[米津玄師(ハチ)『アイネクライネ』の歌詞の意味・解釈と考察]

家族への想いのような、友情のような、愛情のような

この気持ち、一度は感じたことあるはず。

あたしあなたに会えて
本当に嬉しいのに
当たり前のように
それらすべてが
悲しいんだ

今痛いくらい
幸せな思い出が
いつか来るお別れを
育てて歩く

誰かの居場所を奪い
生きるくらいならもう
あたしは石ころにでも
なれたらいいな

だとしたら勘違いも
戸惑いもない
そうやってあなたまでも
知らないままで

あなたにあたしの思いが
全部伝わって欲しいのに
誰にも言えない秘密があって
嘘をついてしまうのだ

あなたが思えば思うより
いくつもあたしは
意気地ないのに
どうして
どうして
どうして

消えない悲しみも
綻びもあなたといれば
それで良かったねと
笑えるのが
どんなに嬉しいか

目の前の全てが
ぼやけては
溶けてゆくような
奇跡であふれて
足りないや

あたしの名前を
呼んでくれた

あなたが居場所を失くし
彷徨うくらいならばもう
誰かが身代わりになれば
なんて思うんだ

今 ささやかで
確かな見ないふり
きっと繰り返しながら
笑い合うんだ

何度誓っても
何度祈っても
惨憺たる夢を見る
小さな歪みが
いつかあなたを
呑んでなくしてしまうような

あなたが思うより
大げさにあたしは
不甲斐ないのに
どうして
どうして
どうして

お願いいつまでも
いつまでも
超えられない夜を
超えようと手をつなぐ

この日々が続きますように

閉じた瞼さえ
鮮やかに
彩るために
そのために
何ができるかな

あなたの名前を
呼んでいいかな

生まれてきた
その瞬間にあたし
「消えてしまいたい」って
泣き喚いたんだ

それからずっと
探していたんだ
いつか出会える
あなたのことを

消えない悲しみも
綻びも
あなたといれば
それで良かったねと
笑えるのが
どんなに嬉しいか

目の前の全てが
ぼやけては
溶けてゆくような
奇跡で溢れて
足りないや

あたしの名前を
呼んでくれた

あなたの名前を
呼んでいいかな

この歌詞って、すごく不思議なんです。

最初聴いたときは「ああ、恋の歌なんだな」と思ったのですが、二度三度聴き込んでいく中で違う解釈が生まれたりして。

米津玄師さん、もといハチさんが造る曲は毎度のことながら他のアーティスト担い中毒性があるので、解釈の幅が広がります。

まず最初に感じた「恋の歌なんだな」というポイント。

あたしあなたに会えて
本当に嬉しいのに
当たり前のように
それらすべてが
悲しいんだ

ワンフレーズ目で、出会いが生まれる。

女の子と男の子が巡り合って恋に落ちて、結ばれる。

でもどうして悲しいのだろう?その答えが、次のフレーズに込められています。

今痛いくらい
幸せな思い出が
いつか来るお別れを
育てて歩く

ひたすらに今は幸せだ。なぜならば、一緒に時を刻む人がいるから。

だけど知っている。この幸せは永遠ではないということを。

なぜなら人は生まれ落ちた瞬間から、死へのカウントダウンを行なっているから。

出会いも一緒で、時が来ればそれが死ではなくてもお別れにつながることがある。

米津玄師さんは切ない恋心を歌い上げているのだなぁ、と思いきや・・・。

誰かの居場所を奪い
生きるくらいならもう
あたしは石ころにでも
なれたらいいな
だとしたら勘違いも
戸惑いもない
そうやってあなたまでも
知らないままで

このフレーズで「ん?」と思うのです。

誰かの居場所を奪って生きるという重い話に飛躍して、先ほどの恋人への想いは何処へやら。

受け取り方は人それぞれかと思いますが、アイネクライネは愛情だけでなく友情や家族への想い、全てを凝縮させた歌なのではないか?と。

今こうしている間にも誰かが生まれて、誰かが命を終える。

時として自分が生きているだけで他の人が窮屈になることもある。

誰かを傷つけて悲しい思いをさせるのなら、あたしはいっその事道ばたに転がってる石ころにでもなりたいな。

優しい心を持った女の子の気持ちが、ここではひと思いに描かれているような気がします。

相反する思いが混じって、切ない

優しい気持ちとイジワルが同居する

あなたにあたしの思いが
全部伝わって欲しいのに
誰にも言えない秘密があって
嘘をついてしまうのだ
あなたが思えば思うより
いくつもあたしは
意気地ないのに
どうして
どうして
どうして

