砂糖塩味の「楽曲考察・解釈記」

楽曲の歌詞やMVから意味の解釈・考察をしていきます

レン(楠木ともり)『To see the future』歌詞の意味・解釈と考察

フォロワー7000人ありがとうございます!!
作者の意図や訴えを知ること、考えることでその音色は何通りにも変化します。
しかしながら多くの方々はメロディーと歌声ばかりに耳が向き、「作曲された意図」を考えていません。
私はそんな方々の代わりに楽曲の解釈・考察をして、新たな音楽の楽しみ方を提供したいと考えています。
「楽曲考察」の文化を一緒に築き上げて行きたいです。

f:id:ib-iv:20180511235612j:plain

窮屈なリアル息がつまる 逃げられない 毎日

居場所を探す交差点 一歩踏み出せたら

 

或いは誰かに 期待しすぎかな?

確かめるようにキミに触れた

 

なりたい自分もなれない自分も

必要とされるなら 力になる生きてゆける

 

明けない夜はないよ ないよ 

だから You say good night

朝のひかりがひかりが

僕ら導くから迷いも不安も

この手の中に 目を閉じ To See the future

 

ガラス窓に ぶつかる 通り雨の 行き先

逃げ道だらけの 僕らを つれてってくれないか?

 

3つ数えたら(数えたら)消えてしまうかな?

訪ねるように 君に触れた

 

なりたい自分も なれない自分も

受け入れられたとき 力になる  強くなれる

 

消せない傷は ないよ ないよ

だから You say good night

月の ひかりが ひかりが

優しく包むから 悲しみも喜びも

この手の中に 目を閉じ To See the future

 

不自由な僕たちは 何だって 信じたくなるよ

意地悪な 神様はきっと 全部知ってるんだろう

 

明けない夜は ないよ ないよ

だから I say good night

朝のひかりが ひかりが

明日へ導くから

迷いも 不安も

この手の中に おやすみ To See the future

(To See the future)

 みなさん、ガンゲイル・オンラインはもうご覧になったでしょうか?

SAOのスピンオフのようなこの作品ですが、エンディングがとてもポップでかわいいんです!しかも歌手は主人公のレンの声優、楠木ともりさん!!

この『To see the future』歌詞の意味ですが、実は作品と関連づけられているです!

そこで今回も私、砂糖塩味が『To see the future』の歌詞の意味を解釈してみたいと思います!

タイトル『To see the future』の意味とテーマ

直訳すると、”未来を見るために”

 

主人公の小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)は自分の「背が高い」というコンプレックスからVRゲームに没頭するわけですが、本質的に「自分を変えたい」という目的が設定されています。

それは2話あたりでもレン(ゲーム内の名前)が言ってましたよね!

 

そんな誰にでも持つコンプレックスを受け入れ、自分の未来を明るく導こうとするのがこの曲『To see the future』なんです!

 

また、ガンゲイル・オンラインでは

小比類巻 香蓮(現実)とレン(理想)の対比が非常に深く描かれています。

その辺りも踏まえながら考察していきましょう!

『To see the future』歌詞の意味

逃げ出したいリアル

窮屈なリアル 息がつまる

逃げられない 毎日

居場所を探す 交差点

一歩 踏み出せたら

「背が高い」というコンプレックスを持つが故に毎日毎日窮屈な思いをする香蓮

 そんな現実を飛びだしたいと願います。

 

交差点とは、現実と理想が交わる地点。

つまり、VRゲーム内のことを指しているのでしょう。

 

或いは誰かに 期待しすぎかな?
確かめるように キミに触れた

しかし香蓮は大学に入ってもなおその現実を抜け出せていないわけです。

その原因は誰かが助けてくれることを期待していたから

 

つまり、変えようのない現実を他者がいつか変えてくれると期待をしていたのです。

しかし現実は決して変わりません。

 

ここで、

「キミ」=「レン」

キミとはGGOゲーム全体でもあり、そのアバター「レン」でもある

  

自分を変えたいと強く思い、実行するべく「レン」へその思いを託します。

ここでの「変えたい」とは容姿ではなく考え方や気持ちのことですので注意して下さい!

