junky『Happy Halloween』の歌詞に隠された言葉とは?

今回はJunkyさんが作詞作曲作詞まで手がけた、「Happy Halloween」を考察して行きます。
ボーカロイドで歌ってくれるのは「鏡音リン」ちゃんが歌ってくれています。
この曲は平成30年10月現在、ミリオンを達成しており、再生回数は1071156回と再生されています。公開された日は2014年10月10日に公開されています。
ハロウィンの為に書き下ろしされた曲ですが、下記の歌詞を見ると赤い文字があります。この赤文字はあるメッセージが隠されています。
その赤文字についても最後に説明していきたいと思っています。もしかすると今ここでトリックが理解できた方もいるかもしれません。とりあえず考察して行きましょう!
ねえ もう暗くなりそうだから
デちゃってもいいかしら?
ちょっとね 魔法にかけられた
キミのお菓子から食べちゃうぞ
きっと もう霧が濃くなるから
ミンナ 集まるかな?
じっと待って アマイモノ我慢した
ご褒美を ほら
ひとつ ふたつ 鐘の音
騒ぎ出す 小さいオバケたち
今日は許してくれるの
さあ 街に行こう
だって Happy Halloween  悪戯しちゃうぞ ding-dong-dang
あっちもこっちも trick or treat  キャンディーはくれないの?
だって Happy Halloween  幼気(いたいけ)なランタンパンプキン
疲れたジャックも踊るよ 朝まで
だって Happy Halloween  オバケのカブだってラララ
今日は街中 trick or treat  チョコも頂戴よ
だって Happy Halloween  不思議な世界へようこそ
疲れたジャックも歌うよ  Let’s trick or treat
もっと もっと ほしい 欲張りゴースト
もうない? それなら 悪戯の餌食ね
くれない家なんて 庭木に
トイレットペーパーぐるぐるしちゃえ
今夜はランタン灯してるなら 甘いの頂戴
さぁ  Let’s Party Night
ほら だって Happy Halloween  時計も回る tick-tack
あっちもこっちも trick or treat  目もくらむパンプキンパイ
だって Happy Halloween  だから夜更かししちゃうじゃない
疲れたジャックも寝ないわ  朝まで
だって Happy Halloween・・・
今日は Happy Halloween
さぁ  Let’s trick or treat 赤いキャンディー コロがして 朝まで寝たくない

Aメロ 考察

え もう暗くなりそうだから
デちゃってもいいかしら?
ちょっとね 魔法にかけられた
キミのお菓子から食べちゃうぞ
きっと もう霧が濃くなるから
ミンナ 集まるかな?
じっと待って
アマイモノ我慢した
ご褒美を ほら
ひとつ ふたつ 鐘の音
騒ぎ出す 小さいオバケたち
今日は許してくれるの
さあ 街に行こう

とある女の子おばけのお話

この曲は女の子のおばけがハロウィンに向けての気持ちを綴っている曲だと言うことが考察できます。
ちなみに女の子のおばけだと言うことは、実際に動画で見て考察できました。
「みんな集まるかな?」から分かることは、他に一緒に驚かしてくれて街にいたずらしに行ってくれるおばけに向けて言っているものだと考察します。
そんな、他のおばけが集まるかどうかの不安を抱えていた女の子おばけですが、時間になり鐘の音が聞こえてきてきて、小さいおばけが集まってきました。
たくさんの小さいおばけを引き連れた女の子おばけは、街に行き、いたずらをします。

サビの考察。(1回目)

だって Happy Halloween  悪戯しちゃうぞ ding-dong-dang
あっちもこっちも trick or treat  キャンディーはくれないの?
だって Happy Halloween  幼気(いたいけ)なランタンパンプキン
疲れたジャックも踊るよ 朝まで
だって Happy Halloween  オバケのカブだってラララ
今日は街中 trick or treat  チョコも頂戴よ
だって Happy Halloween  不思議な世界へようこそ
疲れたジャックも歌うよ  Let’s trick or treat

いよいよ街へいたずらに行く!

