BUMP OF CHICKEN 歌詞『ハルジオン』に「虹」「名前」が多用されている理由とは

虹を作ってた 手を伸ばしたら 消えてった

ブリキのジョウロをぶらさげて 立ち尽くした 昼下がり

名前があったなぁ 白くて 背の高い花

視界の外れで 忘れられた様に 咲いてた

色褪せて 霞んでいく 記憶の中 ただひとつ 思い出せる 忘れられたままの花

いつだったっけなぁ 傷を濡らした あの日も 滲んだ景色の中で 滲まずに 揺れてた

いつだったっけなぁ 自分に嘘をついた日も 正しいリズムで 風と唄う様に 揺れてた

いつの日も ふと 気付けば 僕のすぐそばで

どんな時も 白いまま 揺れてた 誰のタメ? 何のタメ?

生きていく意味を 失くした時 自分の価値を 忘れた時

ほら 見える 揺れる白い花  ただひとつ 思い出せる 折れる事なく 揺れる

虹を作ってた 一度 触れてみたかった 大人になったら 鼻で笑い飛ばす 夢と希望

ところが 僕らは 気付かずに 繰り返してる

大人になっても 虹を作っては 手を伸ばす

幾つもの景色を 通り過ぎた人に 問う 君を今 動かすモノは何? その色は? その位置は?

夢なら どこかに 落としてきた 希望と 遥かな距離を置いた

ほら 今も 揺れる白い花

僕は気付かなかった 色も位置も知っていた

虹を作ってた いつしか花は枯れてた

視界にあるのは 数えきれない 水たまりだけ

大事な何かが 音も立てずに枯れてた ブリキのジョウロが 涙で満ちてった…  まだ

虹を作ってる すがる様に繰り返してる 触れられないって事も 知りながら 手を伸ばす

名前があったなぁ 白くて 背の高い花

枯れて解ったよ あれは僕のタメ 咲いてた

気付くのが 遅くて うなだれた 僕の目が 捕らえたのは 水たまりの中の 小さな芽 新しい芽

生きていく意味と また 出会えた 自分の価値が 今 生まれた

枯れても 枯れない花が咲く 僕の中に深く 根を張る

ほら ここに 揺れる白い花 僕は気付かなかった 忘れられていた名前

僕の中で揺れるなら 折れる事なく揺れる 揺るぎない信念だろう


みんな大好き「天体観測」。BUMP OF CHICKENといえばこの曲!いわばバンドの代名詞的ナンバーですね。

ではなく、今回ご紹介する曲は、「天体観測」の印象があまりにも強すぎて忘れられがちな「ハルジオン」(「天体観測」の次にリリースされたシングル曲)です。

私個人としては、この「ハルジオン」も「天体観測」に負けないくらい光輝くナンバーだと思っています。見えないものを見ようとするのもいいですが、たまにはこの曲のことも思い出してあげてください。そんなわけで、早速行きたいと思います。

歌詞の考察


ハルジオンって、どんな花?


名前があったなぁ 白くて 背の高い花


この一節からもわかるように、この花の特徴は

白くて背が高い

ということですね。

もう少し詳しくこの花について調べてみました。以下の通りです。

ハルジオン・・・キク科に属する多年草。北アメリカ原産。ヒメジョオンと並んで、道端でよく見掛ける花。「追想の愛」という花ことばを持つ一方で「貧乏草」とも呼ばれ、粗末に扱うと貧乏になるという言い伝えもある。

道端でよく見掛ける花ですって、皆さんご存じでしたか?

