GReeeeN『キセキ』歌詞の意味・考察と解釈

GReeeeNさんの人気曲『キセキ』、ドラマROOKIESの主題歌でも話題となり、青春の1曲となっている方も多いのではないでしょうか?

ご本人たちは歯科医師業を兼ねながら顔を伏せ音楽活動していることもあり、この楽曲の思いなどが語られていません。

この楽曲が題材となった映画『キセキ-あの日のソビト-』についても、楽曲のストーリーよりはGReeeeNが楽曲を世に出すまでのエピソードを描いた物語でなかなか曲の意味について触れる機会がありません…。

今回は私砂糖塩味が独自に歌詞の意味について考察・解釈をしてみました!

 

タイトル『キセキ』の意味

カタカナで書かれた単語一語がタイトルです。

歌詞の中にもあるように「奇跡」「軌跡」どちらにも読めます。

つまり人生=「軌跡」に起こる「奇跡」を意味しています。

『キセキ』のテーマ

愛する人との出会い、歩んでいく道のり、そして続いていく未来への喜びを『キセキ』という言葉をベースに描いています。

推測ですが、この歌詞の中の二人はこれから結婚するのでしょう。

永遠に愛し合うこととなることの嬉しさ、運命性、そして強い意思表示が表れています。

具体的考察

刻まれる『キセキ』

 明日、今日よりも好きになれる
溢れる想いが止まらない
今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない

好きな人ができたとき、好きな人が恋人になったとき。

おそらくあなたも日に日に好きな気持ちが増すでしょう。

よくオタクが推しをみて「語彙力がなくなる…」なんて言いますが(笑)、大好きな気持ちがある一定のラインを超えると、感情を言葉で表現することが難しくなりますよね。

この曲に登場する「僕」も好きな人へ日に日に思いが膨らんでいきます。

君のくれた日々が積み重なり
過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』
僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば?
君に巡り合えた それって『奇跡』

なぜ明日のほうが今日より好きになれるのでしょうか?

それは、今日見た君の姿、交わした言葉、一緒に歩いた道、見える景色、愛する人とまた一つ時間を重ね、思い出を共有し『軌跡』が新たに刻まれたからなのです。

1日1日の日々の積み重ね、ひとつひとつの思い出の積み重ねが愛する人と歩んでいく軌跡となり、より愛情が深まっていきます。

そして、そういった軌跡を刻んでいけることの元をたどると、まずは君に出会えたことがなによりも『奇跡』なのです。

2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして
いつまでも君の横で 笑っていたくて
アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど
せめて言わせて 「幸せです」と

二つの『キセキ』がもたらす二人の永遠の愛。

未来のことを思うとこれまで重ねてきた時間や思い、軌跡と比べるとまだまだ長く、ありがとうの気持ちや愛してるという言葉を伝えるにはまだまだ二人の時間は足りないのです。

せめて、今こうやって愛を歩んでいけることが幸せであることだけは確かに言えることなのです。

二人で愛を歩んでいくということ

いつも君の右の手の平を ただ僕の左の手の平が
そっと包んでくそれだけで ただ愛を感じていた

日々の中で 小さな幸せ
見つけ重ね ゆっくり歩いた『軌跡』
僕らの出逢いは大きな世界で 小さな出来事
巡り合えた それって『奇跡』

手を握ること、そんなささやかなことで愛を感じます。

ささやかな幸せを重ねた『軌跡』は大きな世界の中では小さな出来事ではあります。世界に70億人いるうちの2人の愛。大勢の中から愛する人に出会えたことそのものが『奇跡』なのです。

うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって!
強がりや寂しさも 忘れられるから
僕は君でなら 僕でいれるから!
だからいつも そばに居てよ 『愛しい君へ』

二人の関係も、それぞれの日々の中もうまくいかないことがあるのは当たり前ですが、二人でいればそんな靄を晴らしてくれるでしょう。

強がってしまったり、寂しいと思う気持ちも、二人でいれば忘れられます。

なぜなら、二人はともに愛を歩んでいるから。

「愛しい」と改めて君に呼びかけます。

そして未来に

うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって!
強がりや寂しさも 忘れられるから
僕は君でなら 僕でいれるから!
だからいつも そばに居てよ 『愛しい君へ』

まだ恋をしていたころ、初めて思いを告げた時から二人は愛にあふれた軌跡を歩んでいきます。

永遠に愛し合うことを誓った二人にとってまだここは中間地点。

これからも愛が続いていくし、続けられるようにともに未来を歩きたい。

明日を見失うほどの障壁が二人を襲ったとしても、二人でいればきっとお互いの人生が終わる最後まできっといつまでもそばにいて愛を重ねていけるのでしょう。

明日、今日より笑顔になれる
君が居るだけで そう思えるから
何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる

愛する気持ちがその人にとっては力となり、毎日笑顔でいられる源になります。

軌跡をこれから先重ねることで時間という概念を超えて愛は結ばれていくのです。


まとめ

誰もが共感できるメッセージをさわやかに歌い上げるGReeeeNさん。

こうして歌詞の内容を考察してみると、一つのテーマをストレートながらも丁寧に描かれていることがわかりました。

あなたにとってこの曲を伝えたい人は誰でしょうか?

この解釈を参考に大事な方と聴いてみていただければ幸いです。



この記事をシェアする!