amazarashi 『帰ってこいよ』歌詞の意味を考察・解釈

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季節の舌打ちか溜め息
駅の待合室でうらぶれて 誰彼構わず 憂鬱にする 憂鬱にする
どうせ出てくつもりなんだろ この町ではみんなそう
決意は揺るがないか 迷いなどはないか
故郷を捨てるつもりか 気に病むな、それでいい
振り向くな 立ち止まるな

花、そぞろ芽吹くとも、芽吹かざるとも

幼い頃に遊んだ校舎の壁が ひび割れた分僕らも傷ついた
ガードレール ゴールポスト 漁港のはしけ この町は何もかも錆び付いて
美しい思い出なんてあるものか 記憶の中じゃ泣いて挫けてばかり
この町が嫌いだとみんな言うが 早く出ていくんだと決まって言うが

帰ってこいよ 何か成し遂げるとも、成し遂げずとも

君のその愚直な心は 満員電車などに潰されたりはしないのだろうが
額に汗 将来 野望 人間関係 地下鉄の路線図みたいにこんがらがって
信頼出来る人が傍にいるならいい 愛する人ができたなら尚更いい
孤独が悪い訳じゃない ただ人は脆いものだから
すがるものは多い方がいい

真っ黒な夜 真っ黒な夜でこそ思い出せ
生まれた町を 今年も花が咲いたよ

遠くで鳴る境内の祭り囃子 君が居なくたって夏は過ぎるけど
知らせ無くとも 今か今かと 待ち人の面影に振り返り
祭りの後、闇と静寂が落ちて 砂浜に花火と狂騒の残骸
季節巡れど心は止まったまま 君が出てったあの時のまま

帰ってこいよ 何か成し遂げるとも、成し遂げずとも

菜の花畑の風車 コンビニも出来て 分校の校舎も建て替えられて
あれから大分経った この町も様変わりしたよ
勤め先は相変わらずないから 若い奴らはみんな出ていった
昔よく遊んだあの公園も 今年取り壊されるってさ

夢を叶えたって胸を張ろうが やっぱ駄目だったって恥じらおうが
笑って会えるならそれでいい 偉くならなくたってそれでいい
ビルの谷間勇ましく歩く君が 陽に照らされた姿を想うのだ
忙しくしてんならしょうがないか 納得できるまで好きにしろ

帰ってこいよ 何か成し遂げるとも、成し遂げずとも

歌詞考察の前に

今回は人気ロックバンドであるamazarashiの楽曲『帰ってこいよ』を考察していきます。

筆者が今作から特に感じ取った点は以下の通りです。

・故郷離れる者への懸念と声援

上記の点を選定した理由を続く曲紹介と共にお話していきたいと思います。

『帰ってこいよ』MVが2020年3月17日にネット上で公開されました。
動画再生回数は公開から数時間で5万を超える人気ぶりを見せています。
同年3月11日リリース NEW ALBUM 「ボイコット」収録楽曲となっています。

上記アルバムは iTunesアルバム総合1位またオリコンアルバムチャート2位をマークし多くのファンの支持を集めています。

「とどめを刺して」「そういう人になりたいぜ」に続いて今作と、今月に入って3本ものMVを公開しているamazarashi。
その根気強さとサービス精神にはファンも驚かされています。

