RADWIMPS『PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~ 』歌詞の意味・考察と解説

ねぇねぇお父さんお父さん
今度の国語の宿題で
お父さんのお仕事って
課題で明日までに作文書くの
皆の前で発表もしなきゃで
本当に嫌だけど頑張るよ
先生も皆のお父さんの
自慢を楽しみにしてるって

そうかい いいかいお父さんの
仕事は普通とはちょっと違う
大きな意味では世の中の人に
娯楽を提供してるんだ

役者さんミュージシャン
スポーツ選手や著名人
家の前だとか仕事場でも
どんな所だって張り付いて
その人の日々の監視をする
そういう仕事をしてるんだ
そして何か悪さをしたり
面白いことが起こったりすると
それをすかさず記事に書いて
世間の皆に知らせるんだ
体力も根気も無きゃいけない
とても大変な仕事なんだ

何ほざけ
盗撮盗聴尾行張り込み
好きなだけやりたい放題
天誅下したつもりかね
してやったり顔が見え見えで
気持ちがねえどうにもこうにも悪い

あんたらはどれだけ立派な人生なんだ
どの面下げてんなことしてんだ
倫理に反したあんたらが
なに不倫だ不純だいってんだ
国家権力にはへこへこします
弱い者虐めが板に付きます
あんたの子供の頃の夢は
まさかそれじゃなかったよな?

知りたくもねえ必要もねえ
ただ誇りを持ってそれしてんならね
どかどか踏み込んで来る割に
こそこそ逃げたりすんなよあんた
卑怯を絵に書いたあんたの言葉
薄っぺらすぎて悲しくなんさ

「君の名は。」の大ヒット
が起こるとすかさず出てくるゲスなやつ
ぽっと出で出てきたわけじゃねえ
こちとらメジャーで10余年
こんな変わり者の俺の音楽を
待ってくれてるファンたちと
絆を一つずつ作り上げ
毎度アリーナツアーやってんだ

馬鹿かそれがなんだ
俺のとこなら百歩譲ったとしても
実家の親の家にへばりついて
堂々直撃してきたな?
息子さん苦節10年 成功して良かったですね
親御さんとしてどうですか?
あんたの親にも聞いたろか

良かったですね息子さん
無事立派に大きく育たれて
朝から車の中で一般市民の家の前張り込んで
嫌がるのを無理矢理話聞いて
許可も取らずに写真撮って
雑誌に載せて稼いだ金で
今日も生きている息子さんに
一言何かありますかないですか
無いわけ無いですよね?
無くても聞いてくるのが息子さん
絞り出してでも言ってごらん

お父さん凄いね
お父さんがいないと
困る人達いっぱいいるね
やっぱかっこいいねお父さん
いつまでも僕の自慢だよ

でも良いかい?中には
父さんのこの仕事を馬鹿にしたり
軽蔑したりする奴もいるんだ
だけど父さんは負けないよ
父さんは胸を張って生きている
求められるからやっている
父さんの仕事を
楽しみにしてる人のために頑張るよ

ハイハイ自分の仕事に自信を
持っているのは結構です
堂々と今日も胸を張って
生きててなによりです
じゃあ尾行がバレてカメラ向けられても
堂々と逃げず答えろや
カップルのふりで隣座って
ストーカーばりに盗み聞くな

人間不信情報不信
頭がおかしくなりかけた
それでもさ 笑うのか?
あんたらにゃ何も伝わらんか
煽って報するテレビが悪い
こぞって食いつく世間が悪い
求められるからやっている
すごいね神様みたいだね

あんたの僅かなマンマのために
世間の僅かな娯楽のために
抹殺された人々は
それでも生きていくんだから

俺はやるべきことをやっている
君は恥ずべきことをやっている
恥ずかしくないと言うのなら
隠れず盗まず生きてろや
目を見て話が出来なくて
なにが堂々と生きてるだ

お父さん書いたよ頑張ったよ
明日の発表楽しみだ
皆の前で胸を張って
大きな声で読んでくるね

ありがとな 本当にな
お前は誇れる息子だな
そうだ明日のことだけど
しばらく休みもなかったし
一緒に遊んでやれなかったから
家族旅行にでもいこうか
だから学校は休んで良いぞ
先生たちには内緒でな

はじめに

2018年に発表されたRADWIMPSの『ANTI ANTI GENERATION』に収録された楽曲
『PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~ 』。