視点が元にもどって、愛しい恋人を見つめる女の子の心情。

男の子に対して思っていること(=愛情)が一ミリも残らずに、全部伝わればきっと幸せなのに。

女の子っぽい心情でありながら、人としてのずるさもちらつかせている。

誰にも言えない秘密があって
嘘をついてしまうのだ

きっと綺麗な気持ちだけを抱えているわけではないから、人間としての黒い感情を覗かれたら、嫌われてしまうかも。

女の子は自分を良く見せようとしているわけです。

全部わかっているよ、と包むような歌詞

直接抱きしめられているような優しいフレーズに注目

消えない悲しみも
綻びもあなたといれば

それで良かったねと
笑えるのが
どんなに嬉しいか

目の前の全てが
ぼやけては
溶けてゆくような

奇跡であふれて
足りないや

あたしの名前を
呼んでくれた

綺麗な感情だけではない、と思い悩む女の子の心情を恋人は察しているのでしょう。

消えない悲しみも
綻びもあなたといれば
それで良かったねと
笑えるのが
どんなに嬉しいか

綺麗事だけで二人の関係が繋がっていないことを証明するような、柔らかい歌詞です。

ひどく傷ついて涙した日も、心にくすぶって消えない嫌な思い出も分かち合っているような二人の絆が描写されています。

目の前の全てが
ぼやけては
溶けてゆくような

私が「米津玄師さん天才だな」と感じたフレーズの上位に入ります。

たった三行でゆっくりと瞳に涙が溜まって、こぼれ落ちる様子が思い浮かぶ歌詞。秀逸です。

女の子は心から男の子と出会えたことに喜びを感じ、嬉し涙を流しているのでしょうね。

恋ではなく愛に二人の関係が変化したとも取れるフレーズです。

ずるい感情が渦巻く、女の子の変化

それが誰かのとっての不幸でも、あなたが幸せでいてほしい

あなたが居場所を失くし
彷徨うくらいならばもう

誰かが身代わりになれば
なんて思うんだ

今 ささやかで
確かな見ないふり
きっと繰り返しながら
笑い合うんだ

何度誓っても
何度祈っても
惨憺たる夢を見る

小さな歪みが
いつかあなたを
呑んでなくしてしまうような
あなたが思うより
大げさにあたしは
不甲斐ないのに
どうして
どうして
どうして

最初のフレーズでは「石ころになって人を傷つけないでいたい」と願っていたはずの女の子。

大切な人と巡り合って、心情が大きく変わっています。

誰かが身代わりになれば
なんて思うんだ

大切な人が健やかで幸せであるなら、他の誰かが傷ついていたっていいじゃないか。

女の子に自分勝手でずるい感情が渦巻いている様子を、感じ取ることができます。

今 ささやかで
確かな見ないふり
きっと繰り返しながら
笑い合うんだ

『昔と思っていることが違う』女の子の心の中でもわかっているんです。

だから見ないふりをしてやり過ごそうとしている。

その繰り返しがいつか当たり前になってしまうだろう、未来のことですら予測しているのでしょう。

お願いいつまでも
いつまでも
超えられない夜を

超えようと手をつなぐ
この日々が
続きますように

閉じた瞼さえ
鮮やかに
彩るために

そのために
何ができるかな

あなたの名前を
呼んでいいかな

女の子は過去に何か傷を負っていて、乗り越えられずにいる。

だけど男の子と出会うことで強くなろうともがいて、手を取り合っている。

この上ない幸せが永遠に続いていくようにと、彼女は願うわけです。

閉じた瞼さえ
鮮やかに
彩るために

眠っている時でさえ、大切な人のことを思い浮かべる様子。

寝ても覚めても男の子のことを大切に思い浮かべながら、女の子は生きているのです。

恋人のことがたまらないほど愛しくなって、名前を呼びたくなるのも、私はわかる気がします。

運命の人と歩む人生を描くアイネクライネ

二人でなら辛いことも楽しいことも分け与えられる

生まれてきた
その瞬間にあたし
「消えてしまいたい」って
泣き喚いたんだ

それからずっと
探していたんだ

いつか出会える
あなたのことを

消えない悲しみも
綻びも
あなたといれば

それで良かったねと
笑えるのが
どんなに嬉しいか

目の前の全てが
ぼやけては
溶けてゆくような

奇跡で溢れて
足りないや

あたしの名前を
呼んでくれた
あなたの名前を
呼んでいいかな

最後に女の子は思います。

「赤ん坊としてこの世に生まれてから今までずっと探していた、あなたを。」

「今こうして見つけられた、これが運命なのね」と。

男の子と出会って人生に価値を見出し、心から喜びを表している。

運命の人と巡り合うまでは人生に卑屈だった女の子が、温かい感情を知るまでのストーリーが、アイネクライネには描かれている気がします。

コメントを残す