ゲスの極み乙女。『マルカ』歌詞の意味を考察・解釈

ほったらかし人生が主観でしかないなら
どうしてこんなにも悲しい目に
取り囲まれているのかって
ああ、これもまた主観でしょ
って言うんでしょ
って言っちゃう
って妄想です
Yes or No or どちらでもない
選択に疲れた30歳
先が見えないし見ようともしない
ラブソングの主人公にさえもなれやしなくて
当然なんだけど
そりゃそうなんだけど

泥だらけで
夢中になって戯けたよ
くたばってしまっても構わないから
出来るだけ僕を見ててよ
毒は積もった
プールが溢れない程度
いつまで持つかわからないから

そのまんま
愛以外はそのまんま
ハートなんて揺らして泣いてくれよ
そのまんま
愛以外はそのまんま
ハートなんて揺らして泣いてくれよ

細胞からやり直せる薬と
大好きなアルコールの相性
悪かったならどっちを選ぶ?
運命を呪って酒を選ぶだろ
空前の不幸せブームの背景は
政治家でもなく金でもない
圧倒的に足りなくなってる
ハートフルな傷の付け合いさ

噛みつき合って
痛みを覚えないと
簡単に一人になってしまうから

そのまんま
愛以外はそのまんま
ハートなんて揺らして泣いてくれよ
そのまんま
愛以外はそのまんま
ハートなんて揺らして泣いてくれたら良いだけ

実家が越す度に変わる匂いと
似ている気がする人生転換期
慣れないものへの抵抗
その度に傷がついてしまう
同時にハートを傷つけ合う人が
僕らのそばにいたんだったら
泣いても悔いてもその先は
きっとちょっとはマシなはず

そのまんま
愛以外はそのまんま
ハートなんて揺らして泣いてみようよ

Yes or No or どちらでもない
Yes

ゲスの極み乙女。『マルカ』の概要

今回は人気ロックバンドであるゲスの極み乙女。の楽曲『マルカ』の歌詞考察をしていきたいと思います。

本記事の注目ポイント

・『マルカ』の意味とは―タイアップとの関連性を模索

・30代主人公の心情と思想

上記の点をメインに考察していますので、どうぞ最後までお読み下さい。

『マルカ』は、ゲスの極み乙女。Major 5th Full Album 『ストリーミング、CD、レコード』収録曲です。

2020年7月8日にはネット上でMVが公開されました。
動画再生回数は公開から2日で9万を超えています。

MVのディレクターは Official髭男dism や あいみょんなど人気アーティストの映像を手掛けてきた 新保 拓人氏です。
イヤホンブランド「AVIOT」とのコラボレーションで制作されました。

MVのロケ地は東京都内(渋谷区などが映像から確認された)で、メンバーによるバンド演奏とシングルカットで構成されていました。
シルビアの豪快なドリフトも挿入されており、インパクトのあるMVに仕上がっています。

今作『マルカ』は、日本発のオーディオブランドAVIOTの最新完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01gv」タイアップ曲となっています。
「さあ、オンガクへ帰ろう」というテーマに基づき製作された高音質・多機能のワイヤレスイヤホンです。

続く見出しでは、タイトル『マルカ』とタイアップの関連性についてお話していきます。

『マルカ』の意味とは

ゲスの極み乙女。のタイトルには「女性名が多い」
これはファンの間では以前から話題になっていたことです(女性名シリーズとも)

3文字を例として挙げるならアオミ、セルマ、ラスカ、ハツミ、マレリなど数えたらキリがないでしょう。

今回も女性名、と片付けてしまうのは容易です。
せっかくなのでタイアップとの関連性を考察してみましょう。

前述で紹介した「TE-D01gv」は、ミニマル(最小、最低限)サイズでありながら高い力を発揮します。
ですからミニマルの「マル」と「力」をとって「マルカ」と読ませているのではないかと考えました。

また歌詞の「Yes or No or」でも「o」が多様されている点から、筆者はイヤホンを連想してしまいます(oが装着時イヤホンでr、が耳から外した時の形状)

