砂糖塩味の「楽曲考察・解釈記」

楽曲の歌詞やMVから意味の解釈・考察をしていきます

『妄想感傷代償連盟』歌詞の意味・考察と解釈

f:id:ib-iv:20180427014722j:plain

DECO*27さんの『妄想感傷代償連盟』めちゃくちゃ良い曲ですけど、、、

歌詞内容が意味不明と思ってる方が多いと思います!そこで、私、砂糖塩味が簡潔に『妄想感傷代償連盟』の解釈をしてみようと思います!!あくまで自己解釈ですが、知っていると一段良い曲に聞こえますよ??

【スポンサーリンク】
 

タイトル『妄想感傷代償連盟』の意味

まずは妄想感傷代償連盟というタイトルの意味。

 

「妄想」はいつか自分たちは別れるという想像。

「感傷」は想像に1人で傷つく主人公。

「代償」は恋愛の苦しみ。

「連盟」は2人で苦しみと罪を背負っている状態

です。

 

 

『妄想感傷代償連盟』テーマ・登場人物の解説

この曲のテーマは「未成年と成人の恋」でしょう。

主人公は未成年で、その恋人が成人。

 

恋愛は自由ですが、世間一般的には未成年と成人が付き合うというのは危ないですよね?

恋人が好きな反面、おおやけに出来ない恋愛に苦しむ主人公の心境を描いた曲です。

【スポンサーリンク】
 

具体的な考察

 いつか終わる恋

言っちゃった

もう一時だけ隣に居たい

いやいやまさか 延長は鬱雑い

御免なさい 帰ってね

二酸化の炭素 きみの濃度 

もう少し一緒にいたいと言ったが、直後に「やっぱりいい」と言い、恋人を帰す主人公。相手の事情をふまえ、一緒にいたいという感情を押し殺しました。

 

恋人が帰った後、1人っきりの部屋で恋人が居た名残を感じています

 

浸ってたいよ 泥沼の夢に

身勝手だって言われてもペロリ

不安じゃない 未来はない

その顔に生まれ変わりたいな

「泥沼」というワードから分かるように、普通の恋人関係ではありません。

浮気・不倫などを連想されますが、私は『未成年と成人の恋』と感じました。

 

「身勝手だ」だと誰かは言うけど、それでも恋人が好きな主人公。

きっとこの恋に未来は無い(いつか別れる、破綻する)が、そんなの不安じゃないと自分に言い聞かせます。

しかし内心では恋人と同じ年齢に生まれ変わり、堂々と恋人関係で居られるようになりたいと思っています。

 

 

恋人に釣り合う人間になれない主人公

知っちゃった

大嫌いを裏返したとて

そこに大好きは隠れてないと

叶えたい この想い

甘え過ぎ太る心回り 

恋愛の中で、主人公は恋人が不安に思う気持ちを知ってしまった。

 

でもその不安な気持ちを隠して、別れないで居てくれている。

主人公はそんな恋人の大人の対応に甘えてしまっています。

 

“ファット想い→スリム”を掲げよう

出逢った頃と同じ様に成ろう

思い笑描く理想狂

血走る願いはやがて安堵 

だけど「大丈夫」なんて恋はどこにもないの

 ファットの意味は脂肪。恋愛的な重さを示しています。

成ろうは大人になるという意味。

 

恋人の重荷にならない人間になろうと決意し、そうして恋人と幸せになった未来を想像する。

 

しかし、「だから大丈夫」と心から安心する事は出来ません。

 

 恋の終わりを妄想し、傷つく

だから妄想感傷代償連盟

愛を懐いて理想を号んだ

行き場のない愚者のメロディー

いつか別れる時を「妄想」し、1人で「感傷」的になり傷つく主人公。

大切な人の重荷になっている事、嘘をつかせている事に対する罪悪感を覚えます。

連盟」は2人でその罪を背負っている今の状態を意味しています。

 

成人と未成年でも愛は育めると、理想を叫ぶ。

そんな自分の叫びが、まるで愚か者が口ずさむ歌みたいだと自虐しています。

 

再挑戦・転生・テレポーテーション

何回だって 重ねて逝くんだ

終わりなき愛の隨に さあ

愛や厭

「再挑戦・転生」は何度もやり直そうとした過去。

恋人にふさわしい大人になろうと決意した事は何度もあり、一時的にはその決意どおりになった。

しかし結局変われず、「テレポーテーション」したかのように決意する前の状態に。

 

そんな空回りを何度も繰り返し、恋人の重荷になり続ける。

そんな愛は嫌だと、苦しみ続ける

 

