ピノキオピー『内臓ありますか』歌詞の意味を考察・解釈


悟った気がしたけど 結局 元の木阿弥である 
この世を俯瞰で見渡しても 肉体はジャンクフード食べる 
因果応報はなく すべては塞翁が馬である 
何年経っても いじめっこの君は幸せそうだった

言っても無駄 言われても無駄 
無気力 無自覚 無関心なほど 傷つくのを怖がった 
愛さずに愛されたがった 
因果応報はなく すべては塞翁が馬である 
天が見ていても 本当の邪悪は邪悪のままだった

今日もみなさん やりたくないことばかりやってますか はい 
内心 舌打ちしながら ペコペコ頭下げてますか  はい 
君は善人ですか? はい やっぱり悪人ですか? はい 
関係ないけど 今夜は楽しい パーティーいきますか

血も涙もないけど 優しい気持ちも足りないけど  
バラバラの思想ぶつかっても みんな 内臓ありますか はい 
君がいなくなっても よくあることだと割り切っても 
身体が萎むくらい泣いても みんな  
内臓ありますか はい はい

あっちが言うには被害者 でもこっちに言わせりゃ加害者  
両成敗という言葉使って 思考停止の傍観者 
因果応報はなく すべては塞翁が馬である 
喧々諤々やっても結局は 結果がすべてだった?

今日もみなさん やりたくないことばかりやってますか はい 
たいして何にもやっていないのにマージンとりますか はい 
最近良いことあった? はい やっぱり嫌なことあった? はい 
関係ないけど 週末限定バーゲン行きますか

夢を見失うけど 探せばほんの少しあるけど 
最悪 売れば金になるけど みんな内臓ありますか 
外面が綺麗でも 醜い内面が嫌いでも   
生皮剥いだら おんなじだよ みんな  
内臓ありますか 

今日もみなさん やりたくないことばかりやってますか はい 
今日もみなさん やりたくないことばかりやってますか はい 
因果応報はなく すべては塞翁が馬である 
関係ないけど 大きな声で叫んでくれますか

血も涙もないけど 優しい気持ちも足りないけど  
バラバラの思想ぶつかっても みんな 内臓ありますか はい 
君がいなくなっても よくあることだと割り切っても 
身体が萎むくらい泣いても みんな 内臓ありますか はい 
君の幸せ どんくらいで そしてトラウマこんくらいで  
雨後のたけのこ背比べ 共感と嫌悪の雨あられ 
外面が綺麗でも 醜い内面が嫌いでも   
生皮剥いだら おんなじだよ みんな  
内臓ありますか  はい はい


はじめに

『内臓ありますか』とは2019年1月22日にネット上で公開された楽曲です。
製作者であるピノキオピーさんご自身が「今日もみなさんやりたくないことばかりやってますか」と述べてこの歌の歌詞を説明しています。

歌詞の内容が年齢問わずとも取れますが、なんとなく社会で働く人々をターゲットにしているようにも見受けられる歌詞です。

日常生活を惰性で生きている人々に「幸福」と「不幸」という2つのテーマを
ぶつけているように感じます。

特筆すべきはなんといっても「内臓ありますか」という強烈な問いかけです。
過激なエモはリスナーの脳裏に焼き付かせる強烈な効果を発揮したことでしょう。

それではさっそく強烈なタイトルである『内臓ありますか』の歌詞の考察に
入っていきましょう。

タイトル『内臓ありますか』とは

「内臓」とは呼吸器、消化器、泌尿器、生殖器などを指す言葉です。
ですから筆者は「一息できていますか」「ストレス消化できていますか」
「余分な考えを自分の中から出していますか」「新しい発想を生み出していますか」という複合的な意味があると考えました。

加えて「生きるために必要なものありますか」とまとめることもできるかな
とも思いました。

どちらの考えもお互いつじつまの合う考察だと思います。
歌詞全体では「幸福」や「不幸」を定義付けることの難しさを
歌っているものと思います。

ですからせめて「生きるために必要なもの」を大事にして欲しい
という切なる願いが感じられます。


『内臓ありますか』歌詞の意味

「善は悪である。悪は善である」

悟った気がしたけど 結局 元の木阿弥である 
この世を俯瞰で見渡しても 肉体はジャンクフード食べる 
因果応報はなく すべては塞翁が馬である 
何年経っても いじめっこの君は幸せそうだった

言っても無駄 言われても無駄 
無気力 無自覚 無関心なほど 傷つくのを怖がった 
愛さずに愛されたがった 
因果応報はなく すべては塞翁が馬である 
天が見ていても 本当の邪悪は邪悪のままだった

