まふまふ『すーぱーぬこになれんかった』歌詞の意味を考察・解釈

やっぱりぬこになれんかった

~キャットショッピング~
「もしかすると、生まれる種族を間違えたのかもしれない。」
そんな貴方に!いつでもぬこになれるこちらの新商品をご紹介

寄せる人波 葉っぱホレホレ
どっかに隠れてやり過ごし隊
人の目に触れたくない

理想の大人になったつもりが
きっと見世物の傷増やして 道をそれ
気づけばこんなポンコツになっていた

ぬこになりたきゃ手を叩け はい!

ぬこになりたきゃ手を叩け はい!
君になりたいにゃ!

にゃ にゃ にゃ
にゃーっと戦いて走り出せ
金輪際知りたくない世の身勝手に
愛も希望も七転び よろけて八転び

何食わぬ顔をして
大人の事情ならどっかに放っぽって
今日の寝床と明日の朝ごはんを探しませう

やっぱりぬこになれんかいにゃ? な?

血統 生い立ち その他もろもろ
そんな紙ペラが値踏みをした
ふざけるな ふざけるな

あっちの公園 ペット売り場に
地球の裏側 古今東西
君はいない 君は君ひとりしかいないんですよ!

ぬこになりたきゃ手を叩け はい!

ぬこになりたきゃ手を叩け はい!
何でもするから!

にゃ にゃ にゃ
にゃーっと丸まってもぐり込め
人の寝静まる夢の隙間
何と素敵な物語
こそこそつまみ食い

お叱りは専門外
受付中止の永年休業中
まばたきの隙を見て あくびをかましましょう

やっぱりぬこになれんかいにゃ?

あっちへ行こう こっちへ行こう
どこへ行こうとボクの未来
邪魔をするなら容赦はできないなあ
爪立ててやる!

にゃんちゃって♪

にゃーっと戦いて走り出せ
金輪際知りたくない世の身勝手に
愛も希望も七転び よろけて八転び

何食わぬ顔をして
大人の事情ならどっかに放っぽって
今日の寝床と明日の朝ごはんを探しませう

こんな世界とおさらばして
やっぱりぬこになれんかいにゃ?


はじめに

『すーぱーぬこになれんかった』とは2019年4月6日にネット上で公開された
楽曲です。
動画再生回数は投稿から僅か2日で40万回を超える人気っぷりです。
ファンはもちろん多くのリスナーが高い関心を抱いているのがわかりますね。

まふまふさん春の新曲は「猫」を題材にした作品となっています。
前作「ナイティナイト」の犬から動物シリーズが続いています。
犬派と猫派の両方をカバーしたというところでしょうか。

しかし今回は猫になろうとしているあたり、まふまふさんは猫派なのでしょう
か(笑)
とても愛らしい猫とキャラクターが登場しており、一度PVをご覧になれば癒し
効果絶大でしょう

今作の曲調は「猫音頭」といった印象を受けました。
曲の3分の1くらいに合いの手が入りテンポ重視の構成になっています。
歌は鏡音レンをあてていますが合いの手は鏡音リンが担当しています。
頑張って猫になろうとしているまふまふさんには特に注目です

タイトル『すーぱーぬこになれんかった』とは

「ぬこ」とはネット上で生み出された「猫」を指す造語です。2003年
~2005年の間に流行り始めたとされています。

『supre』は「超」また「優れた」という意味を持つ英単語です。
そして注目したい点は「管理人」という意味でも用いられる点です。
これらの意味を踏まえるとタイトルは「超優れた猫になれなかった」
もしくは「管理人は猫になれなかった」という意味だと思います。

PVに登場する男の子はまふまふさんとして理解して良いと思います。
ある人の気持ちというよりまふまふさん自身が猫になりたくて必死、
という印象をPVと歌詞から受けたからです。

歌詞に暗喩的な要素で隠されたダークな部分にも迫りたいと思います。
それではさっそく歌詞の考察へと進んでいきましょう。


『すーぱーぬこになれんかった』歌詞の意味

人の夢は儚い

やっぱりぬこになれんかった

~キャットショッピング~
「もしかすると、生まれる種族を間違えたのかもしれない。」
そんな貴方に!いつでもぬこになれるこちらの新商品をご紹介

寄せる人波 葉っぱホレホレ
どっかに隠れてやり過ごし隊
人の目に触れたくない

理想の大人になったつもりが
きっと見世物の傷増やして 道をそれ
気づけばこんなポンコツになっていた

今作では「ぬこ」つまり猫になることは「無活動あるいは
リラックスした状態になる」ことを指しているようです。
また「誰の指図も受けずに自由気ままに生きる」という点
も暗示しているように思えます。