今作のMVや曲調にも注目してみましょう。

田舎町の駅や学校など寂れた場所が切り取られ映像化されていました。
そこから人の物悲しさや侘しさがひしひしと伝わってきます。

メロディーラインもそうした点に寄り添ったものになり、慎ましいピアノとハイハットで表現されていました。
徐々に音が重ねられていきサビへの盛り上がりを見せています。

こうした音楽構成から田舎町から旅立つ人への懸念と応援する気持ちを感じ取ることができました。
見送る側の複雑な気持ちが巧みに表現されています。

それではさっそく気になるタイトルや歌詞全体を考察していきましょう。

タイトル『帰ってこいよ』とは

歌詞を見ても明白なようにタイトルは旅立つ人に向けられた言葉であると理解できます。

歌詞中でも人が脆く挫折を経験する生き物として描かれており、限界を感じる前に田舎に帰ってくるようにとの優しい投げかけと筆者は解釈しました。

これは能力や技能、また成果を重視する都会とすべてを包容する田舎の情愛との対比でもあると実感します。

ALBUM 「ボイコット」は【拒絶】をテーマにしています。
見送る側の「戻ってきて欲しい」という気持ちを必死に拒絶している部分も歌詞には表れていました。

『帰ってこいよ』歌詞の意味

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季節の舌打ちか溜め息
駅の待合室でうらぶれて 誰彼構わず 憂鬱にする 憂鬱にする
どうせ出てくつもりなんだろ この町ではみんなそう
決意は揺るがないか 迷いなどはないか
故郷を捨てるつもりか 気に病むな、それでいい
振り向くな 立ち止まるな

花、そぞろ芽吹くとも、芽吹かざるとも

田舎の風と見送る人

今回は一人の主人公(性別は限定しない)を主軸に考察を進めていきたいと思います。

主人公は大切な誰かを見送りました。
それは家族、また友人かもしれません。

歌詞冒頭から彼らが田舎の田園風景が見られる場所に住んでいることがわかります。
田舎の風が擬人化されており、旅立つ人に向けて「また出て行くのか」と舌打ちまた溜め息をついていると表現されています。

田舎の風は駅の待合室でうらぶれています。
「うらぶれて」とは「心がしおれて落ちぶれる」様子を伝える言葉です。
人気の少ない待合室を一層寂しくさせる風は旅立つ人を憂鬱にさせたことでしょう。

「自分は都会で成功できるだろうか」

そんな不安を抱えながら新天地へ旅立つ人へ見送る人は声援を送っています。

「故郷を捨てるつもりか 気に病むな、それでいい 振り向くな 立ち止まるな」

タイトルに反して主人公はこの時点で田舎に帰ってきて欲しくないと思っています。
それは夢を志す人の邪魔をしたくないという願いからでしょう。

「花、そぞろ芽吹くとも、芽吹かざるとも」とは前述の「振り向くな 立ち止まるな」と続いています。
ですから旅立つ人が都会で「成功してもしなくても」踏ん張れという意味だと解釈できます。

田舎の風が旅立つ人の後ろ髪引く中、主人公の声援が背中を押しているところを想像できます。

本心、叫びとなって

幼い頃に遊んだ校舎の壁が ひび割れた分僕らも傷ついた
ガードレール ゴールポスト 漁港のはしけ この町は何もかも錆び付いて
美しい思い出なんてあるものか 記憶の中じゃ泣いて挫けてばかり
この町が嫌いだとみんな言うが 早く出ていくんだと決まって言うが

帰ってこいよ 何か成し遂げるとも、成し遂げずとも

MVにも映し出されていたように歌詞では田舎町の風景について綴られています。

漁港の「はしけ」とは本船と波止場(はとば)の間を行き来して乗客・貨物を運ぶ小舟のことです。

田舎町にあるものが「ひび割れ」「錆び付いて」いることを居住者の状況と重ねています。
田舎に共通する発展の無さが、住んでいる人たちに美しい思い出ではなく辛く厳しい思い出を形成していったことも綴られています。

そうした状況に耐えかねた人たちの多くが町を出て行くことを決意しています。
そんな町ですが主人公は「帰ってこいよ」と自分の本心を口にしています。

「お前には帰る場所がちゃんとあるんだよ」という心温まるメッセージにも思えますね。

前述では悪いほうに変わって行く田舎が綴られていましたが、変わらない場所が用意されていることをここでは強調しています。
戻れる場所があることは旅立つ人へ安心感を与えるものですね。

