じん(自然の敵P)『失想ワアド』なんとなく自分を重ねてしまう歌詞の内容とは?

出典:https://store.universal-music.co.jp/product/tyct69133/

鏡の中から「おはよう、朝だね」
いつも通り 表情は最悪
ぎこちない笑顔も 寝癖も 仕草も
何もかも 嫌になるなぁ
理不尽だな
伝えたいことなら 人並みにあるけど
何一つも 言葉に 変わらない
俯き加減に 今日も口籠る
「挨拶もできないんだね かわいそう」
庭のハナミズキは綺麗で
ただ羨ましくて 見ていた
それに引き換えたなら 私は
本当、ダメな子だ
このまま いなくなれたら
不思議なことに この世界は
「普通なこと」が 難しくて
言葉一つも 返せないのが
バカらしくって 泣いている
めくるめくような 勘違いを
繰り返して 嫌いになった
つぼみのままで 枯れてく
未来に 言葉が見つからない
怖がったような 変な顔
逃げちゃうクセ ダメだ、ダメだ
恥ずかしくて 口を噤む
・・・ほんとう、嫌になるなぁ
凛と咲いた声で 笑える人がいて
花のような言葉を 交わす
鏡の中から 途端に責める声
「・・・私にはできないんだよ ごめんね」
それは 絵に描いたような世界で
ただ羨ましくて 見ていた
邪魔にならないように 私は
私は どうしよう
失くしたい 失くせない あぁ
溢れ出した 自分自身は
ひどく惨めで 汚くって
誰にも知られないようにって
部屋の隅で 泣いている
「失くさなくても 大丈夫」って
不意に声が 耳に届いた
魔法みたいな 響きに
なぜだか 言葉が見つからない
怖がってないで 声にしよう
言いたいこと 「話せ、話せ」
間違ったような 「泣声こえ」が出た
・・・ほんとう、バカだよなぁ
たどり着いたのは「未来」で
そう、色めくような世界で
大人になっていく私は
変わり続けていく
変わらない想いを
大事に 抱いていく
不思議なほどに この世界は
「思い出す」のが 難しくて
忘れたくない 言葉を
失くさないように 伝えて行く
いつか誰かと この世界で
笑い合えたら ちょうど良いなぁ
そんなことを 考える
未来に 理由が見つかりそう
寝癖、直して 外に出よう
今日もまた 一輪、映える
鏡の中 咲いた花に
「おはよう」を 返したら


はじめに


2018年11月7日に発売される、カゲロウプロジェクト最新アルバム「メカクシティリロード」に収録される『失想ワアド』。

じん(自然の敵P)さんが手がけるマルチメディアプロジェクト・カゲロウプロジェクトのこの曲は、メカクシ団団長「木戸つぼみ」というキャラクターをイメージした曲ですが、歌詞の内容になんとなく自分を重ねてしまう方もいるのではないでしょうか。

共感できる歌詞の内容を考察していきます。

『失想ワアド』歌詞の意味


普通に想いを伝えたいだけなのに


鏡の中から「おはよう、朝だね」
いつも通り 表情は最悪
ぎこちない笑顔も 寝癖も 仕草も
何もかも 嫌になるなぁ
理不尽だな
伝えたいことなら 人並みにあるけど
何一つも 言葉に 変わらない
俯き加減に 今日も口籠る
「挨拶もできないんだね かわいそう」
庭のハナミズキは綺麗で
ただ羨ましくて 見ていた
それに引き換えたなら 私は
本当、ダメな子だ
このまま いなくなれたら
不思議なことに この世界は
「普通なこと」が 難しくて
言葉一つも 返せないのが
バカらしくって 泣いている
めくるめくような 勘違いを
繰り返して 嫌いになった
つぼみのままで 枯れてく
未来に 言葉が見つからない
怖がったような 変な顔
逃げちゃうクセ ダメだ、ダメだ
恥ずかしくて 口を噤む
・・・ほんとう、嫌になるなぁ


自分のことを嫌になっているとき、鏡に映った自分は最悪な表情に見えます。

無理をして笑ってみても、冴えない表情。

「理不尽だな」

自分にだけが不幸だと感じた時、どうしてこうなってしまったのだろうという状況に陥った時、考え込んでしまいますね。

伝えたいのにうまく伝えられない。

どんな言葉を出したらよいのかわからず、黙ってしまっただけなのに、何か言わないと、暗い子の印象を周りに与えてしまいます。

周りになじめず、目立たず、それでも綺麗に咲いている花に憧れを抱く。

そして、綺麗な花に憧れる自分が、より醜く見えてしまいます。

誰も自分のことはわかってくれない、寂しさを感じ、いなくなりたいと思ってしまう。
「普通」ってなんでしょう?

