DAOKO×米津玄師『打上花火』歌詞の意味・解釈と考察

DAOKO×米津玄師さんの『打上花火』とてもいい曲ですよね!

この曲は、アニメ版、映画、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌にもなり、話題になりました。

この曲は、切なくて美しい夏の思い出というものを実によく表現している曲だと思います。

今回は私、砂糖塩味が独自に歌詞の解釈と考察をしてみました。

 

タイトル『打上花火』の意味

一瞬、とても強く輝き、すぐに消えてしまう花火。

そして、普段は滅多に上がることのない、打ち上げ花火。

ある夏の日の特別な一瞬の出来事を表しています。


『打上花火』のテーマ

ある夏の日に一緒に打ち上げ花火を見た”君”との一瞬の特別な関係

そしてそのあと疎遠になってしまった哀愁が、この曲のテーマになっています。

『打ち上げ花火』歌詞の意味

あの夏を一人、思い出す

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う
夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く

夏に、砂浜で”君”といたあの日を思い出します。

日が沈む夕暮れ、風もなく、あるのはさざなみだけで、哀愁を誘います。

そして、”波が、足元をよぎり何かを攫う”とあるように、あの日の渚で何か大事なものを忘れたような気がしています。

けれども、その正体はつかめず、ただ夕暮れの中、途方に暮れるしかない。

そんな様子が描かれています。

いつかは終わってしまう、あの日の思い出

パッと光って咲いた 花火を見ていた
きっとまだ 終わらない夏が
曖昧な心を 解かして繋いだ
この夜が 続いて欲しかった

「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って
笑う顔に何ができるだろうか
傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動
焦燥 最終列車の音

“曖昧な心を 解かして繋いだ”とは自分のはっきりしない感情を糸に見立て、花火が開いたその瞬間にゆるく解けだし、お互いの気持ち(糸)が結びついたという意味。

花火が開くその一瞬に2人の心が結びつく様子をサビで描いているのです!

花火を一緒に見る二人、けれども花火はじきに終わりを迎えてしまいます。

花火を通じて深まった絆ですが、いつまでその絆が長持ちするかはわかりません。

いつかは終わってしまうと思い、焦りを感じます。

せっかく、花火のおかげで二人の距離を近づけるチャンスを得ることができたものの、時間が足りずにうまくいかなかった、そんな一夏の後悔が今も残り、消化しきれていません。

ずっと後悔が残り、心はいつまでたってもあの夏のままです。

けれども、あの時は、笑う”君”に対して、何か行動を取ろうとしても、何ができるか分からずじまい。

じりじりと二人の時間は過ぎ去っていってしまいます。

最終列車も迫り、二人の時間の終焉が暗示されているようです。

終わってしまったことを後悔する

何度でも 言葉にして君を呼ぶよ
波間を選び もう一度
もう二度と悲しまずに済むように

はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が
きっとまだ 胸に住んでいた
手を伸ばせば触れた あったかい未来は
ひそかに二人を見ていた

今はもう、”君”は目の前にいません。後悔を胸に、君の名前を叫びます。

何もできなかったあの日の自分を悔やみながら。

絆も花火のようにあっという間に消えてしまいました。

残ったのは、一瞬の二人の時間だけ。

けれども、未練は自分の心の中に残っています。

もう少しで”君”と今でも一緒に幸せな時を過ごすことができたのではないかと。

もう少し、何かが足りていればという思いが感じられます。

過ぎ去った時をただ思い出す

パッと花火が
夜に咲いた
夜に咲いて
静かに消えた
離さないで
もう少しだけ
もう少しだけ
このままで

二人で見た、夜の打ち上げ花火、ひととき輝いて、すぎに消えてしまった花火を二人の絆に見立てています。

消えてしまった花火、そして失われた絆を惜しみます。

けれども、花火が消えてしまっても二人の関係が終わってしまうわけではありません。

あの時”君”を離さずにいたら…

後悔を何度も何度も味わいます。

あの日よ… もう一度

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

パッと光って咲いた 花火を見ていた
きっとまだ 終わらない夏が
曖昧な心を 解かして繋いだ
この夜が 続いて欲しかった

またしても、もう一度あの夏の日のことを思い出します。

打ち上げ花火を二人の関係にみたてて。

花火を見て過ごした時間は、二人の絆を固くする絶好のチャンスでした。

けれども、何もできずにチャンスを失ってしまい、今はもう離れ離れ。

今となっては、あの時こうしていればと後悔するほかありませんでした。


まとめ

今回は、DAOKO×米津玄師さんの『打上花火』の考察をさせていただきました。

”君”とうまくいかなかった不器用な一夏の特別な思い出の儚さと一瞬だけ輝いてすぐに消えてしまう打ち上げ花火をとてもよく掛け合わされた歌詞だと思います。

メロディーも歌詞の雰囲気や世界観と非常にリンクしており、とてもいい曲だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。



この記事をシェアする!