三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『冬空』歌詞の意味を考察・解釈

夢のようなぬくもりだった 抱きしめられて眠った日々
ほんとなの? あなたの笑う顔 もう二度と見れないの?
瞬きすると涙が漏れる だからいつも瞳を閉じる
純白の雪が 私に降っては ずっと止まない

冬空に舞い散る花は 一瞬で手のひらに溶けて消え逝く
愛だけがあなたの愛が 消えない 春を待っても あなたは来ない

背中にも心の奥も 白い翼は持ってないけど
彼方へと 飛び立ってしまえば もう一度逢えますか?
あなたの時間だけが止まって 私の時間は進んでる
星になったなら 今すぐ私に 流れてください

冬空に吐き出す息は 色濃くこの想い乗せられそうで
お願いよお願いだから 届いて 決して逢えない あなたの元へ

シンと 降り積もった 雪の中に 青春が埋もれてしま
ずっと一緒だと思ってた あなたが恋しい

冬空に舞い散る花は 一瞬で手のひらに溶けて消え逝く
愛だけがあなたの愛が 消えない 春を待っても あなたは来ない

冬空に吐き出す息は 色濃くこの想い乗せられそうで
お願いよお願いだから 届いて 決して逢えない あなたの元へ

歌詞考察の前に

大人気ユニット三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEより『冬空』のMVが2019年11月28日にネット上で公開されました。

同年12月11日リリースされるシングル「冬空 / White Wings」に収録されています。

MVには今年の6月にEXILE/EXILE THE SECONDのAKIRAさんリン・チーリンさんが主演として登場しています。

今回は「時空を超えた愛」がテーマとなって物語が進展していきます。
迫力ある映画のようなMVには圧巻でありどのシーンにも目が釘付けでした。

結婚後の2人がMVで見せるバッグハグやじゃれ合う様子からも熱愛振りを観察できました。

エモーショナルなダンスパフォーマンスも見逃せません。

楽曲の曲調とMVの構成についてお話したいと思います。

今作は冬に溶けゆく切ないローテンポバラードとなっています。
切なさと同時に情熱を運ぶメロディーに耳と心を奪われてしまうでしょう。

MV開始時のテロップを以下に記載したいと思います。

「この世界に生きていること
 
 それは、
 時空を超えて「逢いたい」と願ってくれた
 “誰か”が存在した証・・・

テロップでも「時空を超えた愛」がテーマであることが述べられていました。

映像が進むと「第一章」と表示されます。
そして同日公開された「White Wings」MVは「第二章」となっていました。
ですから物語が続いていくことを理解できます。

シーンが切り替わりAKIRAさん演じる男性に荷物が届けられます。
配達員が言うに「100年前の届け物」であるとのことです。
驚きの表情を一瞬浮かべた彼は冗談まじりに配達員の話を聞きます。

いまいち(三代目ではない)ピンとこない彼は荷物を開封します。
そこには「White Wings」と書かれた青い香水が。。
これは同曲と同じくシングルに収録されている曲名ですね。

「White Wings」 の歌詞を見てみるとリン・チーリンさん演じる女性の背景を幾らか把握できると思います。

「全然青くない青春を 過ごし泣いてた君へと 会いに行けたらいいのに」
「青春」の「青」は五行説で春の色を表しています。
ですから「青くない青春」とは彼女が人生の春を全く感じれない日々を過ごしていたことを理解できます。

彼女は今作のMVや歌詞でもわかる通り、愛していた彼を失ってしまいます。
ですから青春と感じていた彼との日々が終わってしまったことを示唆しているのでしょう。

さらに「君に羽をあげよう」と述べられている点から彼女は彼を失った悲しみから自由を奪われているようです。

MVの愛し合う2人のシーンがありました。
AKIRAさんが演じている男性は彼女と結婚して彼女に自由を与えたのかもしれません。

しかしなんらかの出来事が生じ2人は、、、

彼女は彼から前述で扱った青い香水をプレゼントされます。
MVでもその香りを嗅ぐことで彼は時空を超えて会おうとしている彼女(黒い衣装の女性)に会うことができます。

まだまだMVからの考察はありますが、タイトルや歌詞にも注目してみましょう。

タイトル『冬空』とは

MVでは雪が降る冬空が登場します。
それは「異世界」の演出として映し出されているように感じます。
MVから愛し合う二人が唯一会える場所、そこで見る冬空のことだと解釈しました。

歌詞からは彼を失った彼女が一人で見る冬空とも解釈できます。

青い香水が香っている間だけ2人の再会は許されます。
その刹那の時間は春の訪れとともに消えゆく雪のようでした。

タイトルは儚くも貴重な出会いを表現しているように思いました。

『冬空』歌詞の意味

愛し合った日々と別れ

夢のようなぬくもりだった 抱きしめられて眠った日々
ほんとなの? あなたの笑う顔 もう二度と見れ ないの?
瞬きすると涙が漏れる だからいつも瞳を閉じる
純白の雪が 私に降っては ずっと止まない

二人の男女は愛し合っていました。
「夢のような」とあるように実感がわかないくらい幸せだったことを歌詞から読み取ることができます。

しかし続く歌詞が2人の別れを伝えています。
なにがきっかけとなったか記されていません。

「抱きしめられて眠った」という表現から今作は彼女の視点で綴られているように思えます。

悲しみの涙が落ちないように彼女はずっと瞳を閉じています。
「純白の雪」が絶えず彼女に降り注いでいる描写は彼女の心が絶えず温もりを欲していることを表現しているように感じます。