 

すれ違い始める2

頑張った

どうしようもないその我儘

叶えた先にある謎自恋魔

怒ってる? 怒ってない。

阿吽の呼吸でズレるビート

主人公はどうしようもないわがままを恋人に言ってきました。

そのたびに恋人は折れてくれましたが、なぜかいつも心が曇る。

自分のわがままに大人の対応をしてくれる恋人に負い目を感じています。

 

「怒ってる?」は恋人のセリフで、「怒ってない」は主人公の返事。

心がすれ違っていくのを感じています。

 

これがもし映画やドラマなら

スタッフロールまでは乗り切れど

二度とは観たくない

酷すぎる起承 転も結も

だけど「大丈夫」なんて恋を信じて仕舞うよ

「起承 転も結も」とはストーリーの流れを表す『起承転結』のことです。

 

もしもドラマや映画ならハッピーエンドになるだろうが、現実はそう上手くはいかない。

仮に自分たちの恋愛がドラマだとしても、観返したいとは思わない。

始まりである出会い(起)から付き合っている過程(承)、心がすれ違った瞬間(転)から終わり(結)まで酷すぎるから。

 

それでも大丈夫だと自分に言い聞かせます。

 

大人と子供の恋

だから通称:愛情対象年齢

愛を悪んで守った位相が

正しく歪み始めるの

 2回目のサビとなるこの部分。

改めて歌詞を読んだ時、この部分で『未成年と成人の恋』が頭に浮かびました。

 

「愛情対象年齢」は恋人と自分の年齢が釣り合っていない事を指します。

恋人が成人なら、付き合う対象となる年齢も成人なのが普通です。

その普通にあてはまらない自分を、「本当は違うけど……」という意味で通称と表しています。

 

「愛を悪んで」は自分の気持ちを押し隠す事。「位相」は線引きという意味。

主人公が恋人に釣り合うよう、大人になろうとしました。

しかし逆に恋人とのスレ違いを生んでしまいます。

 

最低じゃん どうせ対人ローション

何回だって 傷付け合うんだ

混ざり合う愛のフィロソフィー

「ローション」は潤滑剤の意味ですが、対人と付くことで、『関係を円滑に進めるための言葉選び・対応』を表しています。

「フィロソフィー」は哲学や、ものの見方という意味。

 

人間関係の摩擦を生まないように言葉を選ぶのは、誰でも経験があるでしょう。

主人公もそうあろうとしましたが、やればやるほどすれ違いが大きくなり、ケンカも多くなってしまいます。

これは2人の関係に対する、両者の見方が違うからです。

 

恋人は主人公を未成年だと念頭において付き合っていたので、どこか一歩引いた付き合いとなっていました。

しかし主人公は早く大人になろうとするあまり、恋人の対応に違和感を覚えてしまいます。

結果、お互いの『愛の見方』がぶつかり合ってしまう。

主人公が恋人に「子ども扱いしないで欲しい!」と言ってしまうシーンが目に浮かびます。

 

「大丈夫」だらけの恋愛

だけど「大丈夫」なんて嘘を覚えて仕舞うの

 主人公の恋は、いくつもの「大丈夫」で支えられています。

 

恋人に対する「大丈夫」。

今の恋愛を大丈夫だと思う気持ち。

そういった様々な「大丈夫」を繰り返してきた……主人公は今までの事を思い返します。

 

何度も大人になろうと早まり、その度に空回りする。

恋人の対応は『未成年に対するもの』であり、主人公はそれを不満に思う。

しかし結局は恋人の大人な対応に甘えてしまい、最後には元に戻る。

 

こうした恋愛は嫌だと思いつつ、恋が終わる瞬間は来て欲しくないと思い続ける。

主人公が感じる恋愛の苦しい部分が、最後のサビでも繰り返されます。

 

 

MVのラストでは、画面が「愛や厭」で埋め尽くされます。

1:183:45を見比べると一目瞭然。

 

「こんな愛はもう嫌だ!」と思いつつ、好きだという気持ちは消えない。

そんな主人公の強い感情をあらわしているようです。 

【スポンサーリンク】
 

まとめ

どうでしたか。

妄想感傷代償連盟はメロディにあわせて流れるような歌詞であり、初めて聴いた時は「こんな心地よい曲を聴いたのは初めてかも!」と思いました。

 

歌詞をジックリ見てからはさらに好きに。

今でも聴くと学生時代の恋愛を思い出して、ちょっとセンチな気分になります。