King Gnu『The hole』歌詞の意味を考察・解釈

晴れた空、公園のベンチで1人
誰かを想ったりする日もある
世界がいつもより穏やかに見える日は
自分の心模様を見ているのだろう

吐き出せばいいよ
取り乱せばいいよ
些細な拍子に
踏み外してしまう前に

愛を守らなくちゃ
あなたを守らなくちゃ
消えそうな心の声を聞かせて

ぽっかりと空いたその穴を
僕に隠さないで見せておくれよ
あなたの正体を
あなたの存在を
そっと包み込むように
僕が傷口になるよ

気づけば誰かの物差しで
人と比べた未来に傷ついて
身体にぽっかりと空いたその穴を
埋めてあげることが出来たのなら

逃げ出せばいいよ
全てを放り出せばいいよ
些細な拍子に
壊れてしまう前に

愛を守らなくちゃ
あなたを守らなくちゃ
消えそうな心の声を聞かせて

ぽっかりと空いたその穴を
僕に隠さないで見せておくれよ
傷には包帯を
好き勝手放題の
世界から遠ざけるように
僕が傷口になるよ

愛する誰かが自殺志願者に
僕らはそのくらい脆く不確かで
愛を守らなくちゃ
あなたを守らなくちゃ
世界の片隅に灯るかすかな光を
掻き集めて

この世界の
希望も絶望も
全て飛沫をあげて
あなたに降り注ぐのなら
あなたの正体を
あなたの存在を
そっと庇うように
僕が傷口になるよ

はじめに

『The hole』のMVが2019年5月16日にネット上で公開されました。
同年1月16日にリリースされた2nd ALBUM「Sympa」に収録されています。
動画再生回数は数時間の内に10万を優に超え上々の滑り出しを見せています。

『Sympa』リリース前に(常田)大希から「The hole」を聴かせてもらったとき、今までとはひと味違う骨太なバラードで、King Gnuはまたあらたな地平を渡ろうとしているんだ、と思いました。今回のMVは、人が恋をしていると実感できる、様々な“その瞬間”を捉えようと、最初に曲から受けた直感的なイメージを大事にしながら物語を紡ぎました。実現に当たり、見事に応えてくれた役者の“いい顔”をぜひ観てください。


https://www.m-on-music.jp/0000343082/ M-ON!MUSICより

MV主演は清水尋也さんが担当しておりナチュラルからクールまで色々な表情
を見せてくれます。
彼の相手役を務めるのは女優の夏子さん、男性友達はモデルの神庭昇平さんと
なっています。

3人の熱演振りは監督の「見事にこたえてくれた役者」という評価に裏打ちされ
たものです。

MVのストーリーを簡単に説明すると、主人公の男性には交際相手が2人います。
一人は女性でありもう一人は男性です。
ですから主人公はバイセクシャル(両性愛者)という設定になっています。

上記は一種の性的指向でありこれを容認する人もいれば問題視する人もいるよ
うです。
MVの主人公は問題としており長年心痛と苦悩を抱えているようです。

本考察では考察がメインとなるのでこの点についての一切の討論を抜きにして
「主人公が抱える一つの問題」として扱いたいと思います。

それではさっそく歌詞の考察を始めていきたいと思います。

タイトル『The hole』とは

『The hole』とは「穴」または「破れ」を意味する英熟語です。
通常は衣服にあいた穴、その破れというように物に対して用いられます。

しかし今作では「主人公含む登場人物の心の穴」と解釈できます。
主人公はそれらを埋めようと必死で立ち回ります。
動機は相手の心の穴を埋めることで安心感や満足感を得て欲しいからです。

それでも彼が立ち回れば立ち回るほど誰かが傷ついてしまいます。
そして誰の心の穴も埋めることもふさぐこともできない、むしろ穴を広げ
ているということを実感してしまうのです。

