BUMP OF CHICKEN『流れ星の正体』歌詞の意味を考察・解釈

誰かの胸の夜の空に 伝えたい気持ちが生まれたら
生まれた証の尾を引いて 伝えたい誰かの空へ向かう

いつも迷路 終わらないパレード 止まったら溺れる
ゴールなんてわからないままで いつまで どこまで

時間と距離を飛び越えて 君のその手からここまで来た
紙に書かれた文字の言葉は 音を立てないで響く声
そうやって呼んでくれただろう 見上げればちゃんと聴こえたよ
僕の上にも届いたように 君の空まで届いてほしい

せめて君に見えるくらいには輝いてほしい
流れ星の正体を僕らは知っている

足元をよく見て階段一つずつ どれくらいざわついていても ひとり
肩を擦るように避けながら 世界に何億人いようとも ひとり

今日は何もない一日と言えば そこまでの毎日
増え続けて溢れそうな唄の欠片たちが 早く会いたがって騒ぐんだ

変わらないで変われなくて ずっと それでも続いている
ゴールなんて決められないだけで なんなら 今でも

君が未来に零す涙が 地球に吸い込まれて消える前に
ひとりにせずに掬えるように 旅立った唄 間に合うように
命の数と同じ量の一秒 君はどこにいる 聴こえるかい
君の空まで全ての力で 旅立った唄に気付いてほしい

どんな事もこんな熱も街にまぎれる
流れ星の正体を僕らは知っている

太陽が忘れた路地裏に 心を殺した教室の窓に
逃げ込んだ毛布の内側に 全ての力で輝け 流れ星

お互いに あの頃と違っていても 必ず探し出せる 僕らには関係ない事
飛んでいけ 君の空まで 生まれた全ての力で輝け

はじめに

『流れ星の正体』とは2019年7月16日にネット上で公開された楽曲です。
同年7月10日リリースとなる ニューアルバム「aurora arc」のラスト飾る曲と
して収録されています。
期間限定公開からファンの間で大人気となったナンバーです。

動画再生回数は公開から1週間で90万を超える驚異的な人気となっています。

メロディー構成の鮮烈さと上品さが絶妙なハーモニーを作り出していました。
そして藤原基央さんの甘く溶けるような美声がメロディーに寄り添います。
歌詞も抽象表現と直接表現が半々に織り交ぜられ、表現力豊かな仕上がりです。

今作のMV内容について少し触れてみたいと思います。
前作「Aurora」の演出映像を担当した林響太朗氏が手掛けています。
それぞれの登場人物が自分の人生について考え生きて行く様が描かれています。

MVに登場する女性はモデルとして活躍している「唐田えりか」さんです。
透明感がありナチュラルな演技を見せる彼女にも注目してMVをお楽しみ下さ
い。

それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていきたいと思います。

タイトル『流れ星の正体』とは

歌詞全体を考慮し文脈から判断すると「伝えたい気持ち」
であると推察できます。

歌詞ではその気持ちを歌にしたり手紙にしています。
大切な誰かの心の空に自分の伝えたい気持ちが流れ星に
なって煌めいて欲しい、そんな願いがタイトルには込めら
れているのだと筆者は考えました。

文字通りの流れ星として解釈することはできないでしょう。
続く部分に「正体」とある以上、それ以外でなくてはなら
ないからです。

『流れ星の正体』歌詞の意味

行方もしらない「伝えたい気持ち」

誰かの胸の夜の空に 伝えたい気持ちが生まれたら
生まれた証の尾を引いて 伝えたい誰かの空へ向かう

いつも迷路 終わらないパレード 止まったら溺れる
ゴールなんてわからないままで いつまで どこまで

今回は考察の便宜上、一人の男性主人公を主軸に進めて
いきたいと思います。

今作の歌詞中に出てくる「空」はすべて「人の心」を示
唆しているようです。

歌詞冒頭では誰かの心に伝えたい気持ちが生まれたら、
それはその人の存在証明であり存在意義になると述べら
ています。

そして伝えたい気持ちが溢れて別の誰かにその気持ちを
携えていく、そうした連鎖が歌詞で表現されています。

しかし誰かに自分の気持ちを伝えるというのは簡単では
ありません。

「いつも迷路 終わらないパレード 止まったら溺れる」
と抽象的な表現と直接的な表現、また例証で気持ちの性
質が伝えられています。

迷路は気持ちの迷いを、パレードは気持ちが行列のように
重なり騒ぎ立つことを示しています。

そして止まったら溺れるとは、誰かに伝えられない気持ち
が苦しくなっていく様を表現していると思います。

流れ星の正体―さまざまな表現方法

時間と距離を飛び越えて 君のその手からここまで来た
紙に書かれた文字の言葉は 音を立てないで響く声
そうやって呼んでくれただろう 見上げればちゃんと聴こえたよ
僕の上にも届いたように 君の空まで届いてほしい

