日向坂46 『キュン』歌詞の意味を考察・解釈

キュンキュンキュン キュンどうして
キュンキュンキュン キュンどうして
I just fall in love with you
キュンキュンキュン切ない キュンキュンキュン切ない
You know, I can’t stop loving you


Sunday なぜなんて Monday 聞かないで
Tuesday きっと 理解できないだろう
Wednesday 毎日 Thursday 見かけて
Friday 思い続けて来たSaturday


もっと 会いたい なんて 不思議だ
きっと 僕は声を掛けられない
目と目 合うと 胸が締め付けられる

電車の窓 手鏡代わりに
春の制服 そっとチェックして
腕に巻いてた真っ黒なヘアゴムで
ポニーテールに髪を束ねた
「可愛い」


君のその仕草に萌えちゃって
あっという間に虜になった
静電気みたいにほんの一瞬で
ビリビリしたよ
何もなかったようにさりげなく
遠い場所から見守っていよう
そんな思いさえ気づいていない
余計に君を抱きしめたくなった


キュンキュンキュン キュンしちゃった
キュンキュンキュン キュンしちゃった
I just fall in love with you
キュンキュンキュン愛しい キュンキュンキュン愛しい
You know, I can’t stop loving you


そうさ あの日から ずっと 気になって
君のことで頭がいっぱいだ
夜が来ても なかなか眠れないんだよ


電車の中に紛れ込んで来た
モンシロチョウが肩に留まった時
君は両手でそっと捕まえて
開けた窓から逃がしてあげた
「好きだよ」


僕にできることは何でもしよう
君のためなら何でもできる
真っ白な心 汚れないように
守ってあげたい
僕にできないことも何とかしよう
言ってくれたら力になるのに…
叶わぬ願いの独り言さ
好きというのは反射神経


そんなことでキュンとするの?
君に笑われちゃうね
思いがけないタイミングで
そう ときめいた
この感情
息が止まる


きっと言ってみたってピンと来ないさ
僕が勝手にキュンとしただけ
こうやって人は恋に落ちるのか
始まる瞬間


君のその仕草に萌えちゃって
あっという間に虜になった
静電気みたいにほんの一瞬で
ビリビリしたよ
何もなかったようにさりげなく
遠い場所から見守っていよう
そんな思いさえ気づいていない
余計に君を抱きしめたくなった


キュンキュンキュン キュンどうして
キュンキュンキュン キュンどうして
I just fall in love with you
キュンキュンキュン切ない キュンキュンキュン切ない
You know, I can’t stop loving you


はじめに

『キュン』とは2019年3月26日にネット上で公開された楽曲です。
同年2月11日に動画配信アプリ「SHOWROOM」にてユニットの改名で世間
を騒がせた日向坂46待望の初シングルとなります。

動画再生回数は一か月経たずして250万回を超え驚異的な人気を誇っています。
温かさを感じる新たなグループ名にもメンバーとファンも大喜びしているよう
ですね。

グループカラー「空色」も空まで高く飛べるようにという願いが込められてお
り、メンバーたち全員が新たな高い目標に向かって全力投球できる環境を用意
したそうですね。

さて今作PVに注目してみましょう。
空色の制服で統一されたメンバーが最初は学校の教室や廊下、そして公園とさ
まざまな場所でダンスを披露していきます。
最終的には約100人のエキストラを巻き込んでのダンスが展開されています。

カメラ搭載ラジコンカー「RadCamX」での撮影はローアングルの魅力を最大
限引き出しており視聴者に臨場感を与えることに貢献しているようです。

それではさっそく気になる歌詞の考察へと進んでいきましょう。

タイトル『キュン』とは

「キュン」の断定的な意味は存在しないようです。
しかし多くの出典を比較検討してみると「胸が締め付けられる」
という意味が共通していました。

漫画でも「きゅん」「キュン」と作者があてた擬音が有名ですね。
キュンとなる条件はさまざまですが代表例としては異性の意外な面
やわかりやすい気遣いを挙げることができます。

今作のフレーズ「どうして」からもわかるように「キュン」の原因
が定かではない場合もあります。
理由なきキュンもあれば本人だけが自覚できないキュンもあります。
そういった感情を今作ではリアルに聴き手に伝えているのです。

原因不明な「キュン」

キュンキュンキュン キュンどうして
キュンキュンキュン キュンどうして
I just fall in love with you
キュンキュンキュン切ない キュンキュンキュン切ない
You know, I can’t stop loving you

