欅坂46『避雷針』歌詞の意味・考察と解説

遮断機 降りたままの開(あ)かずの踏切みたい
心を閉ざして僕をいつまで待たせるんだ?
君っていつも何か言いかけて 結局 言葉飲み込むよ

古着が好きなのは 知らない誰かになって
本当の自分隠して 演じてみたいだけ
今日の生き方も誰かのお古なのか どうせまたフリマ行き

どうでもいいけど…
どうでもよくないし…
どうにでもなればいい
毒にも薬にもならない日常はチクタクとただ繰り返す
無駄が僕たちの特権だって主張して…
勿体無い生産性がないとか大人から見れば腹立たしい?
君は何を放棄したんだ?
そして何を諦めたんだ?
でも強がって微笑む?
そんなに不幸に見えないのはなぜ?

君が気になってしまうよ
AH- 面倒臭いその存在
だって
誰も理解できない
ネガティブ ネガティブ ネガティブ
暗い目をしている
そんな不器用さを守るには
僕がその盾になるしかない
世の中の常識に傷つくのなら
君の代わりに僕が炎上してやるさ
いつだってそばで立っててやるよ
悪意からの避雷針

警報機 鳴りっぱなしで意思なんか通じない
上下線 何回 通り過ぎれば開(あ)くんだろう?
ずっと前から知っていたはずさ 電車なんか来ないって…

一人が楽なのは話さなくていいから
わかってもらおうなんて努力もいらないし…
何も関わらず 存在知られたくない フェードアウトしたくなる

それでもいいけど…
それでも息をして…
それでも生きてるし…
いくつの扉を閉めたり鍵を掛けて引きこもってじっとして
ただ儚(はかな)すぎるこの若さ萎(しお)れるまで
使い切れず持て余す時間 過保護な夢を殺すだけだ
僕は何に惹かれたの?
僕は何に期待するの?
僕も不幸に見えると言うのか?

無関心は味方だ
(君は感動のない眼差しで僕を見ていた)
いつだって味方だ
(信じることは裏切られること 心を開くことは傷つくこと
落雷のような悲しみに打たれないように…)

僕はどっち側にいるの?
AH- 扱いにくいその価値観
だから
きっと目が離せない
ポジティブ ポジティブ ポジティブ
君は君のままで…
どんな理不尽だって許容できるさ
気配を消して支える

重箱の隅を突(つつ)かれたって
僕が相手になってやる
平凡な日々を今約束しよう
ここにあるのは愛の避雷針

はじめに

2017年に発表された欅坂46の5枚目のシングル『風に吹かれても』のカップリング曲
である『避雷針』。

ファンの間で根強い人気を誇る曲であり、その理由はメッセージ性溢れる
歌詞にあるとされています。

またその人気を示すようにカップリング曲でありながらYoutubeの再生回数は
300万回を突破しています。

果たしてその歌詞はどのような内容なのでしょうか。
早速歌詞考察と参りましょう。

歌詞考察

君と僕の微妙な関係

遮断機 降りたままの開(あ)かずの踏切みたい
心を閉ざして僕をいつまで待たせるんだ?
君っていつも何か言いかけて 結局 言葉飲み込むよ

古着が好きなのは 知らない誰かになって
本当の自分隠して 演じてみたいだけ
今日の生き方も誰かのお古なのか どうせまたフリマ行き

どうでもいいけど…
どうでもよくないし…
どうにでもなればいい
毒にも薬にもならない日常はチクタクとただ繰り返す
無駄が僕たちの特権だって主張して…
勿体無い生産性がないとか大人から見れば腹立たしい?
君は何を放棄したんだ?
そして何を諦めたんだ?
でも強がって微笑む?
そんなに不幸に見えないのはなぜ?

