足立佳奈 『ひとりよがり』歌詞の意味を考察・解釈

君と過ごした日々の思い出たちが
夏の空にゆらゆら浮かんで消える
またきっと 会えるよね
ひとりでそっとつぶやいた

手をつないで走った
ずっと離したくないと
砂に残る足跡
まだ終わらないで夏

会いたいな 何度でも
会えないの? もう二度と
教えてよ 本当の
君の気持ちを
あいまいな恋なんて
バカみたいだな
忘れない 忘れられない
このまま時が止まればいいのに

君と過ごせる僕は幸せものです
いつか終わりがくると分かっているのに
また明日って その笑顔
君の優しさ ずるいよ

波が消した足跡
戻らないと知っていても
君の影探して
連れていかないで夏

会いたいな 今すぐに
会えないの? もう一度
サヨナラも言えないで
最後の花火
君の横顔も仕草も全部
忘れない 忘れられない
このまま時が止まればいいのに

願うばかりで
何も言えずに
見送る僕は… あぁ

最初が君だから
忘れない 忘れられない

会いたいな 何度でも
会えないの? もう二度と
言わないで 本当の
君の言葉を
あいまいな恋なんて
バカみたいだな
忘れない 忘れられない

君と過ごせて幸せでした


はじめに

『ひとりよがり』とは2019年7月22日にネット上で公開された楽曲です。
同年8月21日リリースが決定されておりファンの間で注目されています。
上記のシングルは恋愛ナンバー3曲で構成されており今作以外に「恋する気持
ち」「ふたり」が収録されています。

またAbemaTV「今日、好きになりました。夏休み編」テーマソングともなって
います。
動画再生回数は公開から2週間で50万近くまで伸び人気の高さが理解できます。

今作MVの内容について少し触れておきましょう。
足立佳奈さんがエモーショナルに歌い上げるシーンと男女の切ない演出が交互に
組み合わされた構成になっていました。

女性キャストに新井遥さん、男性キャストに倉悠貴さんが選ばれています。
電車に揺られながら男性が彼女との交際を回想を繰り返していきます。
押さえておきたい点が今作が「男性目線」で書かれたラブソングであるというこ
とです。

流行と言っても過言ではないほどに「異性が異性目線を歌う」のが人気です。
通常とは違った感情が漏れ出してくるようで音楽に新鮮味が加わるようです。

足立佳奈さんの考察記事を執筆するのは初めてなのでアーティスト情報も少し
記載したいと思います。

足立佳奈さんは岐阜県海津市出身のシンガーソングライターです。
岐阜県の南側であり三重県と愛知県に隣接した場所です。

2014年にLINE×SONY MUSICオーディションで12万5094人の中からグランプ
リを獲得しました。
伸びと厚みのある美声は非常に印象的であり幅広い年齢層から支持されていま
す。

しかし彼女の音楽活動に火をつけたのはある別の出来事でした。

2017年2月、Twitterにアップした15秒動画「キムチ~笑顔の作り方~」が中高
生の間で話題となったのがきっかけでした。
後に学生の中で社会現象となり、その動画をベースに2017年8月に「笑顔の作り
方~キムチ~/ココロハレテ」でメジャーデビューを果たしました。

通常キムチはご飯に合うものですがファンのニーズにも合ったんですね。
筆者のささやかな冗談は横にそっと置いて、さっそく気になる歌詞の考察を始め
ていくことにしましょう。

タイトル『ひとりよがり』とは

「ひとりよがり」とは「自分の判断だけで良いと思い込み、他の人の考えを聞こ
うとしない」ことを指す用語です。
悪い意味で使われる言葉ですが、今作のように自分を戒めたり、反省したりする
ときに使う場合、用語が持つ強烈な意味は省いてよいと思います(独善的など)

恋愛における自分を戒める、あるいは反省するケースとして次のようなものが
挙げられると思います。

・好きだと思っていたのは自分だけだった
・すっかり相手も自分のこと好きだと思っていた
・交際の進め方、気持ちの配慮の面で成功していると考えていた。

などが考えられます。

これに対する解答は大抵、相手と決別した後なので得ることができないもの
です。
ですから自問自答に苦しむことになるかもしれません。
MVの男性も電車の中で回想を交え、自問自答を繰り返したのでしょう。

