HoneyWorks『金曜日のおはよう』歌詞の意味・解釈と考察

おはようのオーディションして

髪型もバッチリOK

金曜日は頑張らなくちゃ

だって2日会えないからね

 

8:00 2車両目お気に入りの特等席

隣の人眠そうですね そんな日常

8:07 開くのは向かいのドア息を呑む

言いかけてた ”その言葉” は今日も逃げた

 

きっかけシンプルでいいのに意気地ないな

勇気のテスト乗り越えなきゃ 逃げるなって・・・

 

おはようのオーディションして

弱虫な自分に勝って

金曜日は頑張らなくちゃ

だって2日会えないからね

眠そうな君を見てる

それだけで満足しちゃって

ダメだって「頑張らなくちゃ」

そっと声に出してみた

 

8:00 2車両目座られてた特等席

ついてないな 空模様まで泣きそうです

8:07 準備まだ、ちょっと待ってドキドキが・・・

震え混じりの ”その言葉” はかき消された

 

雨宿り立ち尽くす僕に「傘をどうぞ」

君は少し恥ずかしそうに下を向いた

 

「ありがとう」震えていた

練習してない言葉 言えたから頑張らなくちゃ

だって2日会えないからね

大好きな君を見てる

それだけじゃ満足しなくて

月曜日頑張らなくちゃ

そっと声に出してみた

 

夢では自然に話せるのに

勇気のテスト乗り越えるから少し待ってて

 