ここでは先ほどの小さなおばけと女の子おばけが街に行き、いたずらをしている様子が描かれています。
ここでのサビは小さいおばけ以外にも登場するおばけがいます。ハロウィンの代名詞でもある「ランタンパンプキン」と怖い顔が特徴的な「ジャック」「おばけのカブ」も参加してのいたずらになります。主人公である女の子おばけは「trick or treat!」と叫びます。しかし中々お目当のキャンディーは貰えません。その貰えない様子が歌詞にも綴られています。その部分は「キャンディーはくれないの?」から考察できます。それと似た歌詞に「チョコも頂戴よ」と記されています。主人公である女の子おばけはとても欲張りだということが考察できます。そんな女の子の「trick or treat!」を断った家が次の歌詞の考察で登場します。断った家はどんないたずらを受けるのでしょうか?

Bメロ考察

もっと もっと ほしい 欲張りゴースト
もうない? それなら 悪戯の餌食ね
くれない家なんて 庭木に
トイレットペーパーぐるぐるしちゃえ
今夜はランタン灯してるなら 甘いの頂戴
さぁ  Let’s Party Night

お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!

Bメロの前には、ギターソロの間奏があるのですがソロも不気味なソロになっています。間奏ではBメロの不気味さを演出する為に、不気味なメロディーになっているものだと考察します。
そんな不気味なBメロの考察ですが、実際にお菓子をくれない家があったのが考察できます。それが分かる歌詞の部分は「もうない?それなら悪戯の餌食ね」から考察できます。そんな女の子おばけが実行した、いたずらは「庭木にトイレットペーパーをぐるぐる巻き」にしてしまうといういたずらです。なんとも可愛らしい、いたずらだと言うことが分かります。そんないたずらを終えた女の子おばけはまた、お菓子を求めまだまだ仲間達と彷徨います。

サビの考察(2回目)

ほら だって Happy Halloween  時計も回る tick-tack
あっちもこっちも trick or treat  目もくらむパンプキンパイ
だって Happy Halloween  だから夜更かししちゃうじゃない
疲れたジャックも寝ないわ  朝まで
だって Happy Halloween・・・
今日は Happy Halloween
さぁ  Let’s trick or treat
赤いキャンディー コロがして
朝まで寝たくない

朝まで寝ないでいたずらが続く。

「時計も回るtick-tack」これは、いたずらで時間が過ぎている様子が映し出されているものだと考察します。
そんな時間が刻々と過ぎていくなか「目もくらむパンプキンパイ」 という歌詞があります。これは色々なお菓子に目移りしているランタンパンプキンの様子が見れる所だと考察できます。そんな仲間たちといたずらをする女の子おばけ。朝まで寝ないでtrick or treat が続いていきます。

気になる赤文字について

気になる赤文字についてですが、あるメッセージが隠されています。これは女の子おばけからの「メッセージ」だと考察します。
そんな女の子おばけからのメッセージの解読方法は皆さん分かりましたでしょうか?赤文字の言葉を見つけ出すヒントは赤文字を反対から読むと分かると思います。
そんな赤文字の答えはまとめの最後に書いておきます。

まとめ

この曲は女の子のおばけと女の子おばけの愉快な仲間たちによる、ハロウィンの曲だと言うことが考察を通して分かりました。
女の子おばけは、きっとハロウィンに登場する為に、今まで甘いものをずっと我慢してきた様子が歌詞からも分かります。
少し歌詞を考察していると女の子おばけが傲慢にも思えましたが、1年に1回しか現れないのでおおめに見てあげましょう。
あなたの街にも、女の子おばけが来るかもしれません。もし女の子おばけが来た場合は歌詞の中にも出ていた「キャンディー」か「チョコレート」が喜ばれます。ちなみに赤文字の答えは「寝ちゃいそうヤだヤだ音ナい」です。女の子の本音が赤文字には隠されていました。おばけ言えども、睡眠は大切なんだなと考察できます。皆さんも聞いてハロウィン気分に浸ってみてください。



この記事をシェアする!