40mP『MUTE』歌詞の意味を考察・解釈

この街は嫌いな音ばかりで
大切な音が埋もれてる
君の声 聞き逃さないように
できるだけ耳をすますけど

クラクションも街頭演説も誰かの笑い声も
簡単に消してしまえたらな
静かな夢を

聞きたくないないものをミュートして
不快なノイズがうるさくて眠れない
見たくないないものをミュートして
汚い景色は視界から排除してしまえ

降り止まない冷たい雨の中で
コンビニの傘をさすように
降りかかる心ない言葉を全部
聞き流すことができたなら

正解を変えることなんて僕には到底無理だ
自分に都合のいい話だけ聞きながら
生きていきたいだけ

聞きたくないないものをミュートして
不快なノイズがうるさくて眠れない
見たくないないものをミュートして
汚い景色は視界から排除して

聞きたくないないものをミュートして
君の声さえもう二度と聞こえない
見たくないないものをミュートして
望んだとおりに静かな暗闇の中 ひとり


はじめに

『MUTE』とは2019年5月31日にネット上で公開された楽曲です。
40mpさんの待望の新ナンバーがこの夏、遂に登場しました。
動画再生回数は投稿から数日の内に10万回を突破し上々の滑り出
しを見せています。

音楽&映像の両方を担当される40mPさんですが、高い編集技術や
画力にはいつも驚かされています。
また今作のストレートでありながら意味深い歌詞もたいへん魅力的
です。

今作について40mPさんご自身がツイッターにて次のようなコメント
をされていましたので紹介します。

新曲を投稿しました 何かうるさいなーと思ったときに聴いてください

|ω・)っ 


http://m.twilog.org/40mP   40mP/イナメトオル twitterより

ということで皆さん、今作は騒音などなにかに煩わされている時が聴き時
ですよ(笑)

今作の曲調はR&Bとテクノのミクスチャーといった印象を受けました。
テンポ良いリフから始まり抜けの良いメロディーラインが心地良さに聴き手
を導きます。

MVにでは3台並んで置かれたスピーカーと一人の女性が登場します。
彼女は見格好と服装から10代学生だと推察できます。

彼女は曲の始まりと終わりで「耳を塞いでいます」
途中で「音楽を聞いたり」「傘を指したり」とたいへん興味深い行動を取っ
ていきます。

それぞれの行動と歌詞にはどんな意味と関連性があるのでしょうか。
さっそく気になる歌詞の考察を始めていくことにしましょう。

タイトル『MUTE』とは

「MUTE」には「沈黙した、無言の、口の利けない、言葉が不自由な」など
実にさまざまな意味合いのある英単語です。

周辺機器やSNSにおいても「ミュート機能」は付き物です。
「音」だけでなく「会話」に煩わされたくないときに重宝する機能と言えます。

しかし常時ミュートしていると大切な「音」や「情報」までカットされてしまい
利用者にとってデメリットとなってしまいます。
ですから「聞きたい」ものと「聞きたくない」ものとを分けてミュートする必要
が生じます。

今作歌詞の主人公である女性も同じように人の声や物音を分別しています。
「君の声」という一番聞きたい音を聞くために「ミュート」するのです。
タイトルにはそんな彼女の心情が溶け込んでいるのだと解釈しました。


『MUTE』歌詞の意味

一番心地よい「君の声」

この街は嫌いな音ばかりで
大切な音が埋もれてる
君の声 聞き逃さないように
できるだけ耳をすますけど

主人公の女性は自分の住む街があまり好きではないようです。
街の喧騒や賑やかさを嫌っている様子を歌詞から読み取れます。
彼女は静寂を愛しおごそかに生活を送りたいのだと思います。

そんな彼女にとって唯一心地よく感じる音がありました。
それは「君の声」です。
声の主は彼女にとって大切な存在、恐らく異性だと予測します。

街のどこかで偶然聞こえるかもしれない彼の声を一言も聞き逃
さないよう、彼女は耳を澄まします。


静寂の夢―雑音排除

クラクションも街頭演説も誰かの笑い声も
簡単に消してしまえたらな
静かな夢を

街を眺め彼女は自分の耳をしきりに煩わす音を消したいと
切望するようになりました。
「簡単に消えてしまえたらな」とあるように煩わしい音一
つとしてすぐに消すことは叶いません。

