東京事変『キラーチューン』歌詞の意味・考察と解説


「贅沢は味方」もっと欲しがります負けたって
勝ったってこの感度は揺るがないの
貧しさこそが敵

贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね
だって麗しいのはザラにないの
洗脳(わな)にご注意

ご覧、ほらねわざと逢えたんだ
季節を使い捨て生きていこう
夜も秋も盗めないよ
貴方は私の一生もの

贅沢するにはきっと妬まれなきゃいけないね
ちょっと芳(かぐわ)しいのを睨まないで
欲しがらないなら

「今日は一度切り」無駄がなけりゃ意味がない
絶対美しいのは計れないの
溢れ出すから

ご覧、険しい日本(ここ)で逢えたんだ
探し出してくれて有り難う
空も恋も騙せないよ
私は貴方の一生もの


はじめに


2007年に発売された東京事変の5枚目のシングル、『キラーチューン』。
キラーチューンとは人を惹きつける魅力のある曲のこと。
基本的にリリースされる曲はすべてそのアーティストがキラーチューンだとして発表するものだと思うのですが、わざわざタイトルにしているというのはよほど魅力的な曲であるということですね。
果たしてそんな魅力たっぷりの曲はどのようなものなのでしょうか。
歌詞解説を行ってまいります。

歌詞考察


かつての標語をもじった軽妙な表現


「贅沢は味方」もっと欲しがります負けたって
勝ったってこの感度は揺るがないの
貧しさこそが敵

贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね
だって麗しいのはザラにないの
洗脳(わな)にご注意


一番Aメロ〜Bメロです。
冒頭の「「贅沢は味方」 もっと欲しがります負けたって」という歌詞は戦時中の標語「贅沢は敵」「欲しがりません 勝つまでは」の意味を全く真逆にしたもの。
もちろん我慢することが良しとされていた時代はとうに終わりを告げています。
しかし、「贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね」という歌詞が意味する精神的な豊かさも大事という考え方は現代でも必要とされるものではないでしょうか。
お金のために働いても楽しい人生を送らないと意味がない
そんな普遍的なメッセージがここでは歌われています。

愛する人こそ贅沢


ご覧、ほらねわざと逢えたんだ
季節を使い捨て生きていこう
夜も秋も盗めないよ
貴方は私の一生もの


一番サビです。
Aメロ〜Bメロで歌われた精神的豊かさの重要さ。
ここでは豊かさを得るのに最も重要なのは愛する人であると歌うかのように恋人への思いが綴られます。
それが「季節を使い捨て生きていこう」「夜も秋も盗めないよ 貴方は私の一生もの」という部分です。
日本は四季のある国として、春夏秋冬それぞれを楽しむことを良しとする風潮があります。
しかし、最愛の恋人がいてくれればそんなことはどうでもよくいつの季節でも関係なく幸せなのだ、ということが季節を使い捨てるという表現に示されています。
また夜も秋も盗めないというのは、時間や季節がいかに過ぎ去ろうとも恋人と過ごす月日に感じる幸せは決して消えゆくものではないという意味だと考えられます。
時間を超えた永遠にも感じられる恋人との幸せな日々。
そんな永遠の日々の象徴が「貴方は私の一生もの」という印象深いフレーズへと続くのです。

贅沢することを恐れないで


贅沢するにはきっと妬まれなきゃいけないね
ちょっと芳(かぐわ)しいのを睨まないで
欲しがらないなら

「今日は一度切り」無駄がなけりゃ意味がない
絶対美しいのは計れないの
溢れ出すから


二番Aメロ〜Bメロです。
「贅沢するにはきっと妬まれなきゃいけないね」「ちょっと芳(かぐわ)しいのを睨まないで」などここで幸せな日々を過ごすときに向けられる周囲の嫉妬の目が綴られます。
続いて「「今日は一度切り」 無駄がなけりゃ意味がない」と歌われます。
「余裕があっていいね」なんて嫉妬の目を向ける周囲の人々に嫌味の一つでも言われてしまいそうな言葉ですね。
しかし、「絶対美しいのは計れないの 溢れ出すから」と美しいもの、大事なものはそういった無駄なところにある、とそんな周囲の言葉はどこ吹く風で信条が綴られるのです。

何があっても思いは不変


ご覧、険しい日本(ここ)で逢えたんだ
探し出してくれて有り難う
空も恋も騙せないよ
私は貴方の一生もの


二番サビです。
ここで歌われるのは一番サビと同様、最愛の恋人への思い。
「ご覧、険しい日本(ここ)で逢えたんだ 探し出してくれて有り難う」と二番Aメロにあったように時に生きづらいこの日本で出会えたことへの喜びが綴られます。
そして「空も恋も騙せないよ 私は貴方の一生もの」と続きます。
空と恋。これらの共通点は変化するものということです。
空は絶えず雲の形や天候が変わっていくし、恋は時を経て消滅するか愛に変わります。
しかし、そんな絶えず変わるものではなく貴方への私の想いは不変だ、ということがここでは歌われているのです。
また一番サビでは「貴方は私の一生もの」であるのに対しここでは「私は貴方の一生もの」とあり、それぞれがそれぞれを大事に思っていることも描写されています。
最高の関係を築いている両者。この二人の関係こそが人々を魅了するキラーチューンということなのかもしれません。

おわりに


今回は東京事変の楽曲、『キラーチューン』の歌詞を考察致しました。
その結果わかったのは、最愛の恋人への強い思いでした。
恋人への思いを綴るために秋や空を比較対象として用いることからもその大きさがわかります。
これほど強く誰かを思うのはとても素敵なことだと思わせてくれる一曲です。
ぜひ聞いてみてください。

コメントを残す