milet『Runway』歌詞の意味を考察・解釈

So I’m not gonna change no more
壊れそうな機体は今にも fall
操縦だけじゃ can’t control
終わらない でもまだ止まれない

どこを探したって見えない夜でも また今も
どこかにいるから 聞こえた声まで

I know ‘cause we’re together
I’ll go wherever you will go
灯りもない滑走路
誰もここに居なくたっていい

‘Cause we’re together
I’ll go wherever you will go
見えなくなってるサイン
辿り着くまで飛んで we’re lost together

So close your eyes and open your mind
見渡せば端もない夢でもない
正体のない smoke and noise
もう誰がここに居ても聞こえない

どこを探したって見えない夜でも また今も
勝算のない道でも私はここから

I know ‘cause we’re together
I’ll go wherever you will go
灯りもない滑走路
誰もここにいなくたっていい

‘Cause we’re together
I’ll go wherever
信じるものたった一つでいい
辿り着くまで飛んで we’re lost together

Just close your eyes and open your mind to fly high

I know ‘cause we’re together
I’ll go wherever you will go
灯りもない滑走路
誰もここにいなくたっていい

‘Cause we’re together
I’ll go wherever
信じるものたった一つでいい
辿り着くまで飛んで we’re lost together

はじめに

『Runway』とは2019年5月7日にネット上で公開された楽曲です。
同年5月15日リリースされるmilet 2nd EP『Wonderland EP』に収録されて
います。
動画再生回数は2週間経った現在100万を超える大人気ナンバーとなりました。

今作のMVは映像制作において高い実力を発揮している田辺秀伸さんが監督を務
めました。
特に暗がりに指す光のインスタレーションは見る人に希望や将来を感じさせる仕
上がりになっています。

白と黒のコントラストにmiletさんの頭上に広がる空の演出は実にエモーショナ
ルであり強く印象付けれらました。

それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていくことにしましょう。

タイトル『Runway』とは

『Runway』とは「滑走路」または「舞台から客席に通じる花道」を指します。
『Wonderland EP』収録曲は共通して「ショーや新世界に旅立つ」内容を扱っ
ているように感じます。

ですからタイトルは「夢の舞台、まだ見ぬ未開の地への道」を示しているのだ
と筆者は考えました。

MVでmiletさんは白い衣装で身を包み両手いっぱいに踊りながら歌っています。
まるで大空を両翼で自由に羽ばたく鳥のように、また高速で通り抜けるジェット
機のように見えますね。

『Runway』歌詞の意味

傷ついた翼で夜を羽ばたく

So I’m not gonna change no more
壊れそうな機体は今にも fall
操縦だけじゃ can’t control
終わらない でもまだ止まれない

どこを探したって見えない夜でも また今も
どこかにいるから 聞こえた声まで

今回の考察では一人の主人公を主軸に考えてい
きたいと思います。

「So I’m not gonna change no more」とは
「だから私はこれ以上、変えることはしない」
という主人公の決意を表しています。

ここでの「だから」は後の部分と繋がっており
「誰かの声」に励まされ勇気づけられたのだと
解釈できます。

長距離飛行で体力を失いかけた鳥のように、ま
た翼に異常が発生したジェット機のように主人
公は満身創痍でした。

「fall」は「落ちる」を意味する単語です。
ですから主人公は人生の長旅で墜落するかのよ
うな気持ちを経験したのでしょう。

それでも自分を陰ながら応援してくれる誰かの
存在は「もう一度羽ばたこう」と思わせてくれ
るのでした。

人は誰でも新たな挑戦や未開拓の地に赴く時、
先行き不安になります。
真っ暗な夜空を彷徨っている気分にもなります。
それでも主人公はあきらめませんでした。

称賛も勝算もない一人旅でも

So close your eyes and open your mind
見渡せば端もない夢でもない
正体のない smoke and noise
もう誰がここに居ても聞こえない

どこを探したって見えない夜でも また今も
勝算のない道でも私はここから

「So close your eyes and open your mind」
とは「だからあなたの目を閉じて、そしてあな
たの心を開いてください」という意味です。

ここでのだからは「どこを探したって見えない
夜」にかかっています。
視覚に頼ってもなんの支えにもならない状況下
では意味がないことを指しています。

ですから「心を開く」つまり自分のフィーリン
グで勝負していくことを主人公は決めていまし
た。

そして世界のどこか、姿は見えませんが自分と
同じように旅する仲間にも上記の決意を抱いて
欲しいと願っているのです。

見るものがすべてではない、見えないものを感
じるまた信じることの大切さを暗示しているよ
うにも思えます。

miletさんご自身もMVで両手を広げて風を受け
止めているようでした。

このシーンで筆者は「風は目でとらえるもので
はないでしょ。身体全体で感じるもの」という
メッセージ性を感じました。

歌詞の主人公も同じように感じているに違いあ
りません。
自分の努力を称賛する声も彼の努力が報われる
勝算も人生にはありませんでした。

それでも自分の力で懸命に将来を歩んでいくと
いう強くて確固とした意気込みを感じます。

たった一つの真実

‘Cause we’re together
I’ll go wherever
信じるものたった一つでいい
辿り着くまで飛んで we’re lost together

「’Cause we’re together」とは「一緒にいる
から」という温かな励ましの言葉です。
「I’ll go wherever」は「どこへ行っても」と
なり前述につながる言葉です。

上記を言い換えると「世界中へ羽ばたく仲間へ、
私はどこへ行ってもあなたたちと共にいる」と
いう確信のこもった一言となるでしょう。

誰かからこんな激励の言葉をかけて貰えたらな
とても嬉しいですね。
一人でも大丈夫だと思えるかもしれません。

「we’re lost together」とは「私たちは一緒に
迷っている」という意味です。
実際に近くにはいませんが同じような問題に悩
み苦しんでいるという趣旨なのでしょう。

そして「辿り着くまで」とは問題の解決策を見
出すまで問題から逃げないで欲しいとの願いを
表現していると解釈しました。

そして主人公が歌詞の中で繰り返し強調してい
る「信じるものたった一つ」とは「一人旅にお
いても支え合う仲間が世界には大勢いる」とい
う事実のことでしょう。

この事実への不動の確信がある限り、主人公の
旅路は明るく希望に満ちたものになることでし
ょう。

今宵、夜空には誰も知らない誰も聞こえない主
人公の羽根音が響き渡るのでした。

まとめ

「自分の頑張りや努力って誰か気づいてくれてる?」
このように気になった方は大勢いるのではありませんか。
自己評価だけでは本当の自分の価値を把握できないと感
じるのはごく自然のことです。

それでも今作の歌詞考察から自分自身の強い信念を持っ
て生活していくことの美しさや素晴らしさを学べました。

山にこもったり集団行動を完全に控えて「孤高の人」に
なる必要はないと思います。
それでもすべて共存ではなく主体性を持って人生を歩ん
で行く人は「気高い人」だとも考えられます。

皆さんにも自分の身近な目標や夢があると思います。
自分の前に用意されたRunwayをしっかり踏みしめて
目標や夢を掴むまであきらめないで欲しいと筆者は願
っております(陰ながらひっそりと 笑)

miletさんの今後の活動と次回作に期待し注目していき
たいと思います。

空間を震撼させるような厚みのあるハスキーボイスも
堪能することができました。
有難うございます。

コメントを残す