別の解釈を考えてみましょう。

歌詞には「そのまんま」というフレーズが幾度も繰り返されています。
タイトルに含まれる「マル」を「丸」と考えてみましょう。
明治時代以降「丸」は「そのままの状態(まさしくその状態)」という意味を帯びるようになったようです。

タイトルの「カ」は「力(ちから)」と考えた場合、「そのまま(ありのまま)の力」を暗示していると解釈できます。
歌詞中の主人公もその点について述べているようなので、さっそく歌詞考察を始めていきましょう。

『マルカ』歌詞の意味

主人公―選択に疲れた30代

ほったらかし人生が主観でしかないなら
どうしてこんなにも悲しい目に
取り囲まれているのかって
ああ、これもまた主観でしょ
って言うんでしょ
って言っちゃう
って妄想です
Yes or No or どちらでもない
選択に疲れた30歳
先が見えないし見ようともしない
ラブソングの主人公にさえもなれやしなくて
当然なんだけど
そりゃそうなんだけど

ラップで進行する1番Aメロは主人公の人生観と思想を歌っています。
(今回は主人公の性別を限定しません)
サビはリフレインなので最後に考えます。

歌詞冒頭の「人生が主観でしかないなら」という仮定から、主人公が物事を客観視しない人物であることを理解できます。

さらに「先が見えないし見ようともしない」というフレーズからも、短絡的な生き方が染み付いていることも把握できるでしょう。

「Yes or No or どちらでもない」という3つの選択肢が用意されています。
後の「選択に疲れた30歳」というフレーズは、30歳になった主人公は「どちらでもない」を選ぶことが多くなったことを明らかにしているようです。

皆さんも主人公のように、日常で「選択する」ことを面倒に感じたりするでしょうか。
そうした背景には集団生活においてどちらも選べない環境があるのかもしれません。

「ラブソングの主人公」になれないことを嘆いている点にも注目しましょう。
漫然と変わらない日々を過ごしていると、特別な存在に憧れるものです。
しかし年齢や自身の人生観を考慮した結果、到底そのような存在にはなれないと溜め息混じりに結論することはないでしょうか。

無我夢中の自分を見て

泥だらけで
夢中になって戯けたよ
くたばってしまっても構わないから
出来るだけ僕を見ててよ
毒は積もった
プールが溢れない程度
いつまで持つかわからないから

1番Bメロでは、過去に主人公が無我夢中で生きていたことが回想されているようです。

「泥だらけ」「戯れた」という表現から、体裁を気にせず自由に生きてきた主人公をイメージできます。

「出来るだけ僕を見ててよ」とは誰に対しての言葉でしょうか。
それは「自身への」また「大切な人への」問いかけでしょう。

「毒は積もった」「プールが溢れない程度」から、主人公の中にある程度の不満や悪感情が募っていることを理解できます。
そのような不満や悪感情が溢れる前に「自分を正しく見て評価してくれる人」を求めているのかもしれません。

私たちも会社や学校で主人公と同じように望むことがあるでしょう。
過度のストレスにさらされ不満や悪感情がプールのように溜まっていきます。
それでも自分の人となりを理解し、正当な評価をしてくれる人がいるなら安心感が得られます。

諸悪の根源

細胞からやり直せる薬と
大好きなアルコールの相性
悪かったならどっちを選ぶ?
運命を呪って酒を選ぶだろ
空前の不幸せブームの背景は
政治家でもなく金でもない
圧倒的に足りなくなってる
ハートフルな傷の付け合いさ

2番Aメロで主人公は、世の中に見られる諸悪の根源に言及しているようです。

ここでも選択肢が提示されています。
現状を受け入れず「細胞からやり直せる薬」つまり人生をやり直すこと「酒」に頼って現状を甘受することの2択です。

主人公は自分も含め、大半の人が「酒」を選んで現実を受け入れると述べています。
彼は退廃的な思想を抱いているようですが、ここではやや前向きな意見を口にしています。

「空前の不幸せブーム」は、みんなが口を揃えて「不幸だ」と叫んだ時代を示唆しているのでしょう。
ある人たちは「政治が悪いんだ」「お金がないからだ」と訴えたかもしれません。