一番Aメロ〜Bメロです。

このパートは「遮断機 降りたままの開(あ)かずの踏切みたい
心を閉ざして僕をいつまで待たせるんだ?
君っていつも何か言いかけて 結局 言葉飲み込むよ」という歌詞から始まります。

この歌詞により、「君」が主人公に対して心を閉ざしているけれど
同時に何かを伝えようと努力しているという微妙な関係であることがわかります。

そして「毒にも薬にもならない日常はチクタクとただ繰り返す
無駄が僕たちの特権だって主張して…」
とどこか投げやりな思いを抱えて生きる二人の姿が描写されます。

君の避雷針に

君が気になってしまうよ
AH- 面倒臭いその存在
だって
誰も理解できない
ネガティブ ネガティブ ネガティブ
暗い目をしている
そんな不器用さを守るには
僕がその盾になるしかない
世の中の常識に傷つくのなら
君の代わりに僕が炎上してやるさ
いつだってそばで立っててやるよ
悪意からの避雷針

一番サビです。

一番Aメロ〜Bメロでは完全に心を許したわけではないけれども、同じ思いを
抱える主人公たちの姿が描写されました。

ここではそんな同じ思いを抱えつつも中々心を開かない相手に対して
「君が気になってしまうよ」という歌詞が綴られます。

そしてその思いは募り、「世の中の常識に傷つくのなら
君の代わりに僕が炎上してやるさいつだってそばで立っててやるよ
悪意からの避雷針」と「君」を守ろうと決意するのです。

タイトルの『避雷針』とは気になる相手を守ろうとする主人公の姿であった
ことがここで明らかになります。

無為にすぎる時間に対する自問自答

警報機 鳴りっぱなしで意思なんか通じない
上下線 何回 通り過ぎれば開(あ)くんだろう?
ずっと前から知っていたはずさ 電車なんか来ないって…

一人が楽なのは話さなくていいから
わかってもらおうなんて努力もいらないし…
何も関わらず 存在知られたくない フェードアウトしたくなる

それでもいいけど…
それでも息をして…
それでも生きてるし…
いくつの扉を閉めたり鍵を掛けて引きこもってじっとして
ただ儚(はかな)すぎるこの若さ萎(しお)れるまで
使い切れず持て余す時間 過保護な夢を殺すだけだ
僕は何に惹かれたの?
僕は何に期待するの?
僕も不幸に見えると言うのか?

二番Aメロ〜Bメロです。

「一人が楽なのは話さなくていいからわかってもらおうなんて努力もいらないし…」
と引き続き、どことなく無気力な印象を続ける歌詞が綴られます。

しかし、そんな自分に対して「僕は何に惹かれたの?僕は何に期待するの?」
と疑問を持ち始めます。

大切な相手の避雷針になろうという強い決心をしたことから気持ちに変化が
起こったいうことでしょうか。

主人公の中で起こり始めたこの気持ちの変化はどのようになっていくのでしょうか。
二番サビへと続きます。

揺らぎながらも決めた一つのこと

無関心は味方だ
(君は感動のない眼差しで僕を見ていた)
いつだって味方だ
(信じることは裏切られること 心を開くことは傷つくこと
落雷のような悲しみに打たれないように…)

僕はどっち側にいるの?
AH- 扱いにくいその価値観
だから
きっと目が離せない
ポジティブ ポジティブ ポジティブ
君は君のままで…
どんな理不尽だって許容できるさ
気配を消して支える

重箱の隅を突(つつ)かれたって
僕が相手になってやる
平凡な日々を今約束しよう
ここにあるのは愛の避雷針

二番サビです。

揺らぎ始めた自意識に対して「僕はどっち側にいるの?AH- 扱いにくいその価値観」
と自問自答を繰り返す歌詞が綴られます。

しかしこのように迷いながらも「君は君のままで…どんな理不尽だって許容できるさ
気配を消して支える」と相手のことを第一に考える歌詞が続くのです。

そして「ここにあるのは愛の避雷針」と一番サビと同様、避雷針となって
大事な相手を守ると決意を新たにするのです。

終わりに

欅坂46ファンの間で根強い人気を誇る『避雷針』。

その歌詞の内容は大事な相手を支えようとする主人公の姿でした。

人気がある理由はファンがこの主人公の姿に自分を重ねるからではないかと
推察されます。

そんなライブ定番曲でもあり、これからも歌い継がれるであろう名曲『避雷針』。
歌詞の意味を考え、その世界観にぜひ浸ってみてください。

2 件のコメント

  • 避雷針の「いつだってそばで立っててやるよ」は心がふるえる。「僕」が「君」を何があっても、どんなことがあっても守るという決意したところだから。

    • ふうさんコメント有難うございます。
      歌詞に言及して登場人物の決意を明らかにして
      下さり感謝します。
      確かにこの部分は心が震えますね!

      これからもSugar&Salt Musicを宜しく
      お願いします!

  • コメントを残す