miwa 『chAngE』歌詞の意味を考察・解釈

chAngE なびかない 流されないよ
今感じることに素直でいたいの
chAngE 何度でも 生まれ変わるの
悲しみも抱きしめて 走り出すよ

タノシイ裏切りにあって
とらわれない私がここにいるの
足りない 尽きない なんだって もっと歪ませてよ
パターン化したこんな世界じゃ
自分が誰なのか分からなくなる
枠にはまりたくないわ 決めつけないでよ

道なき道を行くの
そこにいたって 待っていたって 何も始まらない

chAngE なびかない 流されないよ
今感じることに素直でいたいの
誰かの思い通りにはさせないわ
chAngE 何度でも 生まれ変わるの
悲しみも抱きしめて 走り出すよ

あなたのもとには もう帰れないわ
私は私らしく I wanna chAngE

なんでそんなためらって
満たされないあなたはどこにいるの?
消えない 錆びない ふりきって もっとハウらせてよ
変わったから気づく世界は
今の私を映してくれるでしょ
あなたの思う未来は 何が写っているの?

愛なき明日へ行くの
引きとめないで 恋しくたって 私は進みたい

chAngE 止まらない 振り向かないよ
いつだって真実求めていたいの
涙も愛おしく思える気がする
chAngE 忘れない 失くしたくない
喜びも抱きしめて 走り出すよ

あなたのもとから 離れてしまっても
私は私らしく I wanna chAngE

私が変わった先にあなたがいるなら
あなたが変わった先に私がいるなら
chAngE chAngE 走り出すよ

chAngE なびかない 流されないよ
今感じることに素直でいたいの
誰かの思い通りにはさせないわ
chAngE 何度でも 生まれ変わるの
悲しみも抱きしめて 走り出すよ

二人で同じ景色が見れるなら
あなたのもとに いつか帰りたいわ
私は私らしく I wanna chAngE

歌詞考察の前に

今回は人気アーティストであるmiwaさんの楽曲『chAngE』を考察していきたいと思います。

筆者が今作から特に感じた点は以下の通りです。

・常に向上心を持って変化していく

上記の点について曲紹介と共にお話したいと思います。

『chAngE』のMVが2020年3月19日にネット上で公開されました。

3月3日にデビュー10周年を迎えたmiwaさん。
デビュー曲である「don’t cry anymore」から新曲「StoryTeller(ティーンエイジドリーム)」までのMV全35作品をフルバージョンで公開されました。
ツイッターのトレンドにもなっており大注目となっています。

初々しいmiwaに懐かしさを感じるファンもたくさんいたのではないでしょうか。

中でも『chAngE』はmiwaさんにとって自身を変革する楽曲となりました。
この点は続く見出しでお話したいと思います。

MVや曲調に注目してみましょう。
疾走感漂うエレキギターが聴き手の興奮と期待感を高めていきます。

MV序盤で登場した光輝く白いドレスとその後に登場するmiwaさんの黒い衣装が対照的でした。
この点がタイトルを印象付けていますね。

さっそく気になるタイトルの意味について考えていきたいと思います。

タイトル『chAngE』とは

タイトルは英語の「change」を表しています。
当時、タイトルを見た人は「AとEが大文字になっている」理由が気になったに違いありません。

その理由についてmiwaさんの公式ブログでは次のようなコメントがありました。

『chAngE』は、 「いつだって変わっていきたい」という気持ちを込めて作りました。 みなさん疑問を抱いたと思いますが AとEが大文字になっているのは 「アコギからエレキへ」 という意味が込められています。 今回はアコースティックギターではなく 初めてエレキに挑戦してレコーディングしました。

https://ameblo.jp/miwa-guitar/entry-10594418018.html

上記コメントにてタイトルの大文字はAcoustic guitarの「A」とElectric guitarの「E」であることが説明されていました。

さらにこの曲をどんな思いで聴いて貰いたいかも熱く語られていました。

やりたいと思ったことや感じることに素直になるって大切だなって思ったんです。 それは周りの人と同じスピードじゃないかもしれないし同じようには変わっていけないかもしれない。そんな時、新しい事に挑戦することはすごく不安だしそれによって環境が変わってしまうこともあると思います。だけど、涙をこらえてでも、自分で踏み出さなきゃ変わっていけい。


この曲を聴いて、変わりたいって思ってる人
やりたいことに向けて頑張ってる人 やりたいことが見つからなくてもがいてる人

みなさんが少しでも勇気をもって踏み出せたらいいなと願っています。

https://ameblo.jp/miwa-guitar/entry-10594418018.html

上記のコメントから目標に向かって前進している人や目標を模索している人の背中を押す応援ソングであることが理解できます。

周囲と足並みを合わせていくことの難しさへの感情移入も感じられました。
変わっていくことの辛さをmiwaさん自身も実感していることでしょう。

それでは歌詞全体を考察していきましょう。

『chAngE』歌詞の意味

変化―自らの意志で

chAngE なびかない 流されないよ
今感じることに素直でいたいの
chAngE 何度でも 生まれ変わるの
悲しみも抱きしめて 走り出すよ

今回は一人の女性を主人公として考察していきたいと思います。

歌詞冒頭で彼女は強い意志を持って「変化」し続けることを決意しています。
どんな分野での変化でしょうか。

「今感じることに素直でいたいの」というフレーズから外面的な変化ではなく内面的な変化、つまり人格面であると解釈できます。

彼女の望む「変化」は他者が干渉しない自らの意志で成される変化です。
その点を強調している部分が「なびかない 流されない」というフレーズです。
他者の意見や考え方に影響されて自分らしくなくなるという変化は望んでいないのです。

