『ロキ』歌詞の意味・解釈と考察

みきとPの『ロキ』めちゃくちゃ良い曲ですけど、、、

これまた歌詞内容が意味不明と思ってる方が多いと思います!そこで、私、砂糖塩味が簡潔に『ロキ』の解釈をしてみようと思います!!あくまで自己解釈ですが、知っていると一段良い曲に聞こえますよ??

 


タイトル『ロキ』とは

ロキとは、北欧神話に登場する悪戯好きの神。

「終わらない者」「ずる賢い」「自己中心的」の意味を持つ

「終わらない」とは「死ねない」ということ

死ぬんじゃねぇぞ」と繋がっていることがわかりますね

「自己中心」や「ずる賢い」 からもわかるように

ロキ=エゴイストと認識すると理解しやすいかもしれません

今回はこのエゴイストがキーワードとなります

『ロキ』コンセプト

ロックとはエゴなものである。

–  ロキロキのロックンロール  –


曲の背景

みきとPさんがコメントで、

「リンとROCKしてます。Enjoy!!」

と言っていることから、リンとROCKすることが大前提となります

しかし、ここで生まれるのが

「ヒト」と「ボカロ」のデュエット

歌詞中に、「お互い」というキーワードを散りばめていることから

人間の個性とボカロの個性のぶつかり合い(エゴイズム)

という背景が見え隠れします

『ロキ』歌詞の意味

男の子の説明

さあ 眠眠打破
昼夜逆転 VOX AC30w
テレキャスター背負ったサブカルボーイがバンド仲間にやっほー
アルバイトはネクラモード
対バンにはATフィールド
“人見知り”宣言で逃げる気か BOY

(眠眠打破=エナジードリンク)

(昼夜逆転=昼夜の生活が逆転)

(VOX AC30w=ギターのアンプ)

(テレキャスター=ギターの一種)

(サブカルボーイ=マイナーな趣味を好む者)

(対バン=ライブなどで他アーティストと共演すること)

(ATフィールド=誰もが持っている心の壁(エヴァ))

バンド仲間にはフレンドリーに接することができますが、それ以外の相手には心の壁を張ってしまう男の子の説明部分です

人生の主役

ゆーて お坊ちゃん お嬢ちゃん お金も才能も
なまじっかあるだけ厄介でやんす
Boys be ambitious… like this old man
長い前髪 君 誰の信者

信者 信者
勘違いすんな 教祖はオマエだ

なまじっか」=中途半端に

「Boys be ambitious.like this old man」=少年よ大志を抱け。この私のように(クラークさんの言葉)

「オマエらは金も才能も中途半端にあるから、大志を抱けないんだ」

 だから「心の壁」なんて作るんだよ!

志がないからって誰かにすがるのか?信者になるのか?

いや違うだろ?人生の主役はオマエだろ!!

(自己中心的思考=ロキ)

自分本位(ロキ)に生きろ!

ロキロキのロックンロックンロール
かき鳴らすエレクトリックギターは
Don’t Stop! Don’t Stop!
さあ君の全てを 曝け出してみせろよ
ロキロキのロックンロックンロール

冒頭でも言いました。

「ロキロキのロックンロックンロール」=エゴイズムなロック

さぁ自分本位に生きてみろ!!

そんな訴えに聞こえます


今どきのロキ

さあ 日進月歩
いい曲書いてる? 動員ふえてる?
「知名度あるけど人気はそんなにないから色々大変ですね。」
はっきり言うなよ 匿名アイコン
はっきり見せない 実写のアイコン
いい歳こいて自意識まだ BOY

日進月歩=たえず進展すること

つまり、時代は現代。話の焦点はSNSに・・・

 (「いい曲」= SNSの投稿内容)

 (「動員」= ’フォロワー’や’いいね’の数)

のことを指しています

加えて、

「匿名アイコン」で「はっきり言うなよ」

つまり、裏垢で炎上するようなこと言うなよ!

「はっきり見せない」「実写のアイコン」つかうなよ

みんな写真加工しすぎじゃない?

「知名度あるけど人気はそんなにないから色々大変ですね。」

とはフォロワーだけ集まって内容がない薄っぺらい様を皮肉ってます

比喩や遠回しな表現を使って、日々の本質に触れます

他意識過剰

ぶっちゃけどんだけ賢くあざとくやったって
10年後にメイクは落ちてんだよ
Boys be ambitious… like this old man
生き抜くためだ キメろ Take a “Selfy”

“Selfy” ”Selfy”
死ぬんじゃねぇぞ お互いにな!

そもそもメイクとは自分を着飾るものですよね?

SNSの写真加工も同じです

つまり、行動規範を他者に合わせてしまっている。。。

エゴイストとは真反対なんです

「キメロ”Selfy”」

ここでは、「自撮り」という意味ではなく

自分のりのままの姿を自分で認識しなさいという意味に取れます


真のエゴイスト

話の中心は冒頭の主人公に。

お茶を濁してちゃ満足できない
スタジオに運ばれたスロートコートは
安心 不安心 プレッシャーでいっぱい

(スロートコート=ボーカルが主に飲む喉に優しいお茶)

ライブ直前、主人公にプレッシャーが溜まります。。。

そして、主人公から衝撃の一言

「実は昨日から風邪で声が出ません」(大嘘)

これぞ真の「ロキ」

このぐらい自由に生きてもいいでしょ?

 という風に感じます

人生簡単に終わらすな!

ロキロキのロックンロックンロール
かき鳴らすエレクトリックギターは
Don’t Stop! Don’t Stop!
さあ君の全てを 曝け出してみせろよ
ロキロキのロックンロックンロール
ロキロキの ロックンロックンロール
死ぬんじゃねぇぞ (死ぬんじゃねぇぞ)
死にたかねぇのは お互い様!

最後も同じく「死ぬな」というメッセージでend

「死」とは、ロキの思想と真逆です

「みなさんは人生の主役なんですから、死ぬなんて許しませんよ??もっとエゴに我儘に生きてきださい!」

そんなロックな曲でした


最後に

なにこの曲。気づいたら10周してる

みきとP最高

ありがとうございました



この記事をシェアする!