[164feat.GUMI『天ノ弱』kクィの意味・解釈と考察]

素直になれない、乙女の恋心直球ソング


想いとさかさまの言葉を、吐いたことはありませんか。

僕がずっと前から思ってる事を話そうか 
友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 
君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 
嘘つきの僕が吐いたはんたいことばの愛のうた

今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 
昨日もずっと暇で一日満喫してました 
別に君のことなんて考えてなんかいないさ 
いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて

メリーゴーランドみたいに回る 
僕の頭ん中はもうグルグルさ

この両手から零れそうなほど 
君に貰った愛はどこに捨てよう? 
限りのある消耗品なんて僕は 
要 ら な い よ

僕がずっと前から思ってる事を話そうか 
姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 
僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ 
ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか

僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 
言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 
待つくらいならいいじゃないか

進む君 と 止まった僕の 
縮まらない隙を何で埋めよう? 
まだ素直に言葉に出来ない僕は 
天性の弱虫さ

この両手から零れそうなほど 
君に渡す愛を誰に譲ろう? 
そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ 
ま だ 待 つ よ

も う い い か い


天ノ弱に登場するのは、本当は素直な気持ちをぶちまけて、泣きじゃくりたい女の子。

だけど別れてしまった恋人に対して変なプライドが邪魔をして、本当の気持ちを伝えきれずにいる。

歯がゆい思いを抱えながら、なんとか思っていることを口にするのだけれど、口をついて出てくる言葉は自分の思いとは反対こ。

好き・嫌い。相反するようで表裏一体な感情。

もどかしいけど、共感度120パーセントの純恋歌・天ノ弱を解釈していきます!


いきなり話したかと思いきや、憎まれ口

あまのじゃくな女の子の心境をつづる

僕がずっと前から思ってる事を話そうか 
友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 
君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 
嘘つきの僕が吐いたはんたいことばの愛のうた

タイトルから察するに「天邪鬼」でもなく「天ノ弱」な主人公は、思ってもいない憎まれ口を叩くくらいしか今の気持ちを表現できないんですね。

鬼だと格好がつきますが、天ノ弱と表現されているくらいですから、それはそれは逃げ腰なわけです。

「もうよりを戻す気なんかないよ」と一蹴されても、「ああ僕だってそのつもりさ」と言い訳できるように、反対言葉をつむぎ続けます。

自分の感情とは反対の言葉をわざと口にすることで、秘めたる思いに気づいて欲しい。

いじらしい乙女心、もしくは男心が描かれています。

今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 
昨日もずっと暇で一日満喫してました 
別に君のことなんて考えてなんかいないさ 
いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて

メリーゴーランドみたいに回る 
僕の頭ん中はもうグルグルさ

必死に天気のことや自分の気持ちについて考えてはみるものの、心の大部分を「君」が占拠していてそれどころじゃあない。

メリーゴーランドは速度こそゆっくりなものの、同じ場所を行ったり来たり繰り返す乗り物。

気持ちの整理がなかなかつかなくて困っている、失恋したての主人公の心情が見て取れます。

この両手から零れそうなほど 
君に貰った愛はどこに捨てよう? 
限りのある消耗品なんて僕は 
要 ら な い よ

両手ではとてもじゃないけど抱えきれない、あふれんばかりの愛情を君からもらった。

なのに君はいなくなってしまうなんてずるいじゃないか、期間限定の愛なんてないのと一緒だからいらないよ(戻ってきて欲しい)。

ここでも素直になりきれない、切なる未練の思いが募る様子が描写されています。

忘れようとするほど人は思い出す


記憶がまとわりついて離れない様子が見られるフレーズ

僕がずっと前から思ってる事を話そうか 
姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 
僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ 
ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか

僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 
言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 
待つくらいならいいじゃないか

二番では元恋人を必死に忘れようとする主人公の姿が思い浮かびます。

もう恋人はいない、だけど恋人からもらった数々の言葉や思い出が目に浮かんでは消えていく。

一緒にいないこの時間に、君は違う誰かといるのかな。

一緒にいて知らないことがあるなんてなかったから、今は君の秘密がありそうで頭イカれそう。

この気持ちは純情なのか、ストーカーまがいの劣情なのかと思いよどむ主人公の複雑な感情が表されています。

自分がこの先どうしていくべきか、恋人を忘れるべきか、追いかけるべきか。

取捨選択を迷う中で、自分の本当の気持ちがわかるまで悩んだっていいじゃない。何も迷惑かけないでしょう?

言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 

「まだ好きでいてもいいかな?」

投げかけても答えのかえってこないような質問を、このフレーズの中にたくしている気がします。

おそらく質問なんてわざわざしなくても、この主人公、ある程度の決心はついている気もしたり。

進む君 と 止まった僕の 
縮まらない隙を何で埋めよう? 
まだ素直に言葉に出来ない僕は 
天性の弱虫さ

この両手から零れそうなほど 
君に渡す愛を誰に譲ろう? 
そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ 
ま だ 待 つ よ

も う い い か い

かくいう元恋人は自分とは違う道を辿って前に進んでいるけれど、自分は別れた思い出の中に立ち尽くしている。

そうしているうちにどんどん距離が離れていくのを感じる。

どうしよう・・・どうしよう・・・と考えるのですが、最終的な答えを主人公は次のフレーズで下します。

この両手から零れそうなほど 
君に渡す愛を誰に譲ろう? 
そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ 
ま だ 待 つ よ

他の誰かを好きになろうとしたって、想いの行き着く先は君なんだ。

だとすれば、追いかけるしかないだろう。

君が帰ってこなくても、帰ってきても、想い続けるから。

強い気持ちとともに、元恋人の元へ向かう主人公の第一歩が

も う い い か い

なのでしょうね。

最後まで相手のご機嫌を伺っているようにも聴こえますが、自分の中で決心がついた「もういいかい」のような気もします。

どんなに離れても君を見つけて会いにいくから、待っていてね。

もしくは

待っているから時間がどんなにかかったとしても必ず、僕(私)の元へ帰ってきてね。

という寛大な心を描いているのか。

聴き手によってだいぶ印象が変わる、噛めば噛むほど味の出る曲・天ノ弱です。


打算的な恋をしちゃ、ダメだ。

当たって砕けろだって、いいじゃない。

「叶わない恋だから、無理だ」とか、「絶対フラれる」とか。

自分である程度勝率が計算できる恋愛をしている時、どうしても後ろ向きになってしまいがちです。

天ノ弱は弱虫でありながら最後は自分の思うように動く、強くなった主人公の恋の歌のように思います。

例えば叶わない恋をしていたって、無理だとわかっていたって、はじめの一歩がなければ失敗すらしない。

失敗しないって、始まってもいないってことですから。

下手すれば、失恋するより心が痛いことなのかも。

単なる失恋ソングとして聴くと胸をグリグリえぐる天ノ弱ですが、もう一度当たって砕けろな曲と捉えて聴くと背中を押してくれさえします。

失恋したてで未練タラタラな人にとっては傷を癒す薬のような役割を、もしくは告白したいけど勇気が出ない人にとっては応援歌のような役割を、この天ノ弱は担っているのですね。