ゴールデンボンバー『LINEのBGMにしてるとモテる曲』歌詞の意味を考察・解釈

バーベキューに here  we  go
異性もいっぱいよ
海老をカサ増してくぜ
腹毛出てたら剃れい
 
二十代 三十代から四十代
みんな不倫さって五十代
プッチンプリン 若いよな
ウェイなメス大体 鼻炎
 
oh  oh  oh  メロンソーダ
 
吸えるストロー好き
 
oh  oh  oh ほぼみちょぱ
 
 
hey ! 海老丼食う ?
 
 
あっ、どう ? LINEのIDは ?
渋谷系 ?
あっ、どう ? LINEのIDは ?
木っ端微塵
 
 
どうやら俺はモテない
なら狙うは五十代
いや here  we  go  六十代
ダメなら七十代
 
 
 
俺サッパリ売れん中
みんな各々しっぽり
バーベキュー会場見渡して
俺を I  want  you  なのは
 
oh  oh  oh どうやら
 
今は未亡人
 
oh  oh  oh 鼻炎の
 
80’s 婆さん
 
 
 
あっ、どう ? LINEのIDは ?
巣鴨系 ?
あっ、どう ? LINEのIDは ?
例に漏れずウェイ
 
あっ、どう ? LINEのIDは ?
どんだけ~
あっ、どう ? LINEのIDは ?
固定電話
 
 
Making  Making  Love    Making  Making  Trust
it’s  Making  Making  Making  Wife
 
キスマいっぱいね
 
Making  Love    Making  Making  Trust
it’s  Making  Making  Making  Wife
 
載るぜフライデー
 
 
oh  oh  oh パーティー  海老  プリン
Change  my  LIFE
 
oh  oh  oh ウェイ  紅  鼻炎
 
80’s 婆さん
 
 
あっ、どう ? LINEのIDは ?
not  ガラケー
あっ、どう ? LINEのIDは ?
まずインストール
 
あっ、どう ? LINEのIDは ?
ログイン
あっ、どう ? LINEのIDは ?
固定電話
 
あっ、どう ? LINEの具合は ?
超スゲェ
あっ、どう ? LINEの具合は ?
便利だよね
 
あっ、どう ? LINEのIDは ?
生年月日 !?
あっ、どう ? LINEの具合は ?
トークでウェイ
 
 
oh  oh  oh 
今はnot  未亡人
 
 
oh  oh  oh 
90’s   my  wife


 






はじめに

『LINEのBGMにしてるとモテる曲』とは2019年8月30日にネット上で公開された楽
曲です。
今作はコミュニケーションアプリ「LINE」のトークBGM機能用にゴールデンボンバ
ーが制作した楽曲です。

上記の曲の配信を記念したライブ配信が同年7月23日に「LINE LIVE」にて行われ、
80万人以上が視聴しました。
大人気の秘密はいったいなんでしょうか。

LINE LIVEでは番組MCとして「さらば青春の光」森田哲矢さんと、「東ブクロ」の
二人が登場しました。
ゲストであるゴールデンボンバーへのインタビューが開始されました。
そこでは今作ができるまでの経緯と大人気の秘密が明らかになりました。

はじめはトークBGMということで「俺たち仲間!」みたいなものを想像していたよ
うですが、なんかパンチが足りないということで「モテ」をテーマにしたと語って
いました。

さらに「日本語なのに英語に聞こえる」要素を盛り込んだ点も人気の秘密のようで
す。

今作は配信開始のタイミングでLINE MUSICのリアルタイムランキング7位を獲得し
ました。

MVの内容に少し触れてみたいと思います。
夏にバーベキューを楽しむ男女がメインに映し出されています。
ご馳走に水着の若い男女、いや若い男女だけではありません。
曲進行と共に50代、60、70、、そして80代のお婆様まで。。

いったい誰がどのような線引きでこのパーティーを企画したので
しょうか。
趣旨も全く見えないこの舞台で波乱が巻き起こります。

ゴールデンボンバーのメンバーは会場を賑わせる若い女性たちを
目当てに参上します。
それぞれが自分なりのやり方でアプローチしていきます。
しかし鬼龍院翔さんだけがモテません(笑)

彼は意気消沈しかけますが、自分の本当の気持ちに気がつきます。
ここから先は後ほど詳しく考察を交えて説明していきます。

さて今回人気を呼んでいる曲調について紹介したいと思います。

ローテンポな洋楽BGMでメロディー全体から「モテたい!」という
オーラが全開です(笑)
まあ聴く人によっては賛否両論かもしれませんが。
とにかく今作の曲調はメンバーがカッコいいと思っているのです。