今回の考察では理解しやすくするために一人の男性を
主人公として登場させたいと思います。

彼には大好きな女性がいました。
「キュン」つまり胸の締め付けが何度も襲ってくるの
を感じていました。

彼は彼女の何がそうさせているのだろうかと黙想しま
すが納得の行く理由が何一つ浮かばなかったのです。

「I just fall in love with you」とあるように彼は最近
恋に落ちたようです。
justという単語から彼が何年も彼女に想いを寄せていた
わけではないことを理解することができるでしょう。

「You know, I can’t stop loving you」という部分は、
少し彼主体の自己中心的な考えであると理解できます。
「僕の愛を止められないことを君は知ってる」はずだと
考えているようです。

それでも時折、この感情が非常に一方的でありなんら確
証のないものだと感じる時があったのでしょう。
そうした時には「キュン」を感じると同時に切なさも感
じてしまったに違いありません。


「年中無キュン」で恋してる

Sunday なぜなんて Monday 聞かないで
Tuesday きっと 理解できないだろう
Wednesday 毎日 Thursday 見かけて
Friday 思い続けて来たSaturday

もっと 会いたい なんて 不思議だ
きっと 僕は声を掛けられない
目と目 合うと 胸が締め付けられる

ふざけた見出しであることを筆者は自覚しています(笑)
しかしこの部分の歌詞を見ると一週間張り付きで彼女を見
つめ恋をしていることが理解できます。

「毎日」という言葉にも示されているように彼は彼女を一
年通して追いかけているのです。
まさに年中無休(キュンどうした)でキュンを感じている
のでした。

そして彼の視点では彼女を「見かけた」ことになっていま
すが毎日偶発的にそうすることは出来ないでしょう。
これは彼が彼女に会おうと努力したことを暗示していると
筆者は感じました。

彼にとってはその努力が自然に示されるようになっている
ので無意識のうちに彼女を見かけたと感じているようです。
そして毎日見かけている彼が「もっと会いたい」という不
思議な感情を抱いている点にも注目できます。

すでに毎日見かけているのですが「会っている」つまり顔
と顔を合わせて会話しているわけではないのです。
見かけるから会って話すという関係性を深めたいとの欲求
を垣間見ることができますね。

「キュン」ではなく君を抱いていたい

何もなかったようにさりげなく
遠い場所から見守っていよう
そんな思いさえ気づいていない
余計に君を抱きしめたくなった

彼は彼女への欲求の高まりを全身に感じていました。
しかし彼は内気なのか中々想いを彼女に伝えること
が出来ないでいます。

そして彼女と出会ったきっかけもその時感じた感情
もすべて「なかったように」したいと思いました。
さりげなく身を引いて彼女の幸福を影から見守ろう
と考えたのです。

しかしこの身を引く、見守るという謙虚さにすら彼
女は気づいていないという事実を彼は痛感します。
彼は自分が彼女とは無関係な存在であることを実感
すると同時に彼女が一層欲しくなったのでしょう。

例証するならば甘いものを我慢して余計にフラスト
レーションが溜まりもっと甘いものを欲しがる人の
ようになりました。

そうです、彼の本音は胸に「キュン」を抱く日々を
送りたいのではなく彼女を抱いていたいのです。
想像ではなく実際に触れあって関係を深めたいとい
うのが彼の願いだったのです。

内気な彼はそれはおこがましいことであり贅沢な願
いだと自分を制したことでしょう。
それでも夢や空想の中では彼女を抱いているか手を
繋いでいるかを考えているのでしょう。

今日も一日が終わり彼はゆっくり瞳を閉じました。
決して鳴り止むことのない「キュン」を抱いて。。


まとめ

いかがだったでしょうか。
筆者はここ最近人間に「キュン」を感じなくなって
しまったのですが動物には感じるので良しとしてます(笑)

皆さんはどんな時に「キュン」を感じますか。
恋愛サイトではありませんがこんな時に「キュン」を感じ
るという意見をこちらのサイトやツイッターに送ってみて
下さいね(参考にします、多分)

今作の考察を通して「キュン」がどういう状態を指すのか
何が要因となって引き起こされるのかをかなりリサーチし
ました。

心理学に取り組んでいるような気分になりましたが非常に
勉強になって良かったです。
また日向坂46の記念すべきシングルが太陽の日差しのよう
に温かみのある作品だと実感できて良かったです。

彼女たちの今後の活動と次回作に期待し注目していきたい
と思います。



この記事をシェアする!