おはようのオーディションして

髪型もバッチリOK

8:07に君を待ってる

だって今日は言えるから

おやすみも言いたいけれど ちょっと待って

大好きな言葉なんだ

だって君に会えるからね

はじめに

今回は、HoneyWorksの『金曜日のおはよう』の歌詞を考察します。

特に、女子高生に人気であるHoneyWorks。

青春がテーマの曲で、歌詞が女子高生にとってタイムリーであることが人気の理由のようです。

ただ、あいさつをするだけなのに、緊張してしまう。

高校生という儚い時期にしか、感じることのできない感情。

大人になってから聴くと、その頃のことを記憶の断片をかき集めるように、

思い出すことができるのではないでしょうか。

『金曜日のおはよう』という曲名は、一見では意味が読み取れませんが、歌詞を知ることで、「なぜ金曜日のおはようなのか。」ということが、腑に落ちます。

では、考察をはじめます。

『金曜日のおはよう』の歌詞中の登場人物

まず、主人公はこの歌をうたっている高校生の男の子です。

毎朝、電車に乗り学校に通っています。

そして、その男の子は、ある女の子に恋をしています。

男の子は、電車で毎朝会うその女の子に「おはよう」と声をかけたいけど、かけられないシャイな子です。

実は、『金曜日のおはようーanother storyー』という、もう1つの『金曜日のおはよう』があるんです。

男の子が、なかなか「おはよう」を言うことができないと苦戦している時に、女の子は何を考えていて、何を感じていたのかが描かれています。

ぜひ女の子目線も、聴いてみてくださいね。

『金曜日のおはよう』の歌詞の意味


2日会えないことが寂しい

おはようのオーディションして

髪型もバッチリOK

金曜日は頑張らなくちゃ

だって2日会えないからね

「おはよう」の一言が、なかなか言えない。

「おはよう」と言うことを、オーディションと表現していることで、そのことが、どれだけ大事な場であるかを示しているように感じます。

土日を挟んでしまうことで、「だって2日会えないから」と、学生時代に感じた人は多いのではないでしょうか。

好きな女の子に会えるのは、月曜日から金曜日の朝だけで、それがすごく楽しみだということ。

金曜日になると、2日間会えないのがちょっぴり寂しくて、切ない気持ちになる。

男の子のがっかりする気持ちが読み取れます。

だから、金曜日は頑張る。

この歌詞を聴くと、自分も頑張ろうという気持ちになりますね。

君に会えることが楽しみ

8:00 2車両目お気に入りの特等席

隣の人眠そうですね そんな日常

8:07 開くのは向かいのドア息を呑む

言いかけてた ”その言葉” は今日も逃げた

いつも駅のホームの同じ位置で、電車を待つ。

電車が来て、いつもと同じ席に座る。

だいだい顔ぶれは同じで、だけど、

好きな女の子と会えることは、男の子の気持ちを新鮮で、嬉しい気持ちにさせる。

8:00から8:07の間は、きっと、まだかな・まだかなと、楽しみな気持ちなのではないでしょうか。

そして、今日もまた言えなかった。

男の子は、学校に登校してからも、モヤモヤとした気持ちを持ったままで、今日1日を過ごしているように思えます。

その時間に、その女の子をより好きになる男の子をイメージすることができます。


ずっと君を見ていたい

おはようのオーディションして

弱虫な自分に勝って

金曜日は頑張らなくちゃ

だって2日会えないからね

眠そうな君を見てる

それだけで満足しちゃって

ダメだって「頑張らなくちゃ」

そっと声に出してみた

「眠そうな君を見てる」という歌詞は、大人になってからこの曲を聴いても共感できます。

直視していたら、変だと思われるから、こっそり見る。

君にときめいている。君が一番かわいい。

恋をしている時、いつもと景色が違って見える。

眠そうな女の子をみて、男の子は、柔らかい優しい気持ちになっているようです。

ふとしたきっかけで

雨宿り立ち尽くす僕に「傘をどうぞ」

君は少し恥ずかしそうに下を向いた

ここで、展開が変わります。

女の子が男の子に、傘を貸してくれた。

君が少し恥ずかしそうに下を向いたことに、僕はもっと恥ずかしくなった。

思いもよらないことが起こり、男の子は 戸惑いながらも、嬉しい気持ちになったと思います。

現実的に、このシチュエーションはあまり起こらないと思いますが、

ずっと、あいさつをしようとしても、できなくて、

だけど、やっと話すことができたという嬉しい気持ちには、共感できます。

話したいと思っていた人と話すことができたという喜びは、いくつになっても、感じることなのではないでしょうか。


月曜日頑張らなくちゃ

「ありがとう」震えていた

練習してない言葉 言えたから頑張らなくちゃ

だって2日会えないからね

大好きな君を見てる

それだけじゃ満足しなくて

月曜日頑張らなくちゃ

そっと声に出してみた

「おはよう」さえも言えなかったけれど、「ありがとう」と言うことができた。

震えてしまったけれど、言うことができた。

「大好きな君を見てる それだけじゃ満足しなくて」という歌詞は、早く思いを伝えたいと解釈することもできます。

人を好きになった時の、もっと、もっと、と思ってしまう気持ちが表現されています。

今まで「金曜日は頑張らなくちゃ」だったのが、「月曜日頑張らなくちゃ」に変化しました。

傘を返すために、月曜日、頑張る。

当たり前のように、好きな人に「おはよう」と言える人もいるけれど、この男の子は、言えなくて、

この男の子のような控えめな子に、この曲は響くんだと思います。

やっと「おはよう」が言える

おはようのオーディションして

髪型もバッチリOK

8:07に君を待ってる

だって今日は言えるから

おやすみも言いたいけれど ちょっと待って

大好きな言葉なんだ

だって君に会えるからね

8:07に、傘を渡すために君を待っている。

今日は、ずっと言えなかった「おはよう」を言える日。

「おはよう」なんて、ただのあいさつだけど、この男の子にとっては、

大切な言葉で、この男の子は繊細な子だということが伝わってきます。

そして、この後の展開が気なりますね。

まとめ

ただ「おはよう」と言えない男の子の話なのですが、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人・自分や周りの人の気持ちに敏感な方は、とても共感できると思います。

抽象的な歌詞は少なく具体的な歌詞が多いのですが、

「嫌われたらどうしよう。」と思って好きな人に話しかけられなかったり、いざ話しかけようと思ったら緊張してしまったり、

そういう自分の感情を、この曲に重ね合わせることができます。

そのことから、タイムリーな高校生だけでなく、どの年代にも伝わる曲だと思います。

 

 



この記事をシェアする!