ゆったりとしていてアダルティ&ムーディーなBGM、それでいて
エビ丼や鼻炎用点鼻薬が登場するGAP。。
ゴールデンボンバーの破天荒さが今作においても溢れていますね。

それではさっそく気になる歌詞の考察をはじめていきましょう。

タイトル『LINEのBGMにしてるとモテる曲』

前述でだいぶ説明してしまいましたが、とにかく「モテ」を意識した
タイトルが選定されています。
それが大切でありそれがすべてなのです(笑)

そしてSNSでのコミュニケーション代表アプリが「LINE」であること、
交換の仕方が「ID交換」であることも強調しています。
遥か昔にガラケーで「赤外線受信」がメインであった時代が懐かしく
思えますね。

そして新機能である「トークBGM」に注意を引いたタイトルであること
も理解できます。『LINEのBGMにしてるとモテる曲』



『LINEのBGMにしてるとモテる曲』歌詞の意味

海老丼持っていざ出陣!

バーベキューに here  we  go
異性もいっぱいよ
海老をカサ増してくぜ
腹毛出てたら剃れい
 
二十代 三十代から四十代
みんな不倫さって五十代
プッチンプリン 若いよな
ウェイなメス大体 鼻炎

歌詞冒頭では舞台がバーべキュー会場であり大勢の人たちで
にぎわっていることを綴っています。
歌詞は序盤から支離滅裂であり自由奔放さを感じます。

「海老をカサ増し」するのは「いつもよりアゲていく」
のような解釈で問題ないように思えます。
気分やテンション、積極性を増すということなのでしょう。

「腹毛を剃る」ことに関しては異性の前に出るなら「エチ
ケットを守ろう」というメッセージ性を感じます。

MVにもありましたがメンバーが辺りを見回すとそこには
実にさまざまな年齢層の女性がいることに気がつきます。

伸るか反るかの大勝負!

oh  oh  oh  メロンソーダ
 
吸えるストロー好き
 
oh  oh  oh ほぼみちょぱ
 
 
hey ! 海老丼食う ?
 
 
あっ、どう ? LINEのIDは ?
渋谷系 ?
あっ、どう ? LINEのIDは ?
木っ端微塵

MVではメンバーがそれぞれ自分の好みの女性にアプローチ
していきます。
一歩遅れた鬼龍院翔さんの目の前には好みのギャルが。。

「ほぼみちょぱ」とはどういう意味なのでしょうか。
「みちょぱ」とはファッションモデルの「池田 美優」さん
のことでしょう。

鬼龍院翔さん的に目の前のギャルが「ほぼみちょぱ似」で
あるという判断に至ったということを歌詞は示しています。

みちょぱが好きなのかなぁって少し思いました(笑)

ここで鬼龍院翔さんが彼女に大勝負をかけます。
「海老丼食う?」
 
見事にフラれ歌詞にあるように「木端微塵」になります。

念願の「LINE ID」ゲットならず玉砕です。

振られたら振り切って!

俺を I  want  you  なのは
 
oh  oh  oh どうやら
 
今は未亡人
 
oh  oh  oh 鼻炎の
 
80’s 婆さん

見事にフラれた鬼龍院翔さん。
しかし歌詞では切り替えて80代のお婆さんに。。
そして結婚し10年も寄り添う展開に!!!

ストライクゾーンが広いとかそういった次元では
語れない展開が人気を呼んでいる理由の1つなのか
もしれませんね。

彼のハチャメチャな思考と発想力にまだまだ終わり
はなさそうです。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
鼻炎や海老丼のツボが筆者にはわからなかったのですが
不思議な感覚は全身に残りました(笑)

このMVに出演することにOKした勇気ある80?90?のお
婆様に心からのエールを送りたいと思います。

そして今作をトークルームBGMにしたら果たしてモテる
のでしょうか。
一抹の疑問ですがまずは設定してみることをお勧めします。

ゴールデンボンバーの今後の活動と次回作に期待し注目し
ていきたいと思います。

1 個のコメント

  • おばあちゃん可愛い!
    途中のLINEのやり取りウケました。
    この動画見て、思いっきり笑えました。いい意味で…元気になれるし、おばあちゃんのようにいつまでも若々しく元気で可愛い人になりたいです。
    エビ→鼻炎薬…しりとり??よくわかりませんww
    世代を超えて仲良くなれるのはいいですね!

  • コメントを残す