うまく言葉が伝えられず、そんな自分が嫌で泣いてしまう。

うまく伝わらなくて、勘違いをさせてしまうことが多かったのでしょう。

自分が綺麗に咲く未来が見つけられない。

でも、そんな自分を変えたいと思っています。

ハナミズキの花言葉は、「私の想いを受けてください」。

この楽曲は「木戸つぼみ」のキャラクターをイメージしているので、「木戸つぼみ」の過去の辛い心情を歌っているのだと読み取れます。

サビに「つぼみのままで 枯れてく」と、「つぼみ」というワードが入っています。
未来に花を咲かせることができるのか?

1番の歌詞は、自身への不安、まだ花が咲く前の「つぼみ」と、まだ大人になっていない「木戸つぼみ」をかけているのだと思います。

受け入れてくれる、魔法の言葉


凛と咲いた声で 笑える人がいて
花のような言葉を 交わす
鏡の中から 途端に責める声
「・・・私にはできないんだよ ごめんね」
それは 絵に描いたような世界で
ただ羨ましくて 見ていた
邪魔にならないように 私は
私は どうしよう
失くしたい 失くせない あぁ
溢れ出した 自分自身は
ひどく惨めで 汚くって
誰にも知られないようにって
部屋の隅で 泣いている
「失くさなくても 大丈夫」って
不意に声が 耳に届いた
魔法みたいな 響きに
なぜだか 言葉が見つからない
怖がってないで 声にしよう
言いたいこと 「話せ、話せ」
間違ったような 「泣声こえ」が出た
・・・ほんとう、バカだよなぁ


周りの「普通」に見える子たちは、花のように明るく見えます。

自分もそうなりたいはずなのに、臆病な感情が邪魔をします。

ただ、「普通」になりたい、周囲に溶け込みたい、それだけのことなのに。

自分自身を表してしまうことも、周りに迷惑をかけているように感じてしまいます。

そんな時に、耳に届く、魔法のような、ほっとできる言葉。

今まで溜まってきた想いが一気に泣き声のようにあふれ出します。

「木戸つぼみ」が仲間に出会い、少しずつ想いを伝えられるようになります。

想いを言葉にして伝えよう


たどり着いたのは「未来」で
そう、色めくような世界で
大人になっていく私は
変わり続けていく
変わらない想いを
大事に 抱いていく
不思議なほどに この世界は
「思い出す」のが 難しくて
忘れたくない 言葉を
失くさないように 伝えて行く
いつか誰かと この世界で
笑い合えたら ちょうど良いなぁ
そんなことを 考える
未来に 理由が見つかりそう
寝癖、直して 外に出よう
今日もまた 一輪、映える
鏡の中 咲いた花に
「おはよう」を 返したら


想いを伝えられるようになった「未来」は、明るいものでした。

大人になり、花を咲かせることができたのです。

そして、明るく、変わり続けています。

そうなれるのは、「変わらない想い」を抱いているから。

大人になった鏡の中の自分は、とても輝いて見えていることでしょう。

「忘れたくない 言葉を
失くさないように 伝えて行く」

この部分の歌詞は、タイトル『失想ワアド』の重要な部分だと思います。

「失想」も「ワアド」も辞書にはない言葉です。

「想い」を「失う」から「失想」。

「ワアド」は「word、言葉」。

想いは記憶のままでは忘れてしまうけれど、言葉にすれば誰かに伝わり、残るもの。

大事な「想い」は消えてしまう前に、「言葉」にして誰かに話してみよう、そんなメッセージが読み取れます。

まとめ


今回は、『失想ワアド』の歌詞考察を行いました。

恥ずかしくて周りにうまく想いを伝えられなかったり、自分が周りと違うような感じがしたり、聴き手が共感できる「想い」が込められた曲であることがわかりました。

きちんと自分を認めて大人になっていく、「想い」を「言葉」にして笑って過ごせる「未来」へ向かいたいですね。

コメントを残す