せめて君に見えるくらいには輝いてほしい
流れ星の正体を僕らは知っている

ここで出てくる「君」とは主人公の男性にとって大切な人
を指すのでしょう。
「君のその手」とは君が手紙を書くときの手を指すのだと
思います。

君は気持ちの伝え方として手紙を選んだようです。
手紙は声の音を一切発することなく相手の気持ちを伝える
手段です。
もしかすると君は話すのが苦手なのかもしれません。

君の誠意ある手紙は「僕」で示される主人公の心に達しま
した。
僕は君の伝えたいことを確かに理解し吸収しました。

同時に自分の気持ちが君の心に同じように到達して欲しい
と願うのでした。

「僕ら」とは主人公と君のことなのでしょう。
お互いに一筋の伝えたい気持ちを伝え合いました。
自分たちにとって「流れ星」はその気持ちなのです。

流れ星の性質のように気持ちは現れては消えるを繰り
返していきます。

それでも相手に届くようにと二人は懸命に自分の伝え
たい思いを、声に出したり手紙にしたりするのです。

個人の尊重

足元をよく見て階段一つずつ どれくらいざわついていても ひとり
肩を擦るように避けながら 世界に何億人いようとも ひとり

今日は何もない一日と言えば そこまでの毎日
増え続けて溢れそうな唄の欠片たちが 早く会いたがって騒ぐんだ

この部分では人は「一人の人として尊重されるべき」という考えが
織り込まれているように見受けられました。

人生の階段を一歩ずつ慎重に踏みしめる時も肩を擦る時も孤独を感
じるものです。

孤独は悲嘆を呼び消極的な考えをさせることがあります。
「今日は何もない一日」と口にするだけでそうした無味乾燥な毎日
は続いてしますのです。

反対に何か良いことがなかったか探したり見つけたりする方が、日
々の生活に彩りを添えることになるでしょう。
「増え続けて溢れそうな唄の欠片たち」とは流れ星のようなはっき
りした気持ちではないものを指すのだと考えました。

整理がついていない点在した気持ちが欠片なのだと解釈できます。
それらを集めて形にすることで、誰かに伝えたい気持ちが完成する
のです。

地が涙、受け止める前に

君が未来に零す涙が 地球に吸い込まれて消える前に
ひとりにせずに掬えるように 旅立った唄 間に合うように
命の数と同じ量の一秒 君はどこにいる 聴こえるかい
君の空まで全ての力で 旅立った唄に気付いてほしい

主人公にとって大切な君が将来を考えて涙を零します。
君の涙が地に落ちて消えてしまうのはなんとも寂しく
虚しいように彼は感じました。

地に落とす前に自分に泣きたい程の気持ちを伝えて欲
しいと切望しています。

「旅立った唄」とは主人公が君に向けた励ましと慰め
の言葉でしょう。
秒単位で刻まれるすべての命、その尊さと儚さを感じ
させる歌詞が続いています。

これは命あるうちに誰かの大切な気持ちに気づく大切
さを描写しているのだと解釈しました。

今宵も正解のどこかで流れ星が現れます。
広大な夜空にではありません。
世界中で泣き笑い楽しみ悲しむ人々の心の空に。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
映像とメロディーまた歌の美しさに魅了されてしまいましたね。

それに拍車をかけるかのような奥深い歌詞も非常に良かったです。
今回は流れ星を「伝えたい気持ち」として考察していきました。
皆さんはどのような考え方をされたでしょうか。

人の胸、つまり心を「空」として例証した点も芸術センスに溢れて
いるなと筆者は思いましたね。

余談ですが文字通りの流れ星を久しく見ていません。
夜景が綺麗な場所はたくさんあるのですが流れ星を見れる機会はそ
う多くはないでしょう。

自分の周囲にたくさん友達がいるかもしれませんが、自分に大切な
気持ちつまり本心を伝えてくれる人はそう多くないかもしれません。

そんな人が一人でもいたら幸せを感じますし大事にしたいですね。

BUMP OF CHICKENの今後の活動と次回作に期待し注目していきた
いと思います。

2 件のコメント

  • 解釈は人それぞれですが、シンプルに、僕=藤くん(もしくはメンバーみんな)がファンに向けて唄を作って届けてくれているという意味の歌ではないでしょうか。。ファンにとって、「流れ星の正体」がBUMPの歌ということだととらえました。
    あと、「止まったら溢れる」ではなく、「止まったら溺れる」です。生き続けることを泳ぎ続けることに例えてそう言っているのではないでしょうか。

    • 匿名さんコメント有難うございます。
      おっしゃる通りファンの間ではそのような考え方が
      幅広くされていますね。
      コラムの手紙すべて読んでいると言っていた藤原さん
      がファンを思って綴ったのかもしれません。
      ご指摘にも感謝します!
      該当部分を修正させて頂きました。
      考察中に筆者の気持ちが溢れてしまったのかもしれません(汗)

      これからもSugar&Salt Musicを宜しく
      お願いします!

  • コメントを残す