ちなみにこれです。



言われてみれば、確かによく見掛けますよねこの花。しかし、この花の名を知っていたという人は少ないのではないでしょうか。

これこそがこの曲のテーマで、見えているはずなのに素通りされてしまう花に自分自身を重ね合わせ、

誰も見向きしなくても、僕だけはちゃんと見てるよ


と優しく語りかけています。それと同時に、どこか健気なこの花から、自分自身の在り方も教えてもらっているのです。

この花の在り様は、まるでこの曲自体のことを表しているようで、どこかシニカルですね。

虹って何だろう


虹を作ってた 手を伸ばしたら 消えてった
ブリキのジョウロをぶらさげて 立ち尽くした 昼下がり


この曲に幾度となく登場する「虹」
というワード。なんてことのない普通のワードですし、歌謡曲においてもう散々使い古されてきたワードの一つです。

さて、Vo.藤原はこのなんてことのないワードにどのような意味を持たせたのでしょう。

ポイントは「手を伸ばしたら消えてった」の部分です。

虹、とても綺麗ですよね。空にかかっていたら思わずみんな見てしまいます。しかしこの虹を実際に触ったことがある人はいませんし、その実体を知っている人もいないのです。それもそのはず、虹は光の屈折によってできるものなので、実体などないのです。

ここでいう「虹」
とは、「夢」
の暗喩であると捉えられます。

夢も虹同様、散々美しいものを見せておきながら、実体がなく触れられない。もちろん努力で夢を叶えることもできなくはないのですが、その夢が美しければ美しいほどつかみ取るのが困難になってしまうのです。

見えているのに手が届かないもどかしさ


それを、この1センテンスだけで描写してしまうレトリックは、何とも天才的だと思いませんか?

名前は忘れても、確かにそこにあるもの


名前があったなぁ 白くて 背の高い花
視界の外れで 忘れられた様に 咲いてた
色褪せて 霞んでいく 記憶の中 ただひとつ
思い出せる 忘れられたままの花


この「白くて背の高い花」とは当然ハルジオンのことなのですが、あろうことか僕はこの花の名を思い出せないのです。まぁ、それほど遠い昔のことだからと言えばそれまでですが。

しかし、名前すら思い出せないこの花こそが、僕に生きる意味を与える存在となったのです。

でも、それなら普通名前ぐらい覚えているのでは?と思うでしょう。しかし本当にそうでしょうか。

たとえば、あなたが繁華街に出かけたとして、すれ違う人全員の名前がわかりますか?仮に聞いたとして全員の名前を覚えられますか?無理ですよね。

つまり私たちの存在というのは、道端の花と同じく、大多数の中の一人(一輪)に過ぎないのです。

では、名前すら覚えられない人々には存在価値がないのかというと、それも違いますよね。私たちはみな、誰にも気づかれないところで、でも誰かの役に立っているはずです。もしかしたら誰かを感動させたり勇気づけているかもしれません(例えば、誰が作ってるのかは知らないが、レストランでおいしい料理に感動する、など)。

しかし私たちは、自分が誰かの役に立っているという実感が得られないとつい「自分なんて生きていても意味ないし」と思ってしまいます。そんな時は、名前すら知らない道端の花に目を向けてみましょう。この花も、誰にも見向きされなくとも懸命に生きています。それは私たちと同じです。

名前を忘れられようとも、そこに咲いているということに意味がある。


ここで敢えて花の名を出さず「名前」というワードでぼやかし、さらにそれを忘れてしまっていることで、世界の中では無名な私たち一人ひとりの存在意義を映し出しているのです。

折れそうになったときは、あの花を思い出して


いつだったっけなぁ 傷を濡らした あの日も
滲んだ景色の中で 滲まずに 揺れてた
いつだったっけなぁ 自分に嘘をついた日も
正しいリズムで 風と唄う様に 揺れてた
いつの日も ふと 気付けば 僕のすぐそばで
どんな時も 白いまま 揺れてた 誰のタメ? 何のタメ?


傷ついて涙した日も、自分に背を向けた日も、いつもと変わらず咲き続ける花。

ここで描かれている花は「強さ」
の象徴であるように感じられます。強さと言っても力の強さではなく精神的な強さです。

私たち人間は、ほんのちょっとしたことで気分が浮き沈みしてしまいますが、この花は常にしゃんとしていて、凛としています。

花だっていい日ばかりではないはずです。日照りが続いたり、大雨に打たれたり。それでもへこたれずに咲く様に、僕は強さを見出します。これこそが、名前すら知られていないこの花が、僕にもたらした意味だったのです。

生きていく意味を 失くした時
自分の価値を 忘れた時
ほら 見える 揺れる白い花
ただひとつ 思い出せる 折れる事なく 揺れる


あの花だっていついかなるときも強く咲いているのだから、僕もほんのちょっとしたことでへこたれているわけにわいかない!

