務処理は自分でしなければならない・・・。
女性ギタリストの憂鬱な日常が再び語られます。

もし、ベンジーが恋人だったなら

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って

青 噛んで熟って頂戴
終電で帰るってば 池袋

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って

二番サビ〜大サビです。
まず語られるのは浅井健一が恋人であればやってみたいこと。
「将来僧になって結婚して欲しい」「ピザ屋の彼女になってみたい」という願望の後に「そしたらベンジーあたしをグレッチで殴って」とあることから、これらの願望がベンジーに向けられたものであることは明らかです。
ちなみに「ピザ屋の彼女」はBLANKEY JET CITYの楽曲『ピンクの若いブタ』に登場する歌詞で「グレッチ」とはギターの名称です。
この曲の主人公の強い浅井健一愛、音楽愛が伝わってきますね。
そして「終電で帰るってば 池袋」と日常感のある言葉が一度綴られた後、その現実を振り払うかのように浅井健一と交際した際の願望や音楽への愛が再び歌われ、『丸の内サディスティック』は幕を閉じます。

おわりに

邦楽史上、屈指の名曲『丸の内サディスティック』の歌詞解説を行ったところ、音楽漬けの毎日を送る女性ギタリストの鬱屈とした生活、そしてベンジーに対する愛が歌われていることがわかりました。
直接的な表現は無いながらも情景や心情がありありと浮かぶ名詞です。
聞いたことがあるという方もぜひ歌詞に注目して聞いてみてください。新たな発見があると思います。

コメントを残す