マスコミを風刺した非常にメッセージ性の強い楽曲で、同時期に発表された
『泣き出しそうだよfeat.あいみょん』と同様大きく話題になりました。

歌詞は全編がラップ調で、芸能人のゴシップネタを追いかけるパパラッチ記者と
それを非難する野田洋次郎の言葉が交互に繰り返される構成です。

早速歌詞考察を行って参ります。

歌詞考察

パパラッチ記者と子供との掛け合い①

ねぇねぇお父さんお父さん
今度の国語の宿題で
お父さんのお仕事って
課題で明日までに作文書くの
皆の前で発表もしなきゃで
本当に嫌だけど頑張るよ
先生も皆のお父さんの
自慢を楽しみにしてるって

そうかい いいかいお父さんの
仕事は普通とはちょっと違う
大きな意味では世の中の人に
娯楽を提供してるんだ

役者さんミュージシャン
スポーツ選手や著名人
家の前だとか仕事場でも
どんな所だって張り付いて
その人の日々の監視をする
そういう仕事をしてるんだ
そして何か悪さをしたり
面白いことが起こったりすると
それをすかさず記事に書いて
世間の皆に知らせるんだ
体力も根気も無きゃいけない
とても大変な仕事なんだ

まずパパラッチ記者と子供とのやりとりが描かれます。

「ねぇねぇお父さんお父さん 今度の国語の宿題でお父さんのお仕事って
課題で明日までに作文書くの」と、父親の職業のことを文章にすることになった子供。

それに対して「役者さんミュージシャンスポーツ選手や著名人家の前だとか仕事場でも
どんな所だって張り付いてその人の日々の監視をするそういう仕事をしてるんだ」と
自身の仕事内容を子供に語るパパラッチ記者。

そしてその仕事に対して「体力も根気も無きゃいけないとても大変な仕事なんだ」
と一筋縄ではいかない難しい仕事であると語ります。

野田洋次郎の言葉①

何ほざけ
盗撮盗聴尾行張り込み
好きなだけやりたい放題
天誅下したつもりかね
してやったり顔が見え見えで
気持ちがねえどうにもこうにも悪い

あんたらはどれだけ立派な人生なんだ
どの面下げてんなことしてんだ
倫理に反したあんたらが
なに不倫だ不純だいってんだ
国家権力にはへこへこします
弱い者虐めが板に付きます
あんたの子供の頃の夢は
まさかそれじゃなかったよな?

知りたくもねえ必要もねえ
ただ誇りを持ってそれしてんならね
どかどか踏み込んで来る割に
こそこそ逃げたりすんなよあんた
卑怯を絵に書いたあんたの言葉
薄っぺらすぎて悲しくなんさ

次にパパラッチ記者に対する野田洋次郎の言葉が続きます。

「何ほざけ盗撮盗聴尾行張り込み好きなだけやりたい放題」と冒頭から一刀両断。
パパラッチ記者に対する強い非難が込められた歌詞が綴られます。

そして「あんたらはどれだけ立派な人生なんだどの面下げてんなことしてんだ
倫理に反したあんたらがなに不倫だ不純だいってんだ」や

「知りたくもねえ必要もねえただ誇りを持ってそれしてんならね
どかどか踏み込んで来る割にこそこそ逃げたりすんなよあんた」など

著名人を非難する資格はあるのか?そんな仕事が必要なのか?と批判のメッセージが続きます。

野田洋次郎の言葉②

「君の名は。」の大ヒット
が起こるとすかさず出てくるゲスなやつ
ぽっと出で出てきたわけじゃねえ
こちとらメジャーで10余年
こんな変わり者の俺の音楽を
待ってくれてるファンたちと
絆を一つずつ作り上げ
毎度アリーナツアーやってんだ

馬鹿かそれがなんだ
俺のとこなら百歩譲ったとしても
実家の親の家にへばりついて
堂々直撃してきたな?
息子さん苦節10年 成功して良かったですね
親御さんとしてどうですか?
あんたの親にも聞いたろか

良かったですね息子さん
無事立派に大きく育たれて
朝から車の中で一般市民の家の前張り込んで
嫌がるのを無理矢理話聞いて
許可も取らずに写真撮って
雑誌に載せて稼いだ金で
今日も生きている息子さんに
一言何かありますかないですか
無いわけ無いですよね?
無くても聞いてくるのが息子さん
絞り出してでも言ってごらん

野田洋次郎のメッセージはより具体的なものになっていきます。

「君の名は。の大ヒットが起こるとすかさず出てくるゲスなやつ」と
自身の実体験が語られます。

RADWIMPSは2016年に大ヒットした映画「君の名は。」の主題歌および劇伴曲を手がけ
その知名度を大いに上げました。

それによってパパラッチが増え、被害に遭ったことをここでは歌っているのです。

その後も「馬鹿かそれがなんだ俺のとこなら百歩譲ったとしても実家の親の家にへばりついて
堂々直撃してきたな?」や

「朝から車の中で一般市民の家の前張り込んで嫌がるのを無理矢理話聞いて
許可も取らずに写真撮って」など実体験に基づいたパパラッチに対する批判が続きます。

この経験が『PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~』を書く原動力になったのだろうな
と感じさせる強いメッセージ性が込められた内容です。

