あいみょん『愛を伝えたいだとか』歌詞の意味・考察と解説

 

健康的な朝だな
こんな時に君の愛してるが聞きたいや
揺れるカーテン少し浮いた前髪も
すべて心地いいさ

それに割れてしまった卵焼き ついてないなあ
バランスをとっても溢れちゃうや
少し辛くて少しすっぱくて
甘ったるかったりさ

とりあえず今日は

バラの花に願いこめてさ
馬鹿な夢で踊ろう
愛を伝えたいだとか
臭い事ばっか考えて待ってても
だんだんソファに沈んでいくだけ
僕が明日いい男になるわけでもないからさ
焦らずにいるよ
今日は日が落ちる頃に合えるの?

完璧な男になんて惹かれないと
君が笑っていたから悔しいや
腐るほど話したいこと沢山あるのにな
寂しいさ

結局のところ君はさ どうしたいの?
まじで僕に愛される気あんの?
雫が落ちてる 窓際目の際お気に入りの花

とりあえず今日は

部屋の明かり早めに消してさ
どうでもいい夢を見よう
明日は2人で過ごしたいなんて
考えていてもドアは開かないし
だんだんおセンチになるだけだ僕は
愛が何だとか言うわけでもないけど
ただ切ないと言えばキリがないくらいなんだ
もう嫌だ

ろうそく炊いて バカでかいケーキがあっても
君が食いつくわけでもないだろう
情けないずるい事ばかりを
考えてしまう 今日は

バラの花もないよ
汚れてるシャツに履きなれたジーパンで
愛を伝えたいだとか
臭い事ばっか考えて持ってても
だんだんソファに沈んでいくだけ
僕が明日良い男になるわけでもないからさ
焦らずにいるよ
今日は日が落ちる頃に会えるの?


はじめに

2017年に発売されたあいみょんの2枚目のシングル、『愛を伝えたいだとか』。本シングル発表時のあいみょんの年齢は若干21歳。しかしその卓越した表現力によりMVの視聴回数が1500万回を突破するなど大きな話題となりました。今回はこの『愛を伝えたいだとか』の歌詞を考察、解説してまいります。

 

主人公の日常を浮かび上がらせる情景描写

健康的な朝だな
こんな時に君の愛してるが聞きたいや
揺れるカーテン少し浮いた前髪も
すべて心地いいさ

それに割れてしまった卵焼き ついてないなあ
バランスをとっても溢れちゃうや
少し辛くて少しすっぱくて
甘ったるかったりさ

一番Aメロです。

歌詞の解説のためまずこの曲の主人公を説明します。

のちに「僕」という一人称が出てくるようにこの曲の主人公は男性です。

そしてAメロの「こんな時に君の愛してるが聞きたいや」とあることから恋人がいることが推察されます。

そんな主人公が過ごす朝の情景描写から『愛を伝えたいだとか』は始まります。

恋人のことを思いながら風を受けたり、失敗しながらも卵焼きを焼いたりと何気ない日常描写が続き、主人公の過ごす朝をくっきりと浮かび上がらせます。

 


恋人に愛が伝わっているか苦悩する

とりあえず今日は

バラの花に願いこめてさ
馬鹿な夢で踊ろう
愛を伝えたいだとか
臭い事ばっか考えて待ってても
だんだんソファに沈んでいくだけ
僕が明日いい男になるわけでもないからさ
焦らずにいるよ
今日は日が落ちる頃に合えるの?

 

一番サビです。「愛を伝えたいだとか」というこの曲のタイトルが歌詞にも登場します。

ここで歌われるのは「どうすれば思いがしっかりと伝わるのか?」と悩む主人公の姿。

その姿をありありと描き出すのが「だんだんソファに沈んていくだけ」と言う部分です。

伝え方に思い悩んだ結果ソファに倒れ込み、体が沈むだけでなく気持ちまでも沈んでしまっている主人公の状態が良くわかる歌詞です。

「愛を伝えたいだとか」と吐き捨てるような言い方からも思いをしっかりと伝えたいけれど、どうすれば良いかわからず苦悩する主人公の姿がよくわかります。

 

どうすればもっと愛されるのか?

完璧な男になんて惹かれないと
君が笑っていたから悔しいや
腐るほど話したいこと沢山あるのにな
寂しいさ

結局のところ君はさ どうしたいの?
まじで僕に愛される気あんの?
雫が落ちてる 窓際目の際お気に入りの花

 

二番Aメロです。一番サビでは主人公が思いをより伝えたいけれど伝え方がわからず苦悩する姿が歌われていました。対してここで歌われるのは恋人に愛されるための方法がわからず苦悩する姿です。

完璧な男には惹かれない。じゃあどうすれば良いのか、と悩むもののプライドからかそれは恋人には聞けない。

そんなフラストーレションが溜まった結果、「まじで僕に愛される気あんの?」という一見するととてつもなく高飛車に聞こえる歌詞へと続くのです。

この部分だけ抜粋するとどんな男なんだ、と思ってしまいますが一番の歌詞から追っていくと、主人公が愛の伝え方もわからず、愛され方もわからず、悩みに悩み思わず出てしまった一言であることがわかりますね。


悩みは続く。しかし逢瀬を重ねる。

とりあえず今日は

部屋の明かり早めに消してさ
どうでもいい夢を見よう
明日は2人で過ごしたいなんて
考えていてもドアは開かないし
だんだんおセンチになるだけだ僕は
愛が何だとか言うわけでもないけど
ただ切ないと言えばキリがないくらいなんだ
もう嫌だ

ろうそく炊いて バカでかいケーキがあっても
君が食いつくわけでもないだろう
情けないずるい事ばかりを
考えてしまう 今日は

バラの花もないよ
汚れてるシャツに履きなれたジーパンで
愛を伝えたいだとか
臭い事ばっか考えて持ってても
だんだんソファに沈んでいくだけ
僕が明日良い男になるわけでもないからさ
焦らずにいるよ
今日は日が落ちる頃に会えるの?

二番サビ〜Cメロ〜大サビです。

私がこの曲を初めて聞いた時、曲の一番からずっと続く主人公の苦悩が曲の最後には何らかの形で解決されるだと思っていました。

しかし、やはり恋愛とはうまくいかないもの。

最後まで主人公の苦悩は続くのです。

それを示すように曲の中で最も印象的な部分の一つであるCメロでもこのように歌われています。

ろうそく炊いて バカでかいケーキがあっても
君が食いつくわけでもないだろう
情けないずるい事ばかりを
考えてしまう 今日は

 

表現は変えつつではありますが、Cメロで歌われるのも「どうすればもっと愛が伝わるのか?」「どうすればもっと愛されるのか?」という悩み。

『愛を伝いたいだとか』全体を通して悩み続ける主人公の姿にはもはや同情の念を禁じ得ませんね。

が、曲の最後は「今日は日が落ちる頃に会えるの?」と悩む描写でなく、実際に会おうとする姿で締めくくられます。
悩みながらもそれでも会おうとする。そしてまた悩むのでしょう。

いつか主人公が恋の悩みから解放されて恋人と愛をより深めてくれることを祈るばかりです。

 

終わりに

今回あいみょんの『愛を伝えたいだとか』の歌詞を考察した結果、恋に苦悩する男の姿をこれでもかと描写した曲であることがわかりました。

恋に悩んだ経験のある方は共感してしまう方もいるのではないでしょうか。

徹底的にその苦悩を描き切ることで恋のリアルさが浮かび上がってきて、私はこの曲を聞き終わった後、身につまされる思いがしました。皆様も是非聞いてみてください!



この記事をシェアする!