Mrs. GREEN APPLE『青と夏』歌詞の意味・考察と解釈


涼しい風吹く

青空の匂い

今日はダラッと過ごしてみようか

風鈴がチリン

ひまわりの黄色

私には関係ないと

思って居たんだ

夏が始まった

合図がした

“傷つき疲れる”けどもいいんだ

次の恋の行方はどこだ

映画じゃない

主役は誰だ

映画じゃない

僕らの番だ

優しい風吹く

夕焼けの「またね」

わかっているけどいつか終わる

風鈴がチリン

スイカの種飛ばし

私にも関係あるかもね

友達の嘘も

転がされる愛も

何から信じていいんでしょうね

大人になってもきっと

宝物は褪せないよ

大丈夫だから

今はさ

青に飛び込んで居よう

夏が始まった

恋に落ちた

もう待ち疲れたんだけど どうですか?

本気になればなるほど辛い

平和じゃない

私の恋だ

私の恋だ

寂しいな

やっぱ寂しいな

いつか忘れられてしまうんだろうか

それでもね

「繋がり」求める

人の素晴らしさを信じてる

運命が突き動かされてゆく

赤い糸が音を立てる

主役は貴方だ

夏が始まった

君はどうだ

素直になれる勇気はあるか

この恋の行方はどこだ

映画じゃない

愛しい日々だ

恋が始まった

合図がした

今日を待ちわびた なんて良い日だ

まだまだ終われないこの夏は

映画じゃない

君らの番だ

映画じゃない

僕らの青だ

映画じゃない

僕らの夏だ




Mrs. GREEN APPLE『青と夏』は2018年8月1日に発売された彼らの7枚目のシングルです。

映画「青夏 君に恋した30日」の主題歌なので、この映画をご覧になって『青と夏』やMrs. GREEN APPLEを好きになった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

MVも疾走感と共にストーリー性があり、何気ないのに目が離せなくなるような場面が続く、素晴らしい映像です。

では今回は、Mrs. GREEN APPLE『青と夏』の歌詞の世界をゆりはるながじっくり考察してみたいと思います。

タイトル『青と夏』の意味・テーマ




『青と夏』

このタイトルから何を連想しますか?