彼女は「悲しみも抱きしめて」とあるように変化に伴う悲嘆も覚悟しています。
周囲から白い目でみられたり仲間が減るかもしれません。
それでも彼女は主体性や自身の理想の人格を形成するために決意を固めていきます。

開拓の志し

タノシイ裏切りにあって
とらわれない私がここにいるの
足りない 尽きない なんだって もっと歪ませてよ
パターン化したこんな世界じゃ
自分が誰なのか分からなくなる
枠にはまりたくないわ 決めつけないでよ

道なき道を行くの
そこにいたって 待っていたって 何も始まらない

ここでは主人公が誰かの用意した道に従うことや枠にとらわれることへの嫌悪感を示しています。

「タノシイ裏切り」とはなんでしょうか。
それは「予想を裏切られることで彼女がわくわくしている」様子を表現していると考えれるでしょう。

彼女はまっすぐで平坦な道、つまり一般的に言われる正統派や正論に興味を示しません。
むしろ歪んだ道、つまり独創的で斬新な考えに興味があるのです。

そしてそのような興味ある道が見つからないのであれば、自身の手で「道なき道」を切り開く開拓精神があることを理解できます。

「待っていたって 何も始まらない」というフレーズから彼女が好奇心旺盛、また向上心を兼ね備えた人格であることも読み取れます。

しかし先ほど考えた歌詞の中で彼女が「生まれ変わるの」というフレーズを口にしていたのを思い出してください。

最初から上記のような好奇心旺盛で向上心ある人格ではなかったのでしょう。
内気で新しい分野に取り組む意欲もなかったかもしれません。

それでも時間をかけて自分のペースで新たな感覚や人格が形成されていったと予想できます。

依存から巣立つ

あなたのもとには もう帰れないわ
私は私らしく I wanna chAngE

ここで主人公は過去に「あなた」という大切な存在がいたことを明らかにしています。

彼女が「あなたのもとには もう帰れないわ」と述べているのはなぜでしょうか。
それは人格面で生まれ変わった彼女が「依存」をやめ「自立」したからだと解釈できます。

それを裏付ける点が「私は私らしく」というフレーズにあります。
以前は大切な人に気に入られるよう、またその人を模倣するようにして接していたのでしょう。
しかし、どこか自分らしくいられないと感じていたのかもしれません。

彼女は依存をやめ、主体性を重んじる新たな考えを見つけて羽ばたいていきました。

世界という姿見

なんでそんなためらって
満たされないあなたはどこにいるの?
消えない 錆びない ふりきって もっとハウらせてよ
変わったから気づく世界は
今の私を映してくれるでしょ
あなたの思う未来は 何が写っているの?

ここでは主人公が大切な人から離れるに至った理由が綴られています。

彼女の目にはその人が「目標をためらって行動しようとしない」ように見えました。
以前の彼女はその人から「消えない」確信や「錆びない」熱意があったのでしょう。

いま行動できない要素をすべて「ふりきって」大切な人にもっと行動的になって貰いたいと彼女は願っているのです。

彼女が上記の行動に大胆さも求めていることを「もっとハウらせてよ」という表現で伝えています。

「ハウ」とは「ハウリング」のことだと考えられます。

ハウリングとは「比較的短い周期のフィードバックによって規則的な共振がおこり、原音とは全く別の大振幅の電気信号が発生する事」を指します。

難しい部分を省き「原音とは全く別の」という部分に注目してください。
「原音」のようなもともとあったものに彼女は惹かれません。
ですから「ハウリング」のように新たなものを大切な人に生み出して欲しいと願っているのです。

続く部分で彼女は「世界」が今の自分を映すと述べています。
これはどういう意味なのでしょうか。

これは「自分が世界に興味を持つか否か」が「世界が自分に興味を持つか否か」に影響すると理解しました。

確かに人気のある人はさまざまな分野に興味関心を持っているものです。
視野の広さは人の魅力と言えるでしょう。

今の彼女は世界のさまざまなものと自分らしく向き合うことができています。
しかし大切な人はそうではないようです。
ですから歌詞の中で大切な人の未来像を心配しています。

待望のケミストリー

二人で同じ景色が見れるなら
あなたのもとに いつか帰りたいわ
私は私らしく I wanna chAngE

歌詞のラストでは主人公が大切な人と同じ未来を見ていたと綴られています。
前述では大切な人の未来を不安がっていました。
しかしできることなら自分が今みているような明るい未来を一緒にみたいと願っているのです。

前述で「あなたのもとには もう帰れないわ」と述べていた彼女が「あなたのもとに いつか帰りたいわ」と述べています。
それには「二人で同じ景色が見れる」という条件があるのです。

見出しで使用したケミストリーは「良い相乗効果」「互いに好影響を及ぼす」などの意味で用いられています。

そうした関係を彼女は欲しており、いつかそれが実現することを切望しているのです。

彼女はその日が来るまで世界のあらゆる人や物を見て考え感じていきます。
そして時に言葉にできない悲しみを感じ、顔をくしゃくしゃにして泣く事もあるでしょう。

それでも彼女は自分のため、そして大切な人との将来のために「変化」を恐れず受け入れていくのです。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
苦痛を伴う変化について綴られていました。
それでも歌詞を紐解いていくと主人公の強さや前向きな姿勢に励まされ勇気づけられます。

またハイテンポで刻まれるビートが、聴く人を目標に向かって押し出してくれるように感じました。

2020年に改めて聴いても当時と変わらぬパワーがあると実感しています。
最近のmiwaさんはクールな曲調が多かったので、とても懐かしい感じがしました。

胸を熱くさせる楽曲に感謝します。
今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。

ここまで記事を読んで下さりありがとうございました。

2 件のコメント

    • 眠り姫さん応援コメント有難うございます!

  • コメントを残す