見出しは聖書の中に収められている有名な言葉です。
世の中には確かな善悪の基準がなくなっていること
を示唆しています。

歌詞の最初でもそうした現状に触れています。

人は幸福な生き方を悟ったつもりでも「元の木阿弥である」
つまりもとの悪い状態に戻ってしまうことを嘆いています。

「すべては塞翁が馬である」とは中国故事です。
幸福だと思える要員が不幸を呼ぶこともあり
その逆もまた真実だということを伝える故事です。

続く歌詞では例証として「何年経っても いじめっこ
の君は幸せそうだった」という事実を引き合いに出して
います。

いじめという「不幸」なことをしているのに当人は「幸福」そう
に見えてしまう不条理さを伝えています。

人は日々の生活の中であらゆる感情を無くしていくが
傷ついたり愛されたいという願いは無くならずに残り
続けるとも述べています。

続く歌詞では傷つける悪人を裁く者は誰一人いないように思え
悪は善でありその力に負けた善は悪であるという不条理な循環
は決して途絶えないのだと歌っています。


過去は本心、現在は無心

今日もみなさん やりたくないことばかりやってますか はい 
内心 舌打ちしながら ペコペコ頭下げてますか  はい 
君は善人ですか? はい やっぱり悪人ですか? はい 
関係ないけど 今夜は楽しい パーティーいきますか

今日もみなさん やりたくないことばかりやってますか はい 
たいして何にもやっていないのにマージンとりますか はい 
最近良いことあった? はい やっぱり嫌なことあった? はい 
関係ないけど 週末限定バーゲン行きますか

製作者ご本人が語っていた言葉が歌詞に用いられています。
学生であれば上級生や発言力を持った同級生に頭を下げるかも
しれません。
会社であれば上司やクライアントにペコペコする場面もあるでしょう。

会社の方針で決して良心的ではない働きをしてもマージンを貰うことも
あるかもしれません。

一日のうちで善人でいられる時間もあれば悪人と思える自分がいることも
歌詞の中で認めています。

学校や職場という「仕事」「業務」のような時間以外でも
本心では行きたくない「パーティー」や「バーゲン」に
出かけなければいけない時もあるでしょう。

良いこと「幸福」もあれば嫌なこと「不幸」もあるのも事実です。
それらを自分が期待する時にもたらすことはできません。

こうした点から人は自分の思うように生きることはできないという
メッセージを伝えているように思えます。
過去に持っていたはずの本心を捨てて無心で生きているのです。

生きていくのに必要なもの

血も涙もないけど 優しい気持ちも足りないけど  
バラバラの思想ぶつかっても みんな 内臓ありますか はい 
君がいなくなっても よくあることだと割り切っても 
身体が萎むくらい泣いても みんな  
内臓ありますか はい はい

あっちが言うには被害者 でもこっちに言わせりゃ加害者  
両成敗という言葉使って 思考停止の傍観者 
因果応報はなく すべては塞翁が馬である 
喧々諤々やっても結局は 結果がすべてだった?

酷いことをする人、優しい気持ちが不足している人、
考え方が違う人すべてに「生きていくのに必要なもの」
ありますかという問いかけがなされています。

大切な人がいなくなった時、泣けてくる時、割り切れる時
などすべての時に「息居抜きやストレス発散や考え過ぎる思考を
外に出して前向きな新たな発想を生み出す」という行動が
できるのか尋ねられているように感じました。

争いが起きた時にもお互い自分が「被害者」だと主張する世の中です。
傍観者は白黒はっきりさせることを嫌い両方を悪とします。
努力した過程は評価されず結果がすべての成果主義にも言及しています。

そんな中でも「生きていくのに必要なもの」を常に抱えて生きるように
この歌では語られているように思えます。

まとめ

社会の縮図を皮肉っているように思える歌詞でもありますが、そうした
社会においても腐らずに抜くとこ抜いて前向きに生きていくように勧めて
いるように筆者は感じました。

『内臓ありますか』という強烈なタイトルに誰しも興味を持たれたのでは
ないでしょうか。
その意味を歌詞全体から自分なりに考察なさったに違いありません。

もちろん人によって様々な解釈があるかと思います。
解釈が異なっても一つの事実として製作者であるピノキオピーさんの
奥深い考えが伝わってきたのではないでしょうか。

次回作のタイトルや曲調を予想するだけでもワクワクしますね。
ピノキオピーさんの今後の活動に注目していきたいと思います。

私の内臓?
もちろんありますよ(笑)



この記事をシェアする!