主人公はその点を念頭に置き「政治家でもなく金でもない」と否定します。
むしろ諸悪の根源は「圧倒的に足りなくなってる ハートフルな傷の付け合いさ」と述べています。

日本では「ハートフル」を「心温まる」のような良いニュアンスで捉える人が多いようです(和製英語としての理解)

しかし本来の「ハートフル」には「有害な」「苦痛を与える」という意味があります。
ですから主人公は「同じ人間同士で傷つけ合っている」ことを諸悪の根源としていると解釈できます。

実際問題として、コロナウイルスが蔓延した時を考えてみましょう。
一部の人たちの間では「政府の対応が遅い」「国や医療機関にお金がないからだ」という訴えが見られました。

筆者はこれらに意見を述べることを控えますが、「買占め」や「転売」などを含む行動は個々が引き起こした問題と言えるでしょう。

世の中に見られるほとんどの問題が「思いやりの欠如」から生じていると、主人公は結論したかもしれません。

人生転換期―抗うメリット

実家が越す度に変わる匂いと
似ている気がする人生転換期
慣れないものへの抵抗
その度に傷がついてしまう
同時にハートを傷つけ合う人が
僕らのそばにいたんだったら
泣いても悔いてもその先は
きっとちょっとはマシなはず

3番Aメロでは人生の転換期が引越しに例えられているようです。

「実家」という自分が安心感を抱ける居場所、それが変わってしまうことで不安を抱く心情を伝えているのでしょう。

慣れない環境は、自分の心が傷つき疲弊していきます。
「ハートを傷つけ合う人」が近くにいるならばなおさらです。

それでも主人公は「その先はきっとちょっとはマシなはず」と前向きな意見を口にしています。

他人と対峙し摩擦が生じるのを「切磋琢磨」のように考えられたら素晴らしいですね。

そのまんまでいい

そのまんま愛以外はそのまんま
ハートなんて揺らして泣いてみようよ
そのまんま愛以外はそのまんま
ハートなんて揺らして泣いてみようよ

Yes or No or どちらでもない
Yes or No or どちらでもない
Yes or No or どちらでもない
Yes or No or どちらでもない
Yes or No or どちらでもない
Yes or No or どちらでもない
Yes or No or どちらでもない
Yes or No or どちらでもない
Yes

サビは「ありのままの自分で良い」というメッセージ性が伝えられているようです。

しかし主人公は「愛以外は」と限定している点にも注目できます。
愛は「ハート」とも表現され「揺らして泣いてみようよ」と提案されています。

ここまでを併合して考察していくと「自分を変える必要はないが、心を揺らすほどに生きてみよう」と提唱されています。
また「そのまんまの自分でいいんだ」という実感は力になり、自尊心にも影響してくるでしょう。

1番から3番に到達するまでに主人公の心境が前向きなものに変化したように感じられます。
なぜなら「Yes or No or どちらでもない」の3択に対し「Yes」を選んでいるからです。

1番では「どちらでもない」を選択し、漫然と生きてきた主人公。
しかし諸悪の根源を推察し、人生観を見直した結果、生き方に変化が生じたものと解釈しました。

私たちも熟考と黙想を重ねることで、生き方を前向きなものにできたら素晴らしいですね。
どんな生き方を選ぶにせよ「そのまんまの自分」も大事にしていきたいと願います。。

まとめ

いかがでしょうか。
漫然と生きる主人公の心情や思想が変化する様子を垣間見たような気がします。

日常で見聞きする事柄によって物事の価値観や基準は変化しますね。
誰と交友を持つかによっても影響されるでしょう。

ストリート&ジャジーなメロディーにも魅了されました。
ゲスの極み乙女。の今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。
生き方や主体性への理解を深める作品をありがとうございました。

ここまで記事を読んで下さった皆さんにも感謝します。
ありがとうございました。

コメントを残す