乃木坂46 『Sing Out!』歌詞の意味を考察・解釈

LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy If you wanna bring big smile, sing out!


世界は広すぎて見渡せない
青空はどこまで続くのか
水平線のその向こうは晴れてるのか?
それともどしゃ降りの雨か?


ここにいない誰かのために 今何ができるのだろう
みんなが思えたら良い
自分の幸せを 少しずつ分け合えば
笑顔は広がる


この思い届け Clap your hands
風に乗って飛んで行け愛の歌
一人ぼっちじゃないんだよ
Say hello, Say hello, Say hello


LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy, Everybody be happy
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy, If you wanna bring big smile, sing out!


もし泣いてる人がどこかにいても
訳なんか聞いたって意味がない
生きるってのは複雑だし
そう簡単に分かりあえるわけないだろう


ただじっと風に吹かれて 同じ空見上げるように
一緒にいてあげればいい。
日晒しのその心 温もりが欲しくなる
孤独は辛いよ


僕たちはここだ Stomp your feet
存在に気づくように踏み鳴らせ
仲間の声が聞こえるかい?
Bring peace, Bring peace, Bring peace


ここにいない誰かもいつか 大声で歌う日が来る
知らない誰かのために
人は皆弱いんだ お互いに支えあって
前向いて行こう 


この思い届け Clap your hands
風に乗って飛んで行け愛の歌
一人ぼっちじゃないんだよ
Say hello, Say hello, Say hello


僕たちはここだ Stomp your feet
存在に気づくように踏み鳴らせ
仲間の声が聞こえるかい?
Bring peace, Bring peace, Bring peace


LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy, Everybody be happy
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy, If you wanna bring big smile, sing out!


LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy, Everybody be happy
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy, If you wanna bring big smile, sing out!


はじめに

『Sing Out!』とは2019年5月2日にネット上で公開された楽曲です。
乃木坂46の23rd Singleであり同年5月29日リリースされます。
動画再生回数は投稿初日からミリオンを達成し現在では130万を優に超える
爆発的な伸びを見せています。

国内アイドルユニットの中でも1,2を争う人気の高さであり今後も日を追うご
とに動画再生回数も増加していくことでしょう。

さらに特筆すべき点として今作MV公開と同時に乃木坂46メンバー3人(秋元真
夏、齋藤飛鳥、堀未央奈)がMV解説をする「乃木坂ちゃんと見てみよう」とい
う動画も公開されました。

筆者が視聴した印象としてはMVの秘話というより舞台また舞台袖での裏話といった感じでしたね。
そちらも考察の中で織り込みながらお話していけたらと思います。

MVでのメンバーは「イメージカラーの2色である白と紫」の衣装を身に纏って
います。
山梨県内のスタジオで撮影が行なわれ、各メンバーたちは撮影3日間前からダ
ンスの練習に励んだようです。

しかしセンターを担当する齋藤飛鳥さんは異例の撮影10日前から猛練習したよ
うです。
この点に関して本人のコメントを引用したいと思います。

「ダンスもあまりごまかしたくなかったし、振りやちょっとした目線の動

き、手の角度とかもあまり妥協せずに撮れたらいいなと思っていました」


https://fma.co.jp/news  FM80.7より

ソロカットの非常に多い齋藤飛鳥さんのセンターとしての高い認識と意気込み
を感じさせるコメントではないでしょうか。

それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていきましょう。

タイトル『Sing Out!』とは

『Sing Out!』とは直訳すると「大声で歌うまたは叫ぶ」となります。
しかし公式サイトで確認すると本タイトルには「みんなで歌う喜び」「クラ
ップをして曲を楽しむ」ことがコンセプトとなったことが理解できます。
歌詞全体の内容も複雑化されておらず至ってシンプルです。

前述でも記載しましたがMV解説動画でもメンバーが「みんなでクラップする
のいいね」と笑顔でコメントしていました。(クラップ=ハンドクラップ 手拍子)

MV序盤でメンバーがズラリと舞台にいるシーンを見て「壮大!」と声を大にし
てコメントしたりもしていましたね。


『Sing Out!』歌詞の意味

幸せもたらす手段

LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
LA LA LA LA  LA LA  LA LA LA LA LA
Happy, Happy If you wanna bring big smile, sing out!

「Happy If you wanna bring big smile, sing out!」
今作ではこの英熟語が繰り返し用いられています。
端的な意味は「もしあなたが大きな笑顔で幸せをもた
らしたいのであれば歌うように」という趣旨の言葉です。

上記を今作のコンセプトに沿って改訳すると「笑顔で幸
せになりたいのであれば皆で歌いましょう」という意味
になるでしょう。

今作では「幸せになるための一つの手段また方法」につ
いて論じられているのだと筆者は読み解きました。


視野の狭さを憂う

世界は広すぎて見渡せない
青空はどこまで続くのか
水平線のその向こうは晴れてるのか?
それともどしゃ降りの雨か?

