砂糖塩味の「楽曲考察・解釈記」

楽曲の歌詞やMVから意味の解釈・考察をしていきます

サザンオールスターズ『I AM YOUR SINGER』歌詞の意味・解釈と考察

フォロワー7000人ありがとうございます!!
作者の意図や訴えを知ること、考えることでその音色は何通りにも変化します。
しかしながら多くの方々はメロディーと歌声ばかりに耳が向き、「作曲された意図」を考えていません。
私はそんな方々の代わりに楽曲の解釈・考察をして、新たな音楽の楽しみ方を提供したいと考えています。
「楽曲考察」の文化を一緒に築き上げて行きたいです。

f:id:shunichimurakoshi:20180622172100p:plain

サザンオールスターズの『IAM YOUR SINGER』とてもいい曲ですよね!

この曲はサザンオールスターズデビュー30周年という記念すべき年に発売された曲でした。この度10年越しに三ツ矢サイダーのCMで使われて、改めて注目された『I AM YOUR SINGER』の歌詞を考察していきたいと思います!

『I AM YOUR SINGER』のタイトルの意味

この曲のタイトルは「I am your man」という熟語を文字っています。

「I am your man」は「私がついています」という意味ですので、サザンオールスターズからファンのみなさんへの

「あなた達には我々(サザン)がついている」

というメッセージになっています。

『I AM YOUR SINGER』のテーマ

この曲のテーマはズバリ

サザンからファンへの手紙

です。

この曲が発表された2008年、サザンオールスターズは無期限の活動休止を宣言しました。その背景を考慮するとこの曲の歌詞がファンのみなさんに向けた言葉であることがわかります。それでは考察に入りましょう。

『I AM YOUR SINGER』の歌詞の意味

ファンの皆さんへ感謝!

I am your singer.

僕の生きがいは

数え切れないその笑顔

「愛の詩(うた)」も「魂の声」も

あなたがくれた

プレゼント

あなたというのは先述の通り、ファンの方達を指しています。

「愛の詩(うた)」は曲

「魂の声」はライヴ

を象徴しています。

なので「生きがいはファンの皆さんの笑顔であり、今までの曲もライブも全て皆さんのおかげでした!」

という意味になります。

誰にも分からない未来

きっと未来はあてなき旅の途中

また逢う日のために笑っておくれ

 「あてなき」という言葉は目的地が分からずに彷徨っている時に使う言葉です。

つまり作詞をされた桑田さん自身もこれからサザンオールスターズがどうなるか分からなかったのですね。

また会う日まで、悲しまないで!

夏がまた来るまでは

互いに涙見せずに

いつまでも変わらぬ想い

遠く離れ離れの

時も「大好きだよ」と

嗚呼 口唇に微笑みを

Oh...いつの日も乗せて!!

サザンオールスターズはデビュー当時から「夏」や「海」をテーマにした曲を多く発表しています。したがって

「夏」「サザンオールスターズ」

と考えられます。

「遠く離れ離れの時」というのは「活動を休止している間」ということになりますね。

サザンオールスターズが復活するまでは、悲しまないでほしいという想いがひしひしと伝わってきます!

再開への気持ち

I still remember.(Remember)

この素晴らしい(You are my love)

永遠(とわ)の出逢いを忘れない

ひとりぼっちじゃ夢叶わない

さあみんなで Love Song

アンコール

このパートでは「永遠」や「アンコール」といった「続く」ことや「再開」を示唆した言葉が出てきますね。

「ひとりぼっちじゃ夢叶わない」

ファンの皆さんがいなければ夢は叶わなかったと、ここでもファンのみなさんへの感謝の気持ちが表れています。

再開への意気込み!

 いつも人生(ザ・ステージ)にゃドラマが待ち受けてる

愛しいその声が僕を呼んでる

 「人生」を「ステージ」に例えています。

「愛しい声」「ファンの声」ですね!

ファンの皆さんがサザンを待ち望んでいることが分かっているみたいですね。

そしてドラマチックな展開といえば「サザンの復活」で間違いないでしょう。

先ほどのパートに引き続き活動再開に前向きな言葉が続いていますね!

活動休止へ

歌は熱い叫びか?

甘い囁きなのか?

この胸に響くはメロディ

それは八月末の

空の花火みたいに

嗚呼 咲きながら 散りながら

Oh... 今夜こそキメて!!

先ほど「夏」は「サザン」を象徴だと説明しました。ここで注目してほしいのは

「八月末」

という時期です。

あえて「末」という言葉を使うことで「夏の終わり」を感じさせています。

さらに「花火」は一瞬の輝きを残して消えてしまうものです。

ここでは先ほどとはまた変わって、「終わり」を匂わせる歌詞が多く出てきました。

「熱い叫び」の歌も「甘い囁き」の歌もサザンはたくさん歌ってきました。

しかしそんな彼らも活動休止をしてしまうのです。

葛藤は続く...誰か活動休止を止めてくれ!

夏がまた来るまでは

互いに涙見せずに

サヨナラは明日 (あした)のために Yeah

遠く離れ離れの

時も「大好きだよ」と

嗚呼 太陽が沈むのを

Oh... Let`s sing along. 止めて!

 最後は1番のサビと同じような歌詞なのですが、注目して欲しいのは最後の変わっている部分です。

「太陽が沈む」ことは時が経つことを表しています。時が経つと「夏」が終わってしまう。それは「サザンの活動休止」を意味しています。

そして最後に

「一緒に歌って活動休止することを止めて欲しい!!」

という切実な思いでこの歌は締めくくられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こうして考察すると、当時のサザンオールスターズのみなさんの複雑な思いが強く感じられます。

 

その後サザンオールスターズは実際に活動を休止してしまうのですが、5年後の結成35周年の年に晴れて活動を再開することになりました。

そして現在に至るまで精力的に活動をされています。

これからもサザンオールスターズの活躍に乞うご期待ですね!