花に「強さ」を教わった僕は、折れそうになったらあの花を思い出して自分自身を奮い立たせます。

私達はいくつになっても夢追い人


虹を作ってた 一度 触れてみたかった
大人になったら 鼻で笑い飛ばす 夢と希望
ところが 僕らは 気付かずに 繰り返してる
大人になっても 虹を作っては 手を伸ばす
幾つもの景色を 通り過ぎた人に 問う
君を今 動かすモノは何? その色は? その位置は?


虹を作って触れようとする、何とも無邪気ですよね。

大人になると、子供のころに夢中になってやっていたことをやらなくなるものです。こんなこと大人になってやっていたら恥ずかしいですもの。

しかし、私たちは大人になってもなお虹に触れようと手を伸ばしてしまいます。


ここでいう「虹」が「夢」であることを踏まえると、つまり私たちは、夢を追えるのは子供までで大人になったら夢を諦めるのが普通だと言いながら、どこかで捨てきれない夢があってそれを追いかけてしまうものです。「気付かずに繰り返してる」からもわかるように、私たち人間は、何かを手に入れると今度は次の何かを追いかけ、絶望して挫折してを繰り返して、それでも何かを追いかけることをやめられないのです。

失って改めて気づく本当に大切なもの


虹を作ってた いつしか花は枯れてた
視界にあるのは 数えきれない 水たまりだけ
大事な何かが 音も立てずに枯れてた
ブリキのジョウロが 涙で満ちてった
まだ
虹を作ってる すがる様に繰り返してる
触れられないって事も 知りながら 手を伸ばす
名前があったなぁ 白くて 背の高い花
枯れて解ったよ あれは僕のタメ 咲いてた
気付くのが 遅くて うなだれた 僕の目が
捕らえたのは 水たまりの中の 小さな芽 新しい芽


いついかなる時も凛として咲いていた花も、いつかは枯れてしまいます。枯れてしまったらこそ改めて真の価値に気づきます。道端でよく見かけるなんてことない花であっても、そこからなくなったことで、あるべきものがないということが浮き彫りになってしまいます。


晴れて夢を叶えたとしても、今度はその重圧に圧し潰されて何が夢だったのか見失って、耐えきれなくなって手放したときに自分の夢が何だったのかが改めて見えてくる、そんな感じでしょうか。

ですが、それでもなおその夢に真摯に向き合っていると、また新たな芽が出てくる
ものです。それはちょうど、花が枯れてもまた咲くようなものです。

信念とは


生きていく意味と また 出会えた
自分の価値が 今 生まれた
枯れても 枯れない花が咲く
僕の中に深く 根を張る
ほら ここに 揺れる白い花
僕は気付かなかった 忘れられていた名前
僕の中で揺れるなら
折れる事なく揺れる 揺るぎない信念だろう


「枯れても枯れない花」とは、何度破れても、見失ってもなお追いかける夢のことです。

そして、この曲では「夢を叶えること」そのものよりも「夢を追いかける過程」にこそ信念が宿ると歌われています。

少し前の歌詞に戻りますが、

虹を作ってる すがる様に繰り返してる
触れられないって事も 知りながら 手を伸ばす


とあるように、触れられるか触れられないかということではなく、手を伸ばせるかどうか
がすべてなのです!

最後に


私にも今、夢があります。その夢に向かって手を伸ばしている最中です。

人が一番輝くのは、夢を叶えた時よりも夢を必死に追いかけている時だと言います。

私も折れそうになったときは、この曲を思い出します。皆さんにとっても、この曲がそういう曲になれば幸いです。なのでたまには、この曲を思い出してあげてください。

コメントを残す