ここでは世界や青空そして水平線といった広大な
ものを列挙して人間の視野の狭さや限界を描写し
ているように感じます。

自然界のそうした特徴に気づくとき人は自分が小
さな存在だと知り謙虚になるのかもしれません。
また自分には限界があることを悟るでしょう。
反対に無限の可能性を感じる人もいるでしょう。

上記を踏まえて自分は幸せな人間だと判断する人
もいれば自分はとても小さく不幸な人間だと判断
する人もいるのです。

利己的と利他的

ここにいない誰かのために 今何ができるのだろう
みんなが思えたら良い
自分の幸せを 少しずつ分け合えば
笑顔は広がる

この思い届け Clap your hands
風に乗って飛んで行け愛の歌
一人ぼっちじゃないんだよ
Say hello, Say hello, Say hello

「誰かのために何ができるのか」という考えは
利他的な考えと言えるでしょう。
「自分のために何ができるのか」という考えは
利己的な考えです。

誰もが利他的になり自分を犠牲にして相手を優
先するという考えを持つなら笑顔が世界に浸透
していくとメンバーは歌っています。

その想いを世界中に届けるために彼女たちが選
んだ手段が「Clap your hands」ハンドクラッ
プでした。
手を叩いて陽気に踊るのです。

クラップ中心のMVはアイドルらしくないとの
印象を持つものですが今回のコンセプトの鮮明
さを考えると決して不自然ではありません。
むしろ良い意味での斬新さが滲み出ています。

「一人ぼっちじゃないんだよ」と優しく励まし
た後に「Say hello」と挨拶するよう勧めてい
ます。

ある人は疑問に思うかもしれない点ですが、よ
く歌詞には「挨拶しよう」という趣旨のフレー
ズが用いられるがなんで?と思うかもしれませ
ん。

伝説級アーティストである安室奈美恵さんの曲
のフレーズにも「HELLOだって言えなくなるか
ら」という一文があります(懐い 笑)

つまり挨拶は基本であり世界に通じるか通じな
いかというほどに重要なのです。

実際に筆者も仕事がら外国の方とお話しする機
会があります(当然筆者はペラペラとはいかない)
それでも覚えたての母語で挨拶をするだけで相
手は心を開いてくれるものです。

余談はさておき挨拶は重要ってことです(学校か)


言葉よりも同情心

もし泣いてる人がどこかにいても
訳なんか聞いたって意味がない
生きるってのは複雑だし
そう簡単に分かりあえるわけないだろう

ただじっと風に吹かれて 同じ空見上げるように
一緒にいてあげればいい。
日晒しのその心 温もりが欲しくなる
孤独は辛いよ

ここでは泣いている人にどう接するかについて
述べられています。
泣いている人を慰めて幸せにしようといった感
じでしょうか。

さすがにハンドクラップはしませんね(汗)
「泣いている理由」を尋ねても意味がないと論
じています。

それよりも「黙って一緒にいてあげる」ことを
最優先するよう促しています。
「泣きたいくらい辛い」その苦しい時間を同じ
気持ち、また感情で共有するのです。

それは「同情心」の一言に尽きるでしょう。
泣いている人が泣き止んだ時には、多くの場合
「気持ちを理解してくれて有難う」と言われる
でしょう。

べらべらと解決策や常識、正論を7ならべのよう
に並べる人にはそのように言えないはずです。

手も足も出ない人へ

僕たちはここだ Stomp your feet
存在に気づくように踏み鳴らせ
仲間の声が聞こえるかい?
Bring peace, Bring peace, Bring peace

「Stomp your feet」とは「足を踏みつける」
という意味ですが今作の場合では「足で踏み鳴
らせ」という解釈がしっくりきます。

問題に手も足も出ない人は自分が一人だと感じ
孤独に苛まれます。
そう感じる人には前述で述べたハンドクラップ
だけでなく足も使って勇気づけるのです。

「Bring peace」とは「平和をもたらす」という
意味です。

そのような仲間の声を聞いた人は「平和」また
「幸せ」は一人で作り上げるものではないことを
実感するに違いありません。

そしてそう実感した人は冒頭で取り上げた彼女た
ちが歌う「幸せをもたらす歌」に参加しみんなで
歌い踊り続けることでしょう。

手足の奏でる音が世界中に響き渡るようにと。。

まとめ

MVを見ながらハンドクラップを練習する人たちが
続出しているようです(笑)

筆者はダンスに挑戦したこともあるのですが近所
のおばさんがマスターした「恋ダンス」でさえ断
念させていただきました(笑)

乃木坂46の統一されまた洗練されたダンスを存分
に楽しまれたのではないでしょうか。
また一度聴いたらすぐに覚えられる歌詞も印象的
でしたね。

単に楽観視を勧める歌詞ではなく、落ち込んだ人
をどう慰めるかという教訓的な観点も見られたの
で面白かったです。

乃木坂46の今後の活動と次回作に期待し注目して
いきたいと思います。

ダンスの練習も本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休める時に(ないか)休んで下さいね。