RADWIMPS『会心の一撃』歌詞の意味・考察と解釈

RADWIMPSさんの『会心の一撃』と言えば、爽快感溢れ、聴いた後はスカッとするような素敵な曲ですよね!

しかし皆さん、歌詞の内容まで深く考えて聞いたことはありますか?

意識したことがない方のため、砂糖塩味が簡潔に『会心の一撃』の意味解釈をしてみようと思います!

あくまで自己解釈ですが、読んでいただければ、一段いい曲に聞こえますよ!

タイトル『会心の一撃』の意味

「会心の一撃」とはもともとドラゴンクエストというゲーム用語です。

低確率のなか、大ダメージを相手に与えたときに使われます。

ここから、自分の負の感情や、がちゃがちゃうるさい外野に大きな一撃を与えて、驚かせてやろうぜ!といった意味を含め、このタイトルが付けられたと推測できます☆


『会心の一撃』のテーマ

なんだかうまくいってない人。

やりたいことがあるけど、くすぶってる人。

自分の進む道が分からなくなってしまった人。

こんな人達に向けた最高の応援ソングです!

MVでは、最強のエース率いるチームに、ちょっとさえないチームが最後の最後で逆転勝利を飾ります。

今はダメダメでも、諦めさえしなければ、最後の最後は想像以上の結末が待っているかもよ!というメッセージが込められた一曲です!

登場人物

「僕」一人です。

この「僕」は進みたい道があるのですが、なかなか思うようにいきません。

そんな「僕」は果たしてどうなるのか。

歌詞解釈に進んでみましょう!


RADWIMPS『会心の一撃』歌詞の意味

自分の現状と周りにもやもや

「お前なんかいてもいなくても」がお得意の

意地悪いこの世界の口癖で

僕の耳元で飽きもせずに

話がしたいなら顔みせなよ 今すぐさ

「僕」は「僕」自身をよく知らない人から批評されて、腹を立てています。

努力をしている人ほど、陰口を立てられることはよくあります。

「顔を見せなよ」というように、そんな人は堂々と真正面からは言ってこないのです。

あと何万回の後悔で 僕は僕の期待を超えられるだろう

この心に足が生えてたら 今日の行き先は違ってたかな

そんな人たちに腹を立てながらも、自分はまだまだだと思っています。

「心に足が生えてたら」、もっと気軽に好きなところへ行けるんじゃないかなと。

就職試験の合格通知 面白い人間の不合格通知

心は彼方 全力疾走で もういないだろう

「俺に用はないだろう」

「就職試験」のように、この世界は度々型にはまらない人を弾きたがります。

ここから想像するに、僕自身「面白い人間」だと自負しているようですが、それが伝わらず自暴自棄になっています。

圧倒的で感動的な 理想的超えて完璧な

運命的で冒険的な 時に叙情的な未来 VS

平均的で盲目的 半永久的に安泰な

無痛 無臭 無害 無安打無失点の

未来 未来 未来

「僕」の性格から想像するに「圧倒的で〜」が今の現状であり、また「僕」の目指す未来です。

対して「平均的で〜」は皆がいいと思ってる未来、平和な未来です。

刺激的な未来を目指す「僕」vs安泰な未来を目指す皆と言い換えられますね!

今のままじゃだめだ!

近頃いつ僕は僕のことを 驚かせてやってあげたかな

逃げられてしまう前に早いとこ

一生お前について行くって言わせてやる

刺激的な未来を目指してる「僕」ですが、現状は上手くいっていないようです。

「逃げられてしまう前に早いとこ」とは、そんな自分に呆れ果ててしまう前にと言った意味でしょうか。

絶対にやってやるぞ!という決意が見えます。

自分で自分予測変換 説明書なしで充分だって

じゃあどこのページに書いてあった?

その「しょうがないだろう だってしょうがないだろう」

頑張ろう!と思ったことでも、挫折をしてしまった時に、つい他のことのせいにしてしまいませんか?

「だってしょうがなかったよ」

そんなことを言ってる暇があれば、もっと努力をしろと、尻を叩いてくれています。

圧倒的で感動的な 無敵的超えて完璧な

想像的で本能的な 前人未到的な世界 VS

退廃的で暴力的 悲劇的超えて残虐な

差別的ゆえに反逆的な世界 世界

「圧倒的で〜」な世界は、「僕」が「僕」自身と戦って得ることができる世界です。

対して「退廃的で〜」な世界は、「しょうがない」の先にある世界。

もちろん、どちらが正しいのかは人それぞれです。

しかし、「僕」は「しょうがない」の先にあるものは自分自身に負けたものが行く世界だと考えているようです。

なので「退廃的」、「暴力的」といった否定的な言葉が並んでいるのです。

挑戦し続けなければ何も勝ち取ることはできません!

ちなみに1番のサビで「~な未来」だったものが、ここでは「~な世界」に変わっています。

これは選んだ未来の先にそれぞれの世界が広がっているからです。

自分の進みたい道は?

圧倒的で感動的な 理想的超えて完璧な

想像的で本能的な 奇跡的超えて幸福な

退廃的で暴力的で 悲劇的超えて残酷な

独善的で享楽的な 完膚なきまでに壮絶な

世界 世界 世界 世界 世界 世界

人生には選択の連続です。

苦しくても、例え皆に否定されてもそれをはねのけてまで自分の信じて道を進むのか。

それとも、自分には無理だと「しょうがない」と諦めてしまうのか。

限界を決めるのはいつも自分自身です!

今の自分のちょっとした選択でその後の「未来」も「世界」も変わってしまうなら、皆さんは果たしてどちらを選ぶでしょうか?

圧倒的で感動的な 理想的超えて完璧な

運命的で冒険的な 時に叙情的な未来 ×2×2

もちろん、自分に打ち勝ち、理想の「未来」を手に入れた「世界」ですよね!

外野が何を言おうと関係ありません!

ただ、選んだ道をまっすぐ突き進めばいいのです!

大逆転の可能性は絶対にある!!

創造的で本能的 芸術的超えて幸福な

延長22回 二死 満塁 3点ビハインド 不敵な笑み

4番 目隠しスウィング 初球 逆転満塁弾な 世界 世界

状況は3点リードされたうえでの延長戦。

「二死満塁」は塁にいる選手全員が帰れば逆転の可能性もありますが、同時に一つでもアウトを取ればそれで試合終了の大ピンチでもあります。

全ては最後の選手次第。

ではどうなったのか。

なんと初球からホームランを打ち、選手全員を返して逆転をするのですね!

この場面はMVにも描かれています。

まるで「奇跡」のような、あり得ないと一蹴されてしまいそうな出来事。

しかし、諦めなければ。

もしかしたら長い長い延長戦の最後の最後で私たちだってぶちかませるかも…!

全ては自分次第なんですね!

まとめ

RADWIMPSさんらしい、最強の応援ソングです。

「頑張れ」と声をかけるよりも、ただ力強く背中を叩いてくれるような。

道に迷いそうで悩んでいるあなたにこそ聞いてほしい一曲です!



この記事をシェアする!