関ジャニ∞『友よ』歌詞の意味を考察・解釈

なぁ友よ 人生って最高だろう?
だからやめられないんだろう

古き良き時代はとうに過ぎ
新たな歴史の幕開けと右往左往
めまぐるしい流れの中どっかに
心置いていかぬようまた意地になる

今日もわーわーわめき散らす
成長できない俺達が
この身に代えてでも守りたいものは
1円にもならない“信念”ってやつだったりするんだよ

答え無き時代に 惜しみない愛を
夢見て 打ちのめされて また夢を見るんだ
なぁ友よ 人生って最高だろう?
だからやめられないんだろう

ダセぇ人間と笑われるのはいい
くだらねぇ人間と呼ばれるは腹が立つ
たかだか一画面くらいの文字数で
人を簡単に定義するなバカヤロー

今日もわーわーわめき散らす
成長できない俺達が
この身に代えてでも守りたいものは
1円にもならない“信念”ってやつだったりするんだよ

答え無き時代に 揺るぎない覚悟
夢見て 打ちのめされて また夢を見るんだ
なぁ友よ 人生って最高だろう?
だからやめられないんだろう

答え無き時代に 惜しみない愛を
夢見て 打ちのめされて また夢を見るんだ
なぁ友よ 人生って最高だろう?
だからやめられないんだろう

(君がいる時代に 惜しみない愛を)

やんややんやとわめき散らしながら 思いのままに生きてやれ!

なぁ友よ 人生って最高だろう?
だからやめられないんだろう

歌詞考察の前に

人気アイドルグループ「関ジャニ∞」より『友よ』が2019年11月27日にシングルリリースされました。

同曲は、2019年10月12日から日本テレビ系「土曜ドラマ」で放送されているテレビドラマ「俺の話は長い」の主題歌になっています。

今作について述べられたドラマサイト内の、そして関ジャニ∞メンバーの横山裕さんやドラマ主演の生田斗真さんのコメントを見てみたいと思います。

『なぁ、人生って最高だろう?』答えが無いこの時代を一緒に生きる全ての“友”に向けて、関ジャニ∞の惜しみない愛と揺るがない覚悟を、無骨で力強い楽曲に絞り出すように吹き込んだ応援歌。
繰り返した挫折の数だけ何度でも背中を押してくれる、打ちのめされた心を何度でも奮い立たせてくれる、そんな関ジャニ∞の究極のエールになっている。
https://www.ntv.co.jp/orebana/articles/333tgbqxlxqs3skwzmn.html  日テレ公式サイトより

横山裕のコメント
僕にとっての大切な“友”である斗真の作品を、
今の関ジャニ∞の魂が詰まった楽曲で、
全身全霊背中を押していければと思います!

https://www.ntv.co.jp/orebana/articles/333tgbqxlxqs3skwzmn.html  日テレ公式サイトより

生田斗真のコメント

彼らとは本当に『長い』付き合いですので、こうして歌でバックアップしてもらえる事、本当に本当に嬉しく思っています。
https://www.ntv.co.jp/orebana/articles/333tgbqxlxqs3skwzmn.html  日テレ公式サイトより

サイト内コメントからは令和を生きるすべての人を対象に「友」としていること、そして関ジャニ∞の惜しみない愛と揺るがない覚悟が含まれた応援歌であることを理解できます。

また横山裕さんと生田斗真さんのコメントからは、互いを支え合い友情を育んでいる様子を見て取ることができます。

歌い手からドラマ主演に、さらには聴く人すべてに届ける熱き応援歌の歌詞をさっそく紐解いてみたいと思います。

タイトル『友よ』とは

前述の3つのコメントからもわかるように、今の時代を生きるすべての人が対象となり「友」と表現されています。

関ジャニ∞にとってのファンは勿論、ファンでない人たちにも向けられた応援歌です。

この意図通りになっていると筆者が感じたのは、動画コメント欄では「ファンではないがこの曲は好き」というコメントを多数見かけました。

彼らの熱い想いがファン以外の心に届き背中を押したのだと思います。
グローバルな絆を連想すると同時に彼らの愛を存分に感じることのできるタイトルだと思います。

『友よ』歌詞の意味

人生は最高だ

なぁ友よ 人生って最高だろう?
だからやめられないんだろう

今回の考察では一人の男性主人公を主軸に進めていきたいと思います。

歌詞冒頭で彼は友人(性別や年齢は特定しない)に向けて「人生って最高だろう?」と投げかけています。

続く「だからやめられないんだろう」とはどういう意味なのでしょうか。

それは「諦めない」または「文字通り生きて行くのをやめない」という意味だと解釈しました。

やんわりとしたニュアンスであれば「夢や目標」を諦めないことに主人公が言及しているように思えます。

重たいニュアンスとしては「命を軽視して死んじゃいけない」という点に触れたのかもしれません。

いずれにせよ彼の投げかけに「友」は同意したことでしょう。

デジタルな世界に

古き良き時代はとうに過ぎ
新たな歴史の幕開けと右往左往
めまぐるしい流れの中どっかに
心置いていかぬようまた意地になる

ここでは主人公が時代の回想をしています。
「古き良き時代」の尺度は年齢によって異なるでしょう。

例えば「バブル崩壊前」を引き合いに出す方もおられるでしょう。
さら先輩になってくると「戦時中」の話になってくるかもしれません。
物は豊かになったが心は貧しくなったというお話をたまに聞きます。。

筆者が音楽に関して言うならば8cmCDの時代良かったなぁと(笑)
当時はそのCDにアダプタつけないと聞けないコンポとかも(懐かし)
今では1曲、数百円でダウンロードできる時代になりました。