彼女の夢見る世界、静寂に包まれた世界の実現にはほど遠
いようです。

傘がない

降り止まない冷たい雨の中で
コンビニの傘をさすように
降りかかる心ない言葉を全部
聞き流すことができたなら

いきなり井上陽水の名曲を見出しにしてしまいました(笑)

歌詞の中で「雨」と「傘」が例証に用いられていることに気
がつきます。
MVでは彼女が傘を指しているシーンがありますが、それは
ある面での彼女の願いを表現していました。

彼女には雨のように降り注ぐ心ない言葉を聞き流すための傘
がありません。
起用に「聞き流す」「意に留めない」ということはできない
のです。

心ない言葉の雨に打たれ彼女の心はずぶ濡れになったことで
しょう。


「ミュート」―小さな世界に静寂を

聞きたくないないものをミュートして
不快なノイズがうるさくて眠れない
見たくないないものをミュートして
汚い景色は視界から排除してしまえ

MVではスピーカーから流れる音に対して彼女が「MUTE」ボタン
を押していましたね。
音響機材の一つ「ミキサー」にもチャンネルを選んで「MUTE」で
きる機能が付随しています。

彼女も「聞きたくないものを」選択してミュートしているようです。
MVでは好きな音楽をヘッドホンで聞いているシーンが上記に該当
するのでしょう。
そうすることで好きな音楽以外の音はミュートされますからね。

「汚い景色は視界から排除」という歌詞からは彼女が物事の視点を
変えてみることにしたという意味に思えます。
これは筆者を含めすべての人にとって重要な要素と言えるでしょう。

彼女の住む騒がしい街という「環境」を変えることはできません。
それでも「ヘッドホン」で煩わしさを回避したり視点を変えて与え
られた環境下で平和に暮らしていくことを学べます。

そうすることで彼女の「部屋」また「一人でいるとき」という小さ
な世界での静寂は保たれるのでした。

街のネオン―部屋の無音

聞きたくないないものをミュートして
君の声さえもう二度と聞こえない
見たくないないものをミュートして
望んだとおりに静かな暗闇の中 ひとり

彼女は日々の生活の中で音を選んで「ミュート」する
という作業を繰り返していました。
しかしもともと聞きたい音は少なく排除したい音が多
かったので「ミュート」の数は多めでした。

街の喧騒や演説が激しさを増してきた頃、彼女は「君
の声」に向けていた耳まで閉ざしてしまったようです。

「暗闇の中」という表現には2つの意味があるのだと
筆者は読み解きました。

1つは文字通り電気を消した真っ暗な部屋という意味、
もう1つはすべての音を閉ざした彼女の「心の状態」
です。

「君の声」だけが心地よく心を躍らせていた彼女でし
たが、その声を全く聞けなくなってしまいます。
当然、心は次第に喜びを失い痩せこけていきます。
「暗い部屋」で描写されている理由がわかりますね。

彼女は臨んだ「静寂の世界」を得ましたが、笑顔を浮
かべることはなかったでしょう。
MVの彼女が常時、無表情だったのはそのためだったの
かもしれません。

夜になり街のネオンが輝き出す頃、街は日中とは違う
音を鳴り響かせていました。
そんな中、彼女の居る部屋は「無音」が立ち込めてお
り彼女は静かに眠るのでした。

未だ見ぬ「君の声」だけが聞こえる世界を夢見て。。

まとめ

今作から「ミュート」の深い意味を多方面から知ることが
できたと思います。
40mPさんは「うるさいときに聞いて」と言っていました
が筆者のアパート周辺とても静かなんです(笑)

それはさておき、日常生活で誰かの声にすべて反応しない
または気に留めないことの大切さも学ぶことができました。
ストレス社会で上手くやっていく一つの方法なのかもしれ
ないと実感しました。

しかし困ったことに歌詞が興味深く色々な考察が頭の中で
膨らむので結果「寝れない」という事態が(笑)

今後、音響機材や電子機器を使用するたびに今作「MUTE」
を思い出してしまいそうです。

40mPさん、印象的で素晴らしい作品を有難うございました。
これからも応援しています。