MVでは、思春期の少年少女のシーンが中心です。

また、お父さんが嬉しそうにビールを飲んでいる、息子のためにお弁当を作るお母さん、亡くなった妻のお仏壇に手を合わせるおじいさん、など様々な夏の場面が描かれます。

一見、「思春期」や「青春」を連想させるタイトルですが、それだけがテーマではありません。


「青」と「夏」という言葉の行間を読んでみると、それが一瞬の輝く場面、しかし「青=憂鬱、哀しみ」

場面を表していることが分かります。

歌詞の考察


全てが色褪せる無関心


涼しい風吹く

青空の匂い

今日はダラッと過ごしてみようか

風鈴がチリン

ひまわりの黄色

私には関係ないと

思って居たんだ


誰にも覚えのある風や青空、花の色。

夏が目の前に現れたような気持になります。

思わず、だらだらと微睡みたくなりながらも、なぜか「私には関係ない」と思う自分。


辛いことがあったのか、いらいらしているのか、はたまた人生に無関心になったのか。

色鮮やかな夏の色も匂いも、取るに足らない、感じるに値しないものになっています。

楽しいことよりきついことが多くても


夏が始まった

合図がした

“傷つき疲れる”けどもいいんだ

次の恋の行方はどこだ

映画じゃない

主役は誰だ

映画じゃない

僕らの番だ


始まってしまった夏。

そして恋。

文字通りの意味だけでなく、夏とは、人間にとってどのような季節なのでしょうか。


曇り空と雪と氷の痛みと傷と苦しみの「冬」を知らず、「心の夏」は始まりません。


痛みの末、悩みの末、ふと金色の陽光が一筋さすような、心の中の夏――微笑みや優しさ、ぬくもり、そんなわずかな合図で始まるのです。

そして恋とは。


諦めてしまいかけていること、無関心なこと、自分で自分を嫌いなこと。

自分を苦しめた全てから、本当に自分が求めていたものが見つかります。

その行方を、目まぐるしい季節に翻弄されながら、人は生きていくのです。


映画のような派手な演出もなく、劇的な展開はありません。

けれど、誰の目にも止まらなくとも、合図に気が付きます。

スクリーンの真ん中に飛び出していく時間がやってきたのです。

ささやかなことも自分に還っていく


優しい風吹く

夕焼けの「またね」

わかっているけどいつか終わる

風鈴がチリン

スイカの種飛ばし

私にも関係あるかもね


何もかもが、いつまでもは続かない。

その寂しさをこじらせてしまえば、「関係ない」と無関心を装うことで一見心は楽になります。

しかし、小さな全てのことが、自分と無関係ではないと気が付き始めます。



結果ばかりを追いかる必要はなく、心の中で、風景も音も、出会いも別れも、自分の一部

なのだと認めることができるようになっていきます。

不信のからのダイブ


友達の嘘も

転がされる愛も

何から信じていいんでしょうね

大人になってもきっと

宝物は褪せないよ

大丈夫だから

今はさ

青に飛び込んで居よう


青という言葉は、英語ならばBlueですね。



青は、とても爽やかで落ち着いた色。

この言葉は、色の名前と共に、憂鬱や哀しみを意味しています。

何を信じていいのか分からない自分の憂鬱へ飛び込め、そして、海の青、空の青、汗の青、涙の青へ突っ込んでいこう、と語られます。

それぞれに持つ輝くものは、そこに飛び込んでいっても失われません。

必死で飛び込んだことそのものが宝物なのです。


言い聞かせながら自分に気づく姿


夏が始まった

恋に落ちた

もう待ち疲れたんだけど どうですか?

本気になればなるほど辛い

平和じゃない

私の恋だ

私の恋だ




痛いほどに輝く陽光の中、望む結果が得られず落ち込む姿。

待ち続けても努力しても頑張っても、どうしても叶わないことがあるという厳しい現実
が目の前に広がります。

人生は決して平たんな道ではありません。

けれども、合図に気が付いた私の恋――それは夢やあこがれや友情も含まれ――を歩んでいきたいという決意が語られます。

独りぼっちで引き寄せる強い糸


寂しいな

やっぱ寂しいな

いつか忘れられてしまうんだろうか

それでもね

「繋がり」求める

人の素晴らしさを信じてる

運命が突き動かされてゆく

赤い糸が音を立てる

主役は貴方だ


誰にも語れない気持ちの独白。

弱さをさらけ出す姿です。

「繋がり求める」「人の素晴らしさを信じる」……冒頭の私とは別人のような言葉が溢れます。


他人や偶然から幸せを得るのではなく、自分の心でそれを形創っていく勇気を持とうとしているかのようです。

運命を突き動かしたのは、誰でもない自分。赤い糸をつないだのは、心の傷を知っている自分自身です。

出演者がたった一人でも、自分の人生の脇役はもう終わりの時。


決意と勇気の閃光


夏が始まった

君はどうだ

素直になれる勇気はあるか

この恋の行方はどこだ

映画じゃない

愛しい日々だ

恋が始まった

合図がした

今日を待ちわびた なんて良い日だ

まだまだ終われないこの夏は




嫌いなことを嫌いと言えますか?

その理由を言えますか?

好きなことを好きと言えますか?

理由もなく好きなんだと言い切れますか?

笑いたくもない場面で笑わなくてはならない時があるでしょう。

哀しくないのに哀しい顔をしなくてはいけない時があるでしょう。

本当にしたいことを出来ずにいる時があるでしょう。

その想い――恋――の行方は、今はまだ分かりません。

けれど、一筋の陽光が合図を送れば、自分で自分についた嘘でさえも乗り越える勇気を人は持てるのでしょう。


現実を歩き続ける終わりの始まり


映画じゃない

君らの番だ

映画じゃない

僕らの青だ

映画じゃない

僕らの夏だ


映画を見ても、音楽を聴いても、創っても、壊しても、何をしても、この世界は変わりません。


人生がよりよく楽しくなる保証はありません。

苦しみ、傷、挫折、悲しみ、別れ、自己嫌悪の冬を味わい尽くします。


そして、鮮やかでさわやかな憂鬱の青
、わずかな合図の輝く夏
の囁きを、自分自身の力で感じ取りながら、人は生きていきます。


まとめ


Mrs. GREEN APPLE『青と夏』、爽快感あふれる楽曲。そして、生きている限り逃れられない喪失、飛び込む勇気、痛みからしか生まれない輝きを歌い上げています。

聴いていると、中学生や高校生だった頃感じていたことを思いだしたり、今もずっと同じようなことで悩んでいると気が付いたり。

大人が聴いても違和感なく、小さなささやかなことの大切さが、切々と伝わってきます。

冒頭にも書きましたが、MVもまるで短編映画を見ているような映像で必見!機会があればぜひご覧になってみてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す