丘みどり『鳰の湖』歌詞の意味・考察と解説

伊吹おろしが 身を切るように
わたしの心に 冬をつれて来る
二人で見た夢は はかない蜉蝣(かげろう)か
あなたこの町から 出てゆくの
悲しみに波が立つ 鳰の湖

瀬田の唐橋渡れば先に
ちいさな倖せ 遠くゆれていた
祭りのかがり火に おもいで燃えのこる
愛をのせた小舟が 音もなく
朝靄に消えてゆく 鳰の湖

沖の白石 つがいの水鳥が
星影うつした 水面を飛び立つ
あなた今もなお あきらめきれないわ
せめてたずねて来て 夢の中
恋しくて恋しくて 鳰の湖

はじめに

伊吹おろしが 身を切るように
わたしの心に 冬をつれて来る
二人で見た夢は はかない蜉蝣(かげろう)か
あなたこの町から 出てゆくの
悲しみに波が立つ 鳰の湖

瀬田の唐橋渡れば先に
ちいさな倖せ 遠くゆれていた
祭りのかがり火に おもいで燃えのこる
愛をのせた小舟が 音もなく
朝靄に消えてゆく 鳰の湖

沖の白石 つがいの水鳥が
星影うつした 水面を飛び立つ
あなた今もなお あきらめきれないわ
せめてたずねて来て 夢の中
恋しくて恋しくて 鳰の湖

終わりに

コメントを残す