ですからタイトル『ひとりよがり』には上記のような複雑な心情が溢れてい
ると考えられます。
続く部分で細かな解釈を加えていきます。


『ひとりよがり』歌詞の意味

思い出は夏の空へと

君と過ごした日々の思い出たちが
夏の空にゆらゆら浮かんで消える
またきっと 会えるよね
ひとりでそっとつぶやいた

手をつないで走った
ずっと離したくないと
砂に残る足跡
まだ終わらないで夏

前述でも記載しましたが今回の歌詞は男性目線であるため
主人公を男性として考察を進めていきたいと思います。

主人公は毎年、夏の季節に彼女との思い出を回想するよう
です。
それは彼女と出会った季節、もしくは彼女と過ごした一番
思い出深い季節だったのでしょう。

MVでも夏の装いをした彼女と一緒にいるシーンが観察でき
ます。

彼は彼女と最初に出会ったときに、自分の中で呟いた気持ち
を再び口にしています。
「またきっと会えるよね」
彼の会いたい気持ちと心配が詰まっているフレーズです。

続く歌詞では彼女と過ごした日々の想い出に戻っています。
手を繋いで砂浜を二人で走ったのでしょう。
彼は「一緒にいたい」という気持ちを繋いだ手の握り方で、
彼女に伝えました。

彼が振り返ると砂浜の上に足跡が残っていました。
それは出会ったばかりの二人の関係性を表現しているかの
ようでした。
いつ波に消されてもおかしくない不確かな強さです。

彼は面と向かって彼女に「ずっと居てくれないか」と伝え
る勇気が出ません。
ですから代わりに夏の季節に「二人の時間」が永遠に続く
よう願うのでした。

しかしそんな夏の季節の思い出も、夏の空への消えていく
のです。


一方通行の欲求

会いたいな 何度でも
会えないの? もう二度と
教えてよ 本当の
君の気持ちを
あいまいな恋なんて
バカみたいだな
忘れない 忘れられない
このまま時が止まればいいのに

この部分では彼の彼女を乞い求める気持ちの強さが
強力に表現されています。

何度でも会いたい気持ち、そして会えない時の心痛、
それらすべては自分だけなのかと不安にもなります。
彼女の本当の気持ちが知りたくてたまらなくなった
のです。

なぜならば、相手が同じ気持ちを抱いていなければ
それは一方通行の要求だからです。

そして彼女と別れた今となっては自分の抱いてきた
すべての欲求が「ひとりよがり」であったのだと実
感しているのです。

「あいまいな恋」「バカみたい」自分を責める言葉
が次から次へと頭の中に並んでいきます。

それでも彼女と出会ったときに強く感じた「忘れな
い」という気持ちが「忘れられない」のでした。

MVでイヤホンを男性が付けていたのは、彼女と聴
いていた思い出深い曲なのかもしれません。
思い出も音楽もすべてが彼の体の一部となっていた
ことをここから理解できます。

終焉の予感

君と過ごせる僕は幸せものです
いつか終わりがくると分かっているのに
また明日って その笑顔
君の優しさ ずるいよ

ここでもタイトル「ひとりよがり」が色濃く出て
います。

彼は彼女と過ごす時間が幸せであり自分は恵まれ
ているのだと認識しています。

彼女はとても優しくて可愛いのでしょう。
そんな彼女と自分が釣り合わないと彼は考えてい
たのかもしれません。

続くフレーズ「いつか終わりがくると分かってい
るのに」という部分からそれが裏付けられていま
す。

それでも彼女は「また明日」と約束を交わしてく
れるのです。

彼はこの時の彼女から示された優しさを全身に受
け止めて信じます。

それでも別れた後で「本気で交わした約束」でな
いこと「思い合っていなかった」ということを悟
るようになってしまうのです。


初恋の力

最初が君だから
忘れない 忘れられない

君と過ごせて幸せでした

「最初が君だから」つまり初恋の相手が彼女なので
非常に意味深く特別な存在であることを表現してい
ます。

初恋はインパクトが強くなかなか根強いものがある
ようです。
すべてが新鮮であり気持ちも感覚もピュアです。

彼は忘れられない気持ちを今日も胸に抱き、悲しみ
ます。
それでも最後に彼が口にした言葉、それは彼女への
感謝だったのは褒められるべき点ではないでしょうか。。

まとめ

いかがだったでしょうか。
男女の甘酸っぱい青春を綴った歌詞、そして片側の
切ない気持ちがリアルに表現されていましたね。

MVに登場する3人の感情表現もとても魅力的であり
迫力がありましたね。

この夏に恋愛を始める皆さん、今作を聴いて自分の
思いが相手の思いと同じかどうか確認してみるのは
いかがでしょうか。
両思いであることを筆者は願っています。

足立佳奈さんの今後の活動と次回作に期待し注目し
ていきたいと思います。