 

少し矛盾するようですが、VRゲーム内では周り目も気にならないため、初めて自分のありのままの姿でいられるのです!

 

現実の自分を認める

なりたい自分も なれない自分も
必要とされるなら
力になる 生きてゆける

このアニメでは

 VRゲームを通して現実の自分を誇れるようになります。

 

レンは香蓮 を必要とし、香蓮はレンを必要とする。

そんな支え合った構図であることがわかります。

未来を見るため

明けない夜は ないよ ないよ
だから You sayGood night
朝の光が 光が 僕ら導くから
迷いも不安も この手の中に
目を閉じ To See the future

"明けない夜はない"

つまり、どんな人にも必ず 、明日はくる。

 

ここで最も訴えたいことは、

未来は誰でも見ることができる

というこなんです!!

 

人生の壁と未来

ガラス窓に ぶつかる
通り雨の 行き先
逃げ道だらけの 僕らを
連れてってくれないか

ガラスの窓=見えない壁

つまりその道に直進したにもかかわらず、途中でその壁にぶつかってしまいます。

その都度、自分の意思を曲げ迂回してしまう。。。

 

しかし、先ほどは「未来は誰でも見ることができる」と言いましたが少し矛盾してるように思われますが、違うんです。

「ガラス」とあるように、その道を直進すれば、その未来は壁越しにでも、いつしか見れるんです。

しかし、迂回してしまったらそのガラス窓の景色は一生みることができません

 

3つ数えたら 消えてしまうかな?
尋ねるように キミに触れた

3つ数えたら、とあるように、理想の自分(VRゲーム上の自分)はボタン1つで消えてしまう。

 そんな不安な時も「キミ」=「ぴーちゃん」に尋ねように触れる。それほど信頼

 

本当の自分を受け入れる

なりたい自分も なれない自分も
受け入れられたとき
力になる 強くなれる

なりたい自分=レン

なりたい自分=香蓮 

 

しかしながら、GGOを通してお互いにお互いを受け入れ合う。

 

自分を受け入れた時はじめて未来は明るくなるのです!

 

未来から目を逸らすな

消せない傷は ないよ ないよ
だから You sayGood night
月の光が 光が 優しくつつむから
悲しみも喜びも この手の中に
目を閉じ To see the future

 

未来を見ると、どうしても悲しみなど嫌なことが目に入ります。

しかしながら、そうした悲しみも乗り越えていけます。

 

だから、「未来から目を逸らすな」と訴えています

 

不平等な世の中で

不自由な僕たちは
なんだって 信じたくなるよ
いじわるな神様は
きっと全部知ってるんだろう

不自由な僕たち

つまり、誰だってコンプレックスを持つ世の中ではその救いどころを常に探している人々を指しています。

 

そんな平等でない世界や嫌になるような未来も神様は全部しってて何もしてくれません。

 

最初に出てきた「或いは誰かに 期待しすぎかな?」

と繋がっていますね!

他人に期待をすることはやめ、自分の足で歩き出します!

 

明けない夜は ないよ ないよ
だから I sayGood night
朝の光が 光が 明日へ導くから
迷いも不安も この手の中に
おやすみ To See the future

To See the future

 先ほどと同様、

未来は誰でも見ることができる

 

”迷いも不安も この手の中に”

とあるように、全てを受け入れることで私たちは明日を見ることができるのです!

最後に

GGO内の背景が色濃く映し出された『To see the future』

レンと香蓮がお互いに受け入れ合い、未来を導くというとてもポジティブな曲となりました!!

 

そして解釈だけでなく楠木ともりさんの歌声もとても可愛いですよね!

ぜひこの記事を読んだ後にエンディングを見返して頂きたいです!!