便利な反面、味気なさも感じつつ、、それでも時代の流れを甘受しなければならないと主人公も感じていたのでしょう。

「新たな歴史の幕開けと右往左往」とあるように「新しいもの」に人は戸惑いを感じるものです。

皆さんはどんな点で上記のように感じたでしょうか。

少し時代を遡りますが「ガラケーからスマホへの変更」「ユーチュ―バーを職業にする人たち」「人が歌わないボカロの技術」「Vチューバ―」「流行語しか喋らない我が子」などでしょうか(思いつくままに)

誰しも戸惑いを感じる時には次のように考えることがあるかもしれません。

「あまり考えないようにしよう」

難しいことや理解出来ない事に対して人は思考を停止する場合があります。
そうすると考えなくなるので当然、心に残ることも感じることもなくなります。

歌詞の「心置いていかぬようまた意地になる」とはそのような点に関係しているのだと筆者は解釈しました。

値段がつかない?つけられない?

今日もわーわーわめき散らす
成長できない俺達が
この身に代えてでも守りたいものは
1円にもならない“信念”ってやつだったりするんだよ

ここでは主人公が大切に思っているものに焦点が当てられています。

それは「信念」です。
信念とは「何かを堅く信じること」です。

ここでドラマの主人公を少し思い起こしてみたいと思います。

彼は31歳ニートであり口喧嘩が強いです。

少なくとも「今は働かなくて良い」という事や「俺は誰でも論破できる」という事に信念を持っていることがわかります。

彼だけでなく歌詞中の主人公、しいてはすべての人になにかしらの信念があるかもしれません。

それでも身近な人からあるいは世間から見れば「1円にもならない」無価値なものかもしれません。

それでも本人にとっては生涯かけても守り通したい大事なものなのです。

RPGにおいても「だいじなもの」に該当する物は「売れない」ですし「捨てられません」。

お金にはなりませんが絶対に必要な局面があるのです。
信念はそれと似ているのかもしれません。

SNSに打ちのめされるな

ダセぇ人間と笑われるのはいい
くだらねぇ人間と呼ばれるは腹が立つ
たかだか一画面くらいの文字数で
人を簡単に定義するなバカヤロー

ここは歌詞全体の中で最も過激なフレーズが登場します。

主人公はSNSでの評価について述べているのでしょう。
「一画面くらいの文字数」とはスマホあるいはPCの画面で見られる文字数を示唆しているのかもしれません。

そこには彼の低評価や批判が綴られていたのかもしれません。

「ダセぇ」「くだらねぇ」などの言葉が羅列されていたのでしょう。
彼は表面的な部分への否定は笑っていられますが「生き方や価値観」を否定されることには憤慨するようです。

筆者もこれまで音楽考察記事だけでなく色々な記事を執筆してきました。
今でも「的外れ」「むかついた」などのコメントをたまに見かけます。

それでも「もっと楽しめばいいのに」と思う反面、次は「満足して貰えたらいいな」という気持ちで記事を執筆しています。

いずれにネット上の情報だけで誰かを簡単に定義したくはありませんね。
(歌詞のようにバカヤローとは叫びませんが 笑)

永遠の探し人

答え無き時代に 惜しみない愛を
夢見て 打ちのめされて また夢を見るんだ

この部分で主人公はたいへん興味深いフレーズを述べています。

「答え無き時代に」

ネットでなんでも調べられる時代において浮いたセリフかもしれません。
それでも「本当の幸せ」「人生を有意義なものにする」「人を大事にする」ことの意味を掴めないまま日々を過ごす人もいるでしょう。

小さい頃から愛されてこなかったことや、正邪を教えられてこなかったことが背景にある場合もあります。

ネットには上記で取り上げてた「本当の幸せ」「人生を有意義なものにする」「人を大事にする」ことについてのサイトがたくさん掲載されているでしょう。

それでも実際に身近な人から愛を持って教えられることには勝らないでしょう。
画面上の情報では実感が湧かずイメージできないのかもしれません。

「惜しみない愛」を定義づけるのは難しいことですが、少なくとも人と機械ではなく人と人とが触れ合う機会について論じられているような気がしました。

続く部分では夢を見て挫けたことが綴られています。

主人公自身の経験、あるいは挫けた友について述べているのだと思います。

寝る前に「絶対、夢なんて見ない」と誓っても見てしまうことがあります。
人は夢を見るか見ないかを自分で決めたり制御したりできません。

同じように、夢に破れ挫けて現実だけを直視するように努めても人はまた夢を見てしまうという事を歌詞は伝えているのだと解釈しました。

夢を見ることが生きているということであり、夢を見られるからこそ生きていけるんだというメッセージも歌詞から伝わってきます。

夢と幸せへの最適解を誰しもずっと探していくのかもしれません。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
たびたび「人生」という重く考え深いワードが出てきましたね。
またそれぞれの立場で時代を回想することが出来たのではないでしょうか。

懐かしいとか良かったと思える瞬間は人によってだいぶ違ってくると思います。
よくジェネレーションギャップという言葉が引き合いに出されますが、決して悪いことではないと筆者は思います。

ネットで知らない用語や情報を得るように、世代の違う相手から自分の知らない情報を得られたのですからそれはプラスです。

歌詞にもあったように興味ない、あるいは難しい分野に心を閉ざし「置き去り」にするのではなく広い視野と見聞を持って生きていきたいと思います。

関ジャニ∞の今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。
情熱的な作品をありがとうございました。

コメントを残す