PVの主人公は自堕落な生活を送っているようです。
昔は理想の大人を目指して頑張って来ました、自分の努力
が他者に認められず部屋に引きこもってしまったのです。

PVでは「用紙」のようなものがたくさん降り注いでくるシ
ーンがありました。
歌詞と併合して考慮すると恐らく履歴書なのだと思います。

自分は周りに受け入れられる、努力は実るなどの願いはこ
とごとく大人たちの前で玉砕していったのでしょう。
そうしたことを経験していくうちに彼は自分が「見世物」
になっているように感じ傷ついていきました。

こんなポンコツとは「ネットショッピング」で楽が出来る
商品を買いあさり部屋で自堕落を満喫している自分のこと
だと思います。

彼が猫の被り物をしているのは、大人として平衡の取れた
自由を満喫しているのではなく中途半端な自由、つまりた
だの自堕落であることを示しているように感じました。


飛べなくなった「転倒」無視

ぬこになりたきゃ手を叩け はい!

ぬこになりたきゃ手を叩け はい!
君になりたいにゃ!

にゃ にゃ にゃ
にゃーっと戦いて走り出せ
金輪際知りたくない世の身勝手に
愛も希望も七転び よろけて八転び

完全なる自由を求める男の掛け声が響き渡ります。
彼は大人に指図されたり否定される人生を望みま
せん。

「世の身勝手」とは大人たちの都合で自分を評価
されることを述べているのでしょう。
彼にはもう誰かを愛する余力も何かを希望として
生きる気力もありませんでした。

普通は「七転び八起き」という言葉が用いられま
すが、ここでは七回転んだあとも起き上がれず転
んでいます。

彼は愛や希望に向かって飛び立つことをやめ、転
倒してもそれを無視し続ける生き方を選びました。

過小評価に抗う

血統 生い立ち その他もろもろ
そんな紙ペラが値踏みをした
ふざけるな ふざけるな

あっちの公園 ペット売り場に
地球の裏側 古今東西
君はいない 君は君ひとりしかいないんですよ!

「血統や生い立ち」という生まれた時から定まっ
っていたもので価値は決まらないことをここでは
述べています。

主人公はそうしたものを「紙ペラ」と称しており
無価値に等しいと思っていました。
そんなものが自分の値札となって価値を決めるこ
とに納得がいかないのです。

さらに「君はひとりしかいないんですよ!」と感
嘆符で強調されているように、己の価値を過小評
価しないように言っていますね。


「クウネルキャット」断念

何食わぬ顔をして
大人の事情ならどっかに放っぽって
今日の寝床と明日の朝ごはんを探しませう

こんな世界とおさらばして
やっぱりぬこになれんかいにゃ?

主人公は何食わぬ顔をして平然と日々を過ごして
いました。
社会人として、自活、将来、昇進など大人の事情
はすべてどこかに放り捨てたようです。

筆者の独自性全開の見出しである「クウネルキャ
ット」とは彼の最大の関心事である「食う」「寝る」
を併合した名称です。

「それ以外にも重要なことはたくさんある」と語り
かけてくる世界とは関わり合いを持ちたくないとも
思っています。

彼は現在の、誰からも指図も低評価もされない自由
気ままなぬこのような生活を愛しているのです。
それでも彼は大人ですからある程度、働かなければ
なりませんし面倒ごともこなさなければいけません。

ですから完全な自由、つまり「理想のぬこ」になる
ことはできませんでした。

この部分は毎月ハードスケジュールをこなしている
であろうまふまふさんの生活を連想させますね。

忙し過ぎるとたまには「ぬこになってのんびりした
い」と感じるのも当然だと思います。
今作完成までにもかなりの労力を払ったことですし
まふまふさんに一握りの憩いを、、、。

まとめ

誰しも忙しい毎日に忙殺されると「ぬこ」みたいな
自由気ままな生活を過ごしたいと感じるのではない
でしょうか。

行き過ぎると自堕落になってしまいますが、適度な
自由は心身ともに健康になるので良いと思います。

猫派な筆者もPVを見てとっても癒されました。
休日は布団の上でゴロンして今作を聞いていたいで
すね。

まふまふさんの今後の活動と次回作が待ち遠しいで
すね。



この記事をシェアする!