パパラッチ記者と子供との掛け合い②

お父さん凄いね
お父さんがいないと
困る人達いっぱいいるね
やっぱかっこいいねお父さん
いつまでも僕の自慢だよ

でも良いかい?中には
父さんのこの仕事を馬鹿にしたり
軽蔑したりする奴もいるんだ
だけど父さんは負けないよ
父さんは胸を張って生きている
求められるからやっている
父さんの仕事を
楽しみにしてる人のために頑張るよ

歌詞の内容はパパラッチ記者と子供の掛け合いに戻ります。

父親から仕事の内容を聞いた子供は「お父さん凄いねお父さんがいないと
困る人達いっぱいいるね」と感銘を受けます。
上記の説明ではそのように感じるのは当然のことでしょう。

それに対して「父さんは胸を張って生きている求められるからやっている
父さんの仕事を楽しみにしてる人のために頑張るよ」と自身の仕事に対しての
思いを新たにするパパラッチ記者の言葉が綴られます。

なんて事のない穏やかな父と子のやりとりなのですが、仕事内容がパパラッチというだけで
そのようには思えず、この歌詞を書いた野田洋次郎の作詞の妙が感じられます。

野田洋次郎の言葉③

ハイハイ自分の仕事に自信を
持っているのは結構です
堂々と今日も胸を張って
生きててなによりです
じゃあ尾行がバレてカメラ向けられても
堂々と逃げず答えろや
カップルのふりで隣座って
ストーカーばりに盗み聞くな

人間不信情報不信
頭がおかしくなりかけた
それでもさ 笑うのか?
あんたらにゃ何も伝わらんか
煽って報するテレビが悪い
こぞって食いつく世間が悪い
求められるからやっている
すごいね神様みたいだね

あんたの僅かなマンマのために
世間の僅かな娯楽のために
抹殺された人々は
それでも生きていくんだから

俺はやるべきことをやっている
君は恥ずべきことをやっている
恥ずかしくないと言うのなら
隠れず盗まず生きてろや
目を見て話が出来なくて
なにが堂々と生きてるだ

歌詞は再び野田洋次郎の言葉に戻ります。

「ハイハイ自分の仕事に自信を持っているのは結構です堂々と今日も胸を張って
生きててなによりですじゃあ尾行がバレてカメラ向けられても堂々と逃げず答えろや」
と、先ほど自身の仕事に誇りを持っているといったパパラッチ記者をまたも一刀両断。

「こぞって食いつく世間が悪い求められるからやっているすごいね神様みたいだね」
と皮肉たっぷりのメッセージが綴られます。

そして「恥ずかしくないと言うのなら隠れず盗まず生きてろや
目を見て話が出来なくてなにが堂々と生きてるだ」
とパパラッチ記者の姿勢を改めて強く批判します。

パパラッチ記者と子供との掛け合い③

お父さん書いたよ頑張ったよ
明日の発表楽しみだ
皆の前で胸を張って
大きな声で読んでくるね

ありがとな 本当にな
お前は誇れる息子だな
そうだ明日のことだけど
しばらく休みもなかったし
一緒に遊んでやれなかったから
家族旅行にでもいこうか
だから学校は休んで良いぞ
先生たちには内緒でな

最後に綴られるのはパパラッチ記者と子供の掛け合いです。

「お父さん書いたよ頑張ったよ明日の発表楽しみだ皆の前で胸を張って
大きな声で読んでくるね」と作文を書き終え、意気揚々とする子供。

対して「ありがとな 本当になお前は誇れる息子だな」と感謝の意を述べますが、
「そうだ明日のことだけどしばらく休みもなかったし
一緒に遊んでやれなかったから家族旅行にでもいこうか」と学校を休むことを勧めます。

これはやはり、自身の仕事に後ろめたさを感じている事の証左ではないでしょうか。
どれだけ誇りを持っていると言っても、本当は違うのではないか?という
内容が歌われ、『PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~ 』は幕を閉じます。

終わりに

野田洋次郎のパパラッチの被害を基に綴られた
『PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~ 』。

歌詞の内容はパパラッチに対する批判を綴るだけでなく、パパラッチ記者と子供との掛け合い
を描く事で、その仕事の無意味さをよりリアルに描写したものでした。

中々想像しにくいパパラッチを受ける側の著名人がどのような思いになっているか
ということが深く理解できる楽曲です。

コメントを残す