困惑の夜に咲いた花

君のその愚直な心は 満員電車などに潰されたりはしないのだろうが
額に汗 将来 野望 人間関係 地下鉄の路線図みたいにこんがらがって
信頼出来る人が傍にいるならいい 愛する人ができたなら尚更いい
孤独が悪い訳じゃない ただ人は脆いものだから
すがるものは多い方がいい

真っ黒な夜 真っ黒な夜でこそ思い出せ
生まれた町を 今年も花が咲いたよ

ここでは主人公が旅立つ人へ皮肉を交えた懸念を述べています。

「愚直な心」とは「馬鹿正直な心」のことです。
この言葉から旅立つ人が後先考えずに夢だけを見つめる性格であることが読み取れます。

「満員電車」のような田舎では経験しないことにも負けないであろうとの予想が綴られています。

それでも旅立つ人が都会でさまざまな要素に悩まされ、それらが「地下鉄の路線図」のようになり雁字搦めにならないか心配しています。

主人公はある程度、人生経験を積んだ人なのでしょう。
人が脆く、一人では生きづらいことを悟っています。

ですから旅立つ人が信頼できる友人や恋人に恵まれることを願います。

「真っ黒な夜」とは旅立つ人が夢に破れ挫折を感じる時期を指していると考えられます。
将来が見えなくなっているときとも言えるでしょう。

主人公は「生まれた町を」思い出すようにと述べています。
ここでも「帰る場所」があることが優しく伝えられています。

「今年も花が咲いたよ」とは前述で述べられていた「花、そぞろ芽吹くとも、芽吹かざるとも」と関連があるように思えます。

真っ黒い夜、成功の花が咲かなかったとしても、変わらず咲く花を見に来て懐かしく思って欲しいとの願いであると解釈しました。

余談ですが、成功してきたアーティストたちもスランプを感じた時に故郷に帰るそうです。
そうするメリットとして気持ちを一度リセットし、また新たな発想に恵まれることもあるのだとか。。

笑顔に再会

夢を叶えたって胸を張ろうが やっぱ駄目だったって恥じらおうが
笑って会えるならそれでいい 偉くならなくたってそれでいい
ビルの谷間勇ましく歩く君が 陽に照らされた姿を想うのだ
忙しくしてんならしょうがないか 納得できるまで好きにしろ

ここでは見送る側の気持ちが別の表現で綴られています。

結論からすると旅立つ人が「元気で笑って帰ってきて欲しい」ということです。
その人が成功しようがしまいが人間関係に影響はないと考えているのです。

筆者としても家族や友人が成功と引き換えに不健康になることは望みません。
やはり大切な人が元気で笑えていることを一番に望んでしまいます。

それでも続く部分では「ビルの谷間」つまり都会で勇ましく歩く姿を、太陽に照らされるように顔を輝かせているところを願っています。
元気であることを願いつつも夢を実現させていることも願っていますね。

続く「忙しくしてんならしょうがないか 納得できるまで好きにしろ」が「帰ってこいよ」との気持ちを懸命に拒絶しているように見受けられます。
もっと簡単に言えば強がりと言えるかもしれません。

それでも見送る側の気持ちとして一番色濃く強いものは、大切な人が笑顔で帰ってきて再会することでしょう。。

旅立つ人も懐かしい顔ぶれと田舎の風の匂いに安堵するに違いありません。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
懐かしさと哀愁漂う歌詞と映像でしたね。

人口○万人の田舎スタートな筆者にとって共感できる点がありました。
どちらかと言えば「ずっと居たい」と思っていましたが、家の事情で出ざるを得なかったというか(笑)
成功したいと思ったことがない欲少なき人です。。

見送る人の優しい気遣いやリアルな皮肉や懸念がとても印象に残りました。
特に人が一人では生きずらいという点を心配していた点が共感できます。
それぞれの背景や性格が浮き彫りになっていたのも良かったです。

amazarashiが今後も多くの人の心に生きる上での「なにか」を刻み、人の感情を揺さぶり続けることを願っています。

優しくも力強い作品をありがとうございました。

コメントを残す