消えない、会えない

冬空に舞い散る花は 一瞬で手のひらに溶けて消え逝く
愛だけがあなたの愛が 消えない 春を待っても あなたは来ない

彼女は雪の季節に彼を思い出したのでしょう。
「舞い散る花」とはのことです。

消える雪とは異なり彼女のいなくなった彼への愛は消えませんでした。
春を待っても彼は現れません。

愛しているのに会えないという状態は彼女の心を締め付けたことでしょう。

2つの時計

背中にも心の奥も 白い翼は持ってないけど
彼方へと 飛び立ってしまえば もう一度逢えますか?
あなたの時間だけが止まって 私の時間は進んでる
星になったなら 今すぐ私に 流れてください

ここでは彼女がどんな手段を使ってでも彼との再会を果たしたいと思っていることを把握できます。

「白い翼」が「White Wings」を連想させています。
非現実的な思考ではありますが、そんなことを願ってしまうほどに彼のところに行きたいのです。

「あなたの時間だけが止まって 私の時間は進んでいる」というフレーズは色々なことを考えさせます。

上記は死別や決別の悲しみや心理状態を例証するときに用いられることがあります。

「星になったなら」という表現も併せて考えると彼は彼女と出会ってから彼女のもとを去らなければならない状況になったのだと思いました。

「星」になった彼に「流れて欲しい」と彼女が願ったのは、理由がどうあれ彼の現状を知りたいと彼女が考えているのでしょう。

もしくは彼女が翼という非現実的な方法を望んだように彼も星になるという非現実的な方法で現れて欲しいという直接的な意味なのかもしれません。

冬に埋もれた春

冬空に吐き出す息は 色濃くこの想い乗せられそうで
お願いよお願いだから 届いて 決して逢えない あなたの元へ

シンと 降り積もった 雪の中に 青春が埋もれてしま
ずっと一緒だと思ってた あなたが恋しい

彼女にとって確かなものは彼と彼がくれた温もりだけでした。
それ以外に彼女の心を温め情熱的にさせるものはありません。

それでも自分が冬空の凍える中で「吐き出す息」の濃さが確かなものに思えたようです。

白い息に「会いたい」という想いを込めて彼女は気持ちも吐き出しました。

「シン」とは雪原の静寂さを表現した言葉です。

彼女の青春は彼が姿を消した日から失われました。
「雪の中に埋もれてしまった青春」と表現されているように、彼がいなくなった後、心は震え愛を欲して叫んでいたのでしょう。

消えゆく雪を降らす冬空を見て彼女は「ずっと一緒」だと思っていた彼を思い出し、儚い青春だったことを痛感させられたのかもしれません。

彼女が感じるのは冬がもたらす寒さではありません。
「恋しい」という気持ちとそれがもたらす孤独だったに違いありません。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
この考察記事を書いている間に「第二章」に該当するMVの存在に気づき、執筆をやめて練り直しました(汗)

二作にまたがる壮大なストーリーと迫真の演技を見せる2人に魅了されました。

レストランや赤い香水、サブで登場する人たちに触れることができませんでした。
また気づかれた点があればコメントで教えて下さい。

今作から「どうしても会いたい」という願いの強さや会えないときがどれだけ辛いかを知ることができました。

結婚後の2人が役を演じているので、あくまで違う人物として考察するのですが、どうしても暗い考察や予想がしづらいというか、、なんというか(汗)

第二章は下記の考察をご覧ください。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『White Wings』歌詞の意味を考察・解釈

2019.12.01


ダンスパフォーマンスや歌唱に関しても胸に迫るものがあり、今年の冬を優しくそして力強く彩ったと感じました。

今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。
素敵な作品をありがとうございました。

そしてAKIRAさん、リン・チーリンさん、いつまでもお幸せに。。

6 件のコメント

  • この夏に、愛する恋人の彼を交通事故で亡くしました。この冬空の歌詞を見て、自分に当てはまるような言葉が並んでいて、心から離れない歌でした。そしてこのページを読んでまた涙が止まりませんでした。残しておきたいです。この気持ちが彼に届きますように。ありがとうございます。

    • Sさんコメント有難うございます。
      コメント欄の順番からこちらが二番目になっていました。
      まるで第二章に跨る経験のようです。。
      文章の冒頭で手が止まってしまいました。
      そのあとに思考が停止し、、心が震えました。。
      なんと言えばいいのか、、辛すぎます、、
      Sさんが今後、たくさんの名曲に触れて慰められていくこと
      を願って止みません。。

    • 匿名さん簡潔なコメント有難うございます。
      お褒めの言葉、嬉しく思います。
      MVも胸をグッと締め付けるシーンがたくさん
      ありましたよね!

      これからもSugar&Salt Musicを宜しく
      お願いします!

  • 2019年の冬は冬空
    2020年の冬はどんな曲なのか
    楽しみにしています

    • 山本知靖さんコメント有難うございます。
      2013年10月30日「冬物語」を連想させるよう
      タイトルでしたよね。
      2020年は横文字+サブタイトルだと筆者は予想
      しておきます♪
      楽しみですね。。

      これからもSugar&Salt Musicを宜しく
      お願いします!

  • コメントを残す