『The hole』歌詞の意味

空模様に彩を添える心模様

晴れた空、公園のベンチで1人
誰かを想ったりする日もある
世界がいつもより穏やかに見える日は
自分の心模様を見ているのだろう

主人公は1人で公園のベンチに座り快晴を
満足げに見上げていました。
彼は好きな人を思い浮かべ物思いにふけっ
ていたのでしょう。

そうしているといつもの快晴がさらに心地
よく美しく見えてしまうのでした。
純粋に1人で1人の人を想うとき心は非常
に晴れやかな状態だったのです。

自分なりの「必死」で

吐き出せばいいよ
取り乱せばいいよ
些細な拍子に
踏み外してしまう前に

愛を守らなくちゃ
あなたを守らなくちゃ
消えそうな心の声を聞かせて

主人公は自分なりの「必死」で彼女を、
そして男友達を守ろうとしました。
二人には同じだけの優しさや気遣いを
示していました。

「些細な拍子に踏み外してしまう」と
は自分との交友関係、または恋愛関係
が終わることを指しているのでしょう。

彼の「あなたを守らなくちゃ」に該当
するのは貴女である彼女と貴方である
男友達なのだと読み解きました。

二人の消えそうな自分への本心を逃す
まいと主人公は必死に耳を欹てるので
した。

塩の付着した絆創膏

ぽっかりと空いたその穴を
僕に隠さないで見せておくれよ
あなたの正体を
あなたの存在を
そっと包み込むように
僕が傷口になるよ

気づけば誰かの物差しで
人と比べた未来に傷ついて
身体にぽっかりと空いたその穴を
埋めてあげることが出来たのなら

主人公は女性とも男性ともハグし関係を維持して
目の前の相手を慰めようとします。
傷ついた人を癒す包容力が必要だとも感じていた
のでしょう。

相手が一途な純愛を希望するとしても、バイセク
シャルだったとしてもすべて受け入れる身構えで
いるのです。

この点から彼の性格が正邪がはっきりしていた場
合でも一つの結論を導き出せないタイプだと理解
できます。

自分が絆創膏の役目を果たし傷口を塞ぐことを切
望しているのです。
さらに「自分が傷口になる」つまりそのためなら
自分が代わりに傷つく覚悟でいるのです。

それでもMVを見る限り誰の傷口、心の穴を塞ぐ
ことは出来ませんでした。
むしろ彼女に自分がバイセクシャルであることを
知られ(もしくは話して)深く傷つけます。

男性にも同様の感情を持たせたに違いありません。
どちらをも優先できない彼の優柔不断さが災いと
なり結局だれの穴も覆うことはできませんでした。

まるで絆創膏の患部にあてがう部分に塩が塗られ
ているように、相手の心を覆うとすればするほど
痛みと不快感を与えてしまうのでした。

それでもMV最後には主人公と彼女はお互い和睦
しキスを交わすシーンが見られます。

これには彼女が彼のすべてを容認したという点、
もしくは彼が彼女を一途に思うことにしたという
点のどちらかが含まれるのだと筆者は思います。

個人的には一人の女性を最後まで想い愛し続けて
いって欲しいと願うばかりです。

まとめ

かなり重たいテーマを扱ったMVだったと思います。
King Gnuが扱うテーマはいつも重たくアダルティな
ものが多いので心が揺さぶられますね。

それに呼応するかのようにメロディラインも実に複雑
であり、切なさや悲しみ綺麗さなどを表現しています。
2nd ALBUM「Sympa」のラストを飾るに相応しい「
終局」を感じさせるバラードに仕上がっていましたね。

歌詞からも誰かのために立ち回りながらも、己の不器
用さや性格が災いして傷つけてしまう人物を観察する
ことができました。

非情にリアルで意義深いテーマだったと思います。
MVは衝撃的でしたが考えさせられましたね。
いつもながらガラスのように透き通る裏声に魅了
され惚れ惚れしました。

King Gnuの今後の活動と次回作にも